2017年12月 5日 (火)

タイヤとインターホン交換

 今住んでいる賃貸住宅が工事期間半年以上という大改装中で、エントランスもオートロックになるので、今日はインターホンの取り替え工事です。オートロックになるのは来年二月頃らしいのですが、指定された期限内に工事をしないと18000円払って自費工事になるので忘れないうちに早めに工事予約をとりました。
 予約の時、45分位かかると言われていた工事は15分程度で終わり、使い方の説明を受けました。オートロックのエントランス端末は使ったことがあるけど、室内の端末を触るのは初めてです。いやー、来訪者が自動録画されているなんて知らなかったなー、びっくりしました。コレなら不在時に来客があっても誰が来たのか判ります。て言うか、今までエントランス端末を使った時はオレも録画されていたのね。今度から、使う時は変な顔していないように気をつけよう。取説貰ったけど、分厚くて読む気失せた(^_^;)

 工事が思いの外早く終わったので、こちらも予約して自転車のタイヤ交換に行きました。前回交換したのは二年前ですから、毎日通勤で使っている割には長持ちしなのかな? 前回は普通のタイヤを入れたけど今回はIRC(井上ゴム工業)の電動アシスト自転車用足楽にしました。前の自転車で使っていたパナソニックのタイヤは残念ながら在庫なしでした。Panasonic Panaracer SuperHard Toughnessって耐摩耗性が高くて良かったのだけど、足楽も国産だからいいかな。前の自転車もそうでしたが、国産タイヤだとタイヤがすり減る前に本体(多分中国製)が駄目になってしまいますから、次のタイヤ交換は無しですね、多分。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

今年最後の検診

 と言うことで昨日、行ってきました。急に真冬になった町中を何時もの様に自転車で。
 心臓血管外科での診察は、血液検査の結果が尿酸値を除いて全て基準値内だった事や、今後の注意点などを聞いて午前中で終わりました。後は一年半前に再発したエコノミークラス症候群で出来た血栓がその後どうなっているか超音波スキャンします。これが午後三時半過ぎからなのですが、その間に食事をとっても構わないと言われたので、院内のレストランで昼食にしました。注文したのはトンカツ定食。レストランと看板は出ているけど、要するに病院の食堂なんだから、ロースだヒレだと言いながらパサパサの肉で不味いんだろうなと思っていたら、何と! 豚肉の赤身と脂肪のバランスが絶妙でコレが実に美味い! 久しぶりに美味いトンカツを、まさか病院で食べるとは思いもしませんでした。これなら、次はカツカレー、その次はカツ丼も食べてみたい。食後に頼んだコーヒーも此れ又美味しくて至福の三十分間を過ごして、検査まで残り三時間弱。ただボーッと待つのは長いですから、ロビーのソファーに座り、購入後未読だったので、コレを機会にと持っていったマイケル・クライトンの「パイレーツ-略奪海域」を読み始めました。

Pirates_200

 ディズニーのパイレーツ・オブ・カリビアンを観ていた所為か(内容は全く違います)イメージが次々と頭に浮かび、面白さと相まってスラスラと読み進めました。丁度半分位読んだ所で惜しくも検査時間です。あー、クソ今からいい所なのに。
 検査は十五分もかからずに終了。
 結果が分かるのは次の検診日の来年一月末です。
 それまで待つのが、又々長い……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

Waterfox

 Ubuntu機を立ち上げたら「ソフトウェアの更新」が表示されたのでFirefoxも含めて全て更新。
 で、ver.57になったFirefoxを開いてみると、何かビミョーに違う。

Arcadias_blog_mozilla_firefox_004

 よく見るとツールバーにアドオンのアイコンがない。コンテキストメニューの項目も減っている。アドオンをチェックしてみたら有効なアドオンが三つしかない!

Adfirefox_002

 そして、頻繁に使う八つのアドオンが無効になっている。と言うか使えなくなっている。

Adfirefox_001

 おいおい、冗談じゃないぞ、ざけんなよMoziルァ!! この中でも特に画像検索のアドオンは私には必須なのだよ。
 一体どうなっているのかと慌ててネットで検索してみれば、ver.57から旧式のアドオンが使用不可になるのは以前からアナウンスされていたという。私が知らなかっただけって事ですね。
 これらのアドオンが使えなければFirefoxに拘る必要はないので、旧式のアドオンが使用出来る「Firefox」派生ブラウザーを探す事に。多少速度が落ちても利便性には代えられない。
 色々と検索してみたが、Linuxで使えるのは少ない。よく目にするのはWaterfoxPale Moon、それとSeaMonkeyかな。その中でWaterfoxをチョイス。洒落たネーミングではなく、Fireの反対でWaterfoxと安直につけたネーミングが気に入りました。
 詳しい使い方はこちらのサイト様をご覧になって下さい。

ハルパス様
古いアドオンもこれまで通り使える「Waterfox」への移行方法と日本語化

 Windows版のインストール方法しか書かれていないので、備忘録をかねてUbuntuMATEでどうやって登録したかを書いておきます。画像は設定した後のものです。

 ダウンロードしたファイルをHOMEデレクトリに展開して出来たフォルダ「Waterfox」の中にある「Waterfox」をダブルクリック

Waterfox_007

 すると初回はデータの移行画面が表示されますから、Firefoxを開いていたら閉じてから「Firefox or previous Waterfox」を選択します。「Finish」をクリックしてWaterfoxを起動。Firefoxのプロファイルを(登録してあるパスワードなど含めて)そっくり読み込んでいるので、アイコン以外まんまVer57以前のFirefoxです。少し前のバージョンアップでブックマークサイドバーの「ブックマーク」の文字が大きくなっていたのが小さな文字に戻っています。ver.57の画像と見比べれば分かりますが、大きい文字が気になっていたので嬉しいです。

Arcadias_blog_waterfox_003

 さて、起動させる度に「Waterfox」フォルダを開いてダブルクリックするのが面倒なので、これをスタートメニューに登録し、パネルにも追加登録します。
 まずスタートメニューを右クリックして「メニューの編集」を起動。「+新しいアイテム」をクリックし、表示されたダイアログボックス

Lun_013

 に、種類「アプリケーション」、名前「Waterfox」、コマンドは「参照」で「Waterfox」フォルダ内の「Waterfox」を指定。次にスプリングボードみたいな変なアイコンをクリックして変更するアイコンを指定。Waterfoxのアイコンは「Waterfox」フォルダ内の「Browzer」内の「icons」にあります。

Ico_012

 画像を選択して「開く」をクリックするとアイコンが変更されます。
(下図はメニューに登録後のものです)

Lun_014

 次に、スタートメニューに登録された「Waterfox」を右クリックして「パネルに追加」を選択すると

P1_015

 アイコンがパネル(タスクバー)に登録されます。以後はこのアイコンをクリックして起動。

P_009

 という事で、さようならFirefoxさん、ようこそWaterfoxさん、です。
 初期設定で検索エンジンが「Ecosia」になっているので「Google」に変更。「自動スペルチェック機能を使用する」のチェックを外す。「マルチプロセス Waterfox を有効にする」にチェックを入れると

Waterfox_001

 起動は速くなるが、幾つかのアドオンが使えなくなるので元に戻す。
 設定したのはこんな所かな? この記事もWaterfoxで書いています。Firefoxのプロファイルをそっくり引き継いでいるので何の違和感もなく使用出来ます。

 これでFirefoxのユーザーが一人減りました。
 登場した時は画期的だったけれど、その後ユーザーの意見を無視して廃れていったNetscape NavigatorやOperaの二の舞いにならなければいいのですが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

レンタルDVD その2

 さて、押井守の「ガルムウォーズ」です。ホントは観たのはこっちが先ですけど。
 実は押井守の映画で好きなシーンは、眠くなるシーンなのです。
 例えば「ケルベロス」の唐密の後ろ姿が延々と続く台湾の下町風景。
 例えば「アヴァロン」で繰り返し出てくる電車に乗って帰宅するシーン。
 川井憲次の音楽の良さも相まって、とても心地良いのです。だから眠くなる。
 しかし最近見た「パトレイバー」もそうですが、この「ガルムウォーズ」では眠くなるシーンが有りませんでした。だから退屈なシーンは飛ばしてしまう。
 最初からCGの戦闘シーンが続きます。食傷気味のCG戦闘シーンはもういいので、タイトルバックまで飛ばして観ていたら、どうやらそれまでに出て来た会話が重要だったようで最初から観直しました。
 しかし、辛い。何がって、脳細胞が再生を停止し、後は減少していくだけのオジサンには、出てくる固有名詞を覚えられない。よく小説や漫画に付いている相関図が無いと、サッパリ分からない。市販のDVDには付いているのかも知れませんがレンタルだから在るのはディスク一枚だけ。
 仕方がないので相関図を作り、また最初から観直しました。
 ガルムウォーズの世界はこうなっているのかと、何となく理解。
 う〜ん。しかし、それでも説明不足でまだ分からないところが有る。
 これって、乱暴に言うと自分探しのお話ですよね。だからCG戦闘シーンなんかチャチャッと済ませて、早く本題に入ってくれればいいのに、四人と一匹が旅立つまでが長い。出発したらあっという間に目的地ドゥアル・グルンドに着いてしまいます。
 眠くならなかったのもそうですが、押井守お得意の決めのシーン、というか無駄にカッコイイシーンがここまで出てこなかったけど、森の中でやっとそれっぽい場面が出てきます。後、気に入ったのは、巨人によじ登ったスケリグが、バイザーを上げて下に居るカラをチラッと見るシーンです。スケリグはカラのために死ぬ気なんだと一瞬で判りました。この映画唯一のいいシーンです。
 押井守の映画は実写しか観ていませんが、絵が綺麗なんですよ。しかし、この映画では綺麗な絵が出てきたのはドゥアル・グルンドに着いてからだけです。ここでやっと「あー押井守の映画だ」と思うことが出来ました。
 ネタバレになるので、その後の展開は書きません。
 ま、押井守の作品ですから話なんてどうでもいい訳で、世界観が気に入ったら実写シーンの絵の美しさと川井憲次の音楽の良さを楽しめればそれで宜しいのではないかと思います。相変わらずコスチュームデザイン(ASSAULT GIRLSっぽい)はいいのですが、ラストがこれじゃカラは救われないよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

レンタルDVD その1

 久しぶりにレンタルDVDを借りて観ました。
 今更ですが、借りたのは庵野秀明の「シン・ゴジラ」と押井守の「ガルム・ウォーズ」
 まずは「シン・ゴジラ」の感想。
 アレ? コレって有川浩の「海の底」に似てね? 以上、終わり。
 って、それじゃ身も蓋もないので、もう少し感想を。
 最初のプレジャーボートのシーンは伏線なんですね。そのオープニングから面白かったです。その後は会議のシーンが延々と続きます。しかし、テンポよく進んで全くダレない。脚本、演出がいいんですね。この辺のドタバタを観ていると文庫版「海の底」90ページ、国は現地対策本部の設置を即時決定したのだろう? という質問に、明石警部の「聞いて驚け。ありがたくも内閣官房総出で事件の名称を考えて下さってる最中だ」という嫌味たっぷりのセリフを思い出しました。「海の底」は災害現場主体の描写ですから政府がどう動いているか分かりません。「シン・ゴジラ」を観て、あー多分レガリス出現に対してはこんなやり取りが有ったんだろうなと。
 やがてゴジラ(この時点では名称は決まっていない)が出現。ココからは身を乗り出して観ました。はい。蒲田のシーンも、「海の底」を映像化したら、こういうところをレガリスが這い回っているのかと(舞台は横須賀ですけど)そっちの方へ考えが行ってしまいます。
 ですが、石原さとみが出てきて英語混じりのセリフの聞いた途端、身を引いてしまいました。テンポは相変わらず軽快ですが、ここから東宝お得意のメーサー路線にカラーが変わってしまいます。今回使うのはメーサー砲ではなくポンプ車ですが。
 その後の展開も「海の底」に似ています。スケールは違うけど、方やゴジラ退治で国連軍が東京に原爆を落とす前に何とかしようと主人公達が頑張ります。方やエビラじゃなくてサガミ・レガリス退治で米軍が横須賀爆撃を実行する前に何とかしようと、主人公達(警察側の)が頑張ります。
 でも、私には「さとみ」より「のぞみ」の方が人間味があって魅力的でした。って、「海の底」を読んでいない方には分かりませんね、ゴメンナサイ。
 とは言え「シン・ゴジラ」は面白かったです。内容もそうですが、安易なお涙頂戴や薄っぺらな感動路線に走らず、ラストのスタッフロールで虫唾が走るタイアップソングを流さなかったのは立派です。それだけでも評価に値します。ただ、ゴジラ自体の存在感は薄かったです。多分やろうと思っていても出来なかったのだと思いますが、ゴジラによる人的被害のシーンはマンションが倒壊する時だけで、それも悲惨な演出ではありません。だからゴジラ=核の恐怖感が伝わらない。そこが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

マウス購入

 提出しなければいけない申請書類の受付が混み合っているらしく、予約しないと三時間以上待ちなので今日予約を取って役所へ行ってきました。行く前に役所の場所をグーグルマップで検索したら、すぐ近くにコジマ×ビックカメラがあったので、帰りに立ち寄ってマウスを購入する事にしました。
 先日、と言っても七月に買ったBUFFALOのBSMBU19SV

Bsmbu19sv

が何と! 購入後一ヶ月で壊れてしまい(BlueLEDセンサーの点灯が点滅になってポインタが止まってしまう事が頻発)以前使っていたMicrosoft Comfort Mouse 3000

Comfort_mouse_3000

 を代わりに使っていました。このマウスはカチカチとクリック音は大きいし、3ボタンだしと何の特徴もありませんが、使用者の意思を確実に反映してくれるいいマウスです。でも、やはり5ボタンの方が何かと便利です。Windows機で使っているMicrosoft
Comfort Mouse 4500 4FD-00030 [オーシャン ブルー]

Comfort_mouse_4500

 でもよかったけど、ホイールを回した時の感触が気に入らないのと、価格がチョットだけ高かったので今回購入したのはエレコムのM-XGL10UBRDです。

Mxgl10ubrd

 BAFFALOのマウスと同じく静音モデルで、こっちは更にクリック音が小さいです。
 最初に見た時は左利き用? と思ったけど、普通は右クリックで使う薬指の方が左クリックで使う人差し指より長いので、この形状の方が理に適っているのです。実際に使ってみると、大きさも握りやすさも抜群です。
 しかし、購入後ネットで検索してみると評判が宜しくありません。不評で一番多いのは「使用中にUSBが認識されなくなってその度にUSB端子を抜き差しするのが面倒」というものです。確かに、取説の「正常に動作しない時」にも「一度USBポートから抜き、接続しなおしてください」と書かれていますね。うーん、この購入は失敗かな? でもコレと同じモデルを会社の事務所で使っている人がいて、今まで何の問題もないようです。って、あ! 会社の人のは無線タイプだからUSB端子は無いんだ。購入したのは有線タイプですから、同じ症状が出るかもです。接続後半日過ぎましたが、今の所は認識されたままで正常に動いています。

※2017/09/23追記
 一日使った感想です。
 大きさと握った感じはコレまで使ったマウスの中で最高です。
 しかし! これはこの個体だけの現象かも知れませんが、ポインタの位置がピタリと決まらない上に、左クリックのストロークが超・超・超・超浅い。クリックしたのかしないのか分からない感じで、指を載せただけでクリックしてしまう事もある。意思に反してポインタ移動中にクリックすることが度々で、これはマウスとしては致命的欠点です。握った感じは最高なので残念ですが、つ・か・え・ま・せ・ん。Comfort Mouse 3000に戻しました。
 うーん、やっぱりMicrosoftかLogicoolでないとダメなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

GUNHED

 押井守の「ガルム・ウォーズ」を検索していて、偶然見つけた動画です。
 いやー、コレは懐かしい!
 GUNHED
 1989年度の東宝映画。


Watch GUNHED in 映画  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

 制作発表時からウォッチしていましたが、残念ながらリアルタイムではなく、レンタルビデオで観ました。
 主役が高嶋政宏ってのがチョットですが、この映画は当時の日本映画とは思えないほどメカや装備に(だけ)は凝っています。それぞれの登場人物が持っている武器の選択もなかなかのモノです。ただし、撃ち方はイマイチですね、銃が軽く見えてしまいます。脚本と監督以外のスタッフさん、例えば美術さんとか衣装さんが頑張ってくれているので、お話はスカですが雰囲気(だけ)は抜群です。だから、セブンの再登場場面で思わず? となってしまいました。だったら最初からパイプを使えよって。でもそれをやるとGUNHED要らないもんね。一番残念な事は、この手のアクション映画では、ヒロインが着ている服が話が進むに連れて破れていき露出度が高くなるのがお約束なのです(ゼイラムシリーズの森山祐子しかり、ギャラクシー・クエストではシガニー・ウィーバーでさえも、新しいところではジュラシック・ワールドでブライス・ダラス・ハワードもしっかりお約束を守っています)が、ブレンダ・バーキさんは最後まで登場時と同じ衣装です(-_-)
 それにしても、GUNHEDが二足歩行ではなく車輪で移動するように設定したのはどうしてだろう? ミニチュア特撮なので無理だったのか? ロボット大戦なんて言うから期待してたんですよGUNHEDの二足歩行。
 このメイキングを見てその疑問が少し解けました。
 下敷きがサハラ戦車隊だったのですね。なるほどね。



 検索したら、当然Blu-rayは出ていないけど、DVDも廃盤になっていました。Blu-ray出してくれませんかね?

 この動画もその内削除されてしまうのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

四十九日

 今日が四十九日。納骨の日です。
 
 二十一年振りに一緒になれて良かったね。
 昔のように口喧嘩しながら仲良くやって下さい。
 その内そっちに寄らせてもらうからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

恒例の検診 CSS変更

 相も変わらず自転車を漕いで行ってきました。心臓血管外科の病院へ月イチの検診です。
 血液検査の結果、やはり「CK」の値が368と高いです。それ以外はコレステロールや尿酸値など全て既定値以内です。血圧も120の80と安定しています。
 う〜ん、なぜ「CK」値が高いのかサッパリ分かりません。どこの筋肉、つまり心臓か足か腕か、が破壊されているのか次回までに調べておきますと担当医に言われましたが、自覚症状が全然ないので謎の高「CK」値です。

 帰宅後、ブログのバナー文字の位置を変更しました。今までは左上に「arcada's blog」の文字を表示していましたが、これを左下に設定。下に降ろしただけなのにドロップシャドウの感じが違って見えるので(気の所為?)これは後日微調整します。
 バナーの背景画像の幾つかも秋っぽい画像に変更しました。
 はい、もう秋なんですよね、いつの間にか。

 今年は新年早々に、実家を何とかしろという役所からの書類を受け取ったのを始めとして、いやー思いがけないことが次々と有って、驚きの一年です。まだ三ヶ月残っていますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月24日 (木)

AMDGPU-Pro Driver Version 17.30

 AMDGPU-Pro Driver Version 17.30 for Ubuntu 16.04.3​をインストールしました。
 インストールは無事成功しました。
 前回Version 17.10をUbuntu 16.04.2にインストールした時は、起動時の画面のチラツキが消えて効果がわかりましたが、今回のUbuntu MATE 16.04.3​は最初から起動時の画面が安定していたので、これまでシステムに入っていたRadeonのオープンソースドライバーとあまり変わりません。GAMEはやらないので、これなら態々インストールする必要は無いかもです。

026

Inex_gpu_027

※参照記事
AMDGPU-Pro Driver for Ubuntu
AMDGPU-Pro Driver 最新版
AMDGPU-Pro Driver 16.04.3​用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«AMDGPU-Pro Driver 16.04.3​用