2018年2月20日 (火)

貨幣状皮膚炎

 今日、意を決して皮膚科の病院へ行ってきました。
 なーんて大袈裟な事を言うのにはチョットした訳が……。
 (タイトルでネタバレしていますけど)
 最初に気付いたのが何時だったかはハッキリとは覚えていませんが、半年以上前に左足の脹脛にポツンと赤黒い痣の様なものが出来、その位置が以前大きな黒いイボが干からびてその後が同じような赤黒い痣になり、その痣をうっかり爪で剥がした傷跡のすぐ横だったのです。しかも痒みを伴った痣は徐々に大きくなってきて、小指の爪半分位から五百円硬貨以上の大きさになりました。更に今年になって、同じような痣が右足の脹脛や太腿に数カ所出てきました。
 こうなると悪いことしか思い浮かばなくて、しかも偶然ネットで見た「黒い痣が足全体に広がって、それが皮膚癌だった」という記事の痣の写真がよく似ていたので、これはヤバイのではないかと。もし医者に行って皮膚癌だと言われたらどうしようと、密かに思い悩んで、病院へ行くのを躊躇していた訳です(-_-)
 しかし、今月の半ばを過ぎた頃には、最初は小さかった右足の痣も左足と同じような大きさになり、これはもう医者に行くしかないと思いました。もし癌だと言われたらそん時はそん時だし、薬で治るとは思えないけど痒み止め位は貰えるだろうから。
 あれは三年前〜♪  に脂漏性皮膚炎でお世話になった病院へ行って、診察を受けました。この病院、今はオンライン診察受付システムというのがあって、ネットで診察受付をやってくれるんですよね、ビックリしました。ネット受付の時間がきてすぐに申し込みましたが、それでも十三番目でした。
 で、重い心を引きずりながら病院へ行った訳です。
 ところが、病院の待合室で看護師さんの問診を受けた時に痣を見せたら「あー、これ痒いでしょう?」とフツーの顔で言われた時、え? と思いました。さも見慣れたような態度に、これはポピュラーな病気(皮膚炎)なのかと。
 結果はその通りで、先生に(綺麗な女医さんです)言われた病名はタイトルの通りです。
 この手の皮膚炎はたまに水虫の菌でなることがあるので、痣の部分の皮膚検査もしてもらいましたが、その心配はなしでした。
 あ~よかった〜と、ホッとしてその後、先生から言われた生活上の注意事項を覚えていません。確か「熱いお風呂はダメですよ」とか言われた気が。
 処方してもらった薬は保湿クリームと痒み止めクリームです。お陰で痒みが止まって快適です。
 一週間後に経過を診てもらいに行きます。
 完治するには時間が掛かりそうな気がするので、もっと早くに病院へ行けば良かったなーと、今になって思います。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

お誕生日おめでとー

 と、自分で言ってどうする(^.^;

「ぱっぴゆーゆ」なんて可愛い声が今でも脳裏に蘇りますが、もうハッピーとは思えない歳になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月31日 (水)

十二国記

 心臓血管外科の病院へ、今年最初の検診に行ってきました。
 昨年受けた超音波検査の結果は、右足に出来た血栓は慢性化していて消えていないとの事です。検査の時に技師さんが「あー、これは慢性化している……と」などとブツブツ言っていたのが聞こえていたのでその時に分かってはいましたが。取り敢えずもう少し様子見って事です。爆発しそうにないけど爆弾を抱えている事に変わりはないかと。
 さて、採血後に診察を受けるまで二時間ほど待つので、いつも待合室で読む本を持って行きます。今回は未読の棚に有る「十二国記」の「月の影 影の海 上巻」を持って行きました。
「オトーサン、これ面白いから読んでみたら」と、当時高校生だった娘がくれた本です。オジサンが持つには恥ずかしいカバーイラストですが、カバーイラストも挿絵も上手いので持っていたものです。
 しかし、持っていったものの、普通の女子高生が異世界の女王になる、なんて話はあまり読む気がしなかったのですよ。していたらとっくに読んでいるし。ところがですね、読み始めたらこれが面白くてあっという間に読み終わりました。主人公は女子高生なのだけど、すごく共感を覚えるのです。そうそう、そういう時はそうなるよねって。こんなに面白いのだったら下巻も持ってくればよかったと少し悔やみました。講談社X文庫ホワイトハートという女の子向けのレーベルですがこれはオジサンが読んでも充分に面白い。奥付を見ると初版発行は1992年! こんな面白い本があったのを知らなかったなんて30年近く損をしていたって事か。この歳になっても知らないことが沢山有ることを今更ながらに痛感。
 帰宅して直ぐに下巻を読んだのは言うまでもありません。下巻は上巻にも増して面白かった。いや、これはハマるかもしれない。上橋菜穂子といい小野不由美といい、ファンタジーは女性作家の方が面白い。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

ミヤジマの味噌!

 今日、仏壇に備える菓子を買いに近所のスーパーへ行きました。
 実母は「きんつば」養母は「月餅」が大好きでしたから、賞味期限が切れる前に新しいものを買いに行きます。
 で、そのスーパーで何気に味噌売り場の前を通ると、何と! ミヤジマの味噌が置いてあるではないですか。

Miyajima_0322

Miyajima_0323

 商標が懐かしい〜!
 唐津に住んでいた時は、味噌と醤油はミヤジマ、ウスター・ソースはイカリ・ソース、ついでに牛乳は村山牛乳がオキマリでした。二タ子の小川の側に今でも村山牛乳の工場があるのかな? と思い出してしまいました。
 味の方はふつーの味噌です。マルサンの「味の饗宴 無添加生」に似てるかな? 無添加なのでサッパリ味で少し甘めです。これで菜っ葉の味噌汁を作ってみますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

RAW現像ソフト

 三賀日は休みでしたが、それもアッと言う間に終わり、明日から仕事です。
 今年は(も)外にも出ず、洗濯と掃除後は寝正月で終わりました。
 そんな中、もらったPowershot S40をちょこちょこと触っています。古いカメラなので、今更性能だの画質だのと言っても言っても始まりません。多分友人のiPhoneの方が綺麗に撮れると思います。ウチのガラケーよりは良いかもしれませんが。
 さて、画像の保存形式がデフォルトではJPEGになっているのを、RAWに変えてみました。ところが、これはUbuntuでの話ですが、RAWファイルは(CanonではCRWの拡張子)ShotWellやXnViewMPで観ることは出来ますが、調整は現像ソフトを使わなけれいけないそうで、それではとUbuntuソフトウェアセンターで探して「RawTherapee」というフリーの現像ソフトを入れました。最新版は5.3ですが、Ubuntuソフトウェアセンターでインストールしたのは5.2です。
 RawTherapeeをGoogleで検索すると使い方の記事が書かれたサイト様が沢山ヒットします。
 初めて見るインターフェイスでチョット戸惑いますが、日本語化されていますし、何となく所謂直感で使えてしまいます。という事はよく出来たソフトって事ですね。

 コレはオリジナルのRAWファイル。

Crw_0313crw_027

 コッチが調整中のRAWファイル。

Crw_0313crw_028

 こんな風にオリジナルと並べて表示出来ます。

Rawtherapee_420_hometosicrw_0313crw

 触って判るのですが、これはイイです。多機能で今のワタシには使いこなせんませんけど……(^.^; Ubuntuでこんなことが出来るなんてビックリしました。Windows版もあるそうなので早速Windows10に入れました。

 コレは態とホワイトバランスを変えて撮影したものをWindows版で修正したものです。

 元画像

Crw_0316original

 修正後

Crw_03161

 これはスゴイ、呆気ないほど簡単にホワイトバランスを修正出来ます。チョコチョコっと明るさなど調整しています。
 何より調整しても画質が落ちないというのが最高。う〜ん、これはハマりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

新年のご挨拶とS40

 2018年。平成三十年になりました。

57210

 昨年は三十一日まで仕事だったので、今年の元旦は朝から掃除洗濯です。

 さてさて、頂いたカメラです。携帯のカメラで撮ったので青味がかっていますが、実物の色はシルバーグレイです。

S40_08

S40_01

S40_02

 とても綺麗な状態で、ちゃんと動きます。
 しかし、十年以上前のカメラなのでAV、USB端子カバーのラバーが劣化して折れてしまいました。折れて落とさないようにセロテープを貼り付けましたが無駄でした。この状態でボロボロと砕けてしまいます。この辺はSONYのカメラの方が樹脂やラバーが丈夫です。

S40_07

 しかたないので、カバーなしで使うしかありません。

S40_05

 さて、パソコンに接続してみます。
 USB端子をWindows10機へ差し込むと、デバイスマネージャーでは「ほかのデバイス」として認識されていますがアイコンに?が付いています。

Canonps40_1

 プロパティを見てみます。

Canonps40_2

 Windows側から見ると、これが何のデバイスか分らないので、デバイスを開いてみることも出来ません。
 CanonのサイトでもWindows10では動作しませんと×印になっていました。

※1 OSに含まれるドライバーを使用し、OS標準機能(画像とビデオのインポート)で画像の取り込みができることを確認しました。

Canon_digitalcamera_win10_003

 撮影した画像はカードリーダーで読み込むしかなさそうです。
 で、何の気なしに抜いたUSBケーブルをUbuntu MATE機に差し込んだら……。

S40_desktop

 驚いた事に! 自動的にカメラの電源がONになって、いきなりデスクトップに「Powershot S40」と書かれたカメラのアイコンが表示されました。もしかしてコレは、

20171228_071839

 アイコンをダブルクリックしてデバイス(メディア)のフォルダを開くことが出来ます。

102canon_001

 Ubuntuが、カメラをPowerShot S40と認識してCFカードの画像を表示してくれます。メディアを開くアプリケーションを指定すると、次回からUSBケーブルで接続したら自動的に指定したアプリケーションが立ち上がって、フォルダを開いてくれます。UbuntuっていうかLinuxって、古い機械でも使えるのでこんな時は助かりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月31日 (日)

年末のご挨拶

 ども、です。
 年末は忙しいのでご挨拶が遅れました。

Vulturewingsfeathers_2

 と、言っておりますが、初っ端から色々有った酉年も今日で終わりです。
 今年一年、拙いブログにお越し頂きまして、ありがとうございました。
 来年も宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月23日 (土)

形見のPowerShot S40

 今日は仕事が休みだったので、今年七月に亡くなった養父のPowerShot S40を持ってきてもらいました。形見ですね。
 2001年発売なので16年前のカメラです。実はこれ、PowerShot S30 がいいなーと思っていた時に 「キャノンのデジカメを買ったよ」と見せられたカメラです。もう十年以上前の事ですが、その時はまさかそれを形見として貰うとは思ってもいませんでした。

S40_06

 これ、バッテリー切れで動きません。もらったのはカメラ本体だけなので、早速Amazonで予備バッテリー2個付きの汎用チャージャーと、純正ACアダプターキットACK700、Transcend 8GB CF CARD(S40の仕様で2GBまでしか認識しません)を購入後、Canonのサイトへ行き取説とファームウェアをダウンロード、ついでにWindows10の対応表を見てみると、見事に×印が付いていますので、USBで接続しても認識してくれなかった時のためにエレコムのカードリーダーMR3-A006BKも追加購入しました。
 明日からまた忙しくなるので、じっくり触るのは年明けになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

タイヤとインターホン交換

 今住んでいる賃貸住宅が工事期間半年以上という大改装中で、エントランスもオートロックになるので、今日はインターホンの取り替え工事です。オートロックになるのは来年二月頃らしいのですが、指定された期限内に工事をしないと18000円払って自費工事になるので忘れないうちに早めに工事予約をとりました。
 予約の時、45分位かかると言われていた工事は15分程度で終わり、使い方の説明を受けました。オートロックのエントランス端末は使ったことがあるけど、室内の端末を触るのは初めてです。いやー、来訪者が自動録画されているなんて知らなかったなー、びっくりしました。コレなら不在時に来客があっても誰が来たのか判ります。て言うか、今までエントランス端末を使った時はオレも録画されていたのね。今度から、使う時は変な顔していないように気をつけよう。取説貰ったけど、分厚くて読む気失せた(^_^;)

 工事が思いの外早く終わったので、こちらも予約して自転車のタイヤ交換に行きました。前回交換したのは二年前ですから、毎日通勤で使っている割には長持ちしなのかな? 前回は普通のタイヤを入れたけど今回はIRC(井上ゴム工業)の電動アシスト自転車用足楽にしました。前の自転車で使っていたパナソニックのタイヤは残念ながら在庫なしでした。Panasonic Panaracer SuperHard Toughnessって耐摩耗性が高くて良かったのだけど、足楽も国産だからいいかな。前の自転車もそうでしたが、国産タイヤだとタイヤがすり減る前に本体(多分中国製)が駄目になってしまいますから、次のタイヤ交換は無しですね、多分。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

今年最後の検診

 と言うことで昨日、行ってきました。急に真冬になった町中を何時もの様に自転車で。
 心臓血管外科での診察は、血液検査の結果が尿酸値を除いて全て基準値内だった事や、今後の注意点などを聞いて午前中で終わりました。後は一年半前に再発したエコノミークラス症候群で出来た血栓がその後どうなっているか超音波スキャンします。これが午後三時半過ぎからなのですが、その間に食事をとっても構わないと言われたので、院内のレストランで昼食にしました。注文したのはトンカツ定食。レストランと看板は出ているけど、要するに病院の食堂なんだから、ロースだヒレだと言いながらパサパサの肉で不味いんだろうなと思っていたら、何と! 豚肉の赤身と脂肪のバランスが絶妙でコレが実に美味い! 久しぶりに美味いトンカツを、まさか病院で食べるとは思いもしませんでした。これなら、次はカツカレー、その次はカツ丼も食べてみたい。食後に頼んだコーヒーも此れ又美味しくて至福の三十分間を過ごして、検査まで残り三時間弱。ただボーッと待つのは長いですから、ロビーのソファーに座り、購入後未読だったので、コレを機会にと持っていったマイケル・クライトンの「パイレーツ-略奪海域」を読み始めました。

Pirates_200

 ディズニーのパイレーツ・オブ・カリビアンを観ていた所為か(内容は全く違います)イメージが次々と頭に浮かび、面白さと相まってスラスラと読み進めました。丁度半分位読んだ所で惜しくも検査時間です。あー、クソ今からいい所なのに。
 検査は十五分もかからずに終了。
 結果が分かるのは次の検診日の来年一月末です。
 それまで待つのが、又々長い……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Waterfox