« マウス購入 | トップページ | Team ICO の新作 »

2009年8月 8日 (土)

何を今更ジル・バレンタインの壁紙

 閑な1日。ホントはやることが沢山あるけど何もやる気がしません。怠惰に時間が流れていきます。
 とりあえずCD、DVDの整理をしていたら「バイオハザードⅡアポカリプス」のDVDが出てきました。そう言えばこんなの持っていたっけなー。すっかり忘れていました。久しぶりに再生。勿論オープニングは跳ばしてジル登場のシーンから。
 シエンナ・ギロリーのジル・バレンタインはハマり役ですね。よく見るとゲーム(バイオハザード3)のジルとはチョット違うのですが違和感がありません。最初に持っている銃がベレッタM92のサムライ・エッジではなく、私の好きなSmith & Wessonってのもイイです。その昔、MGCのS&W M59シルバーモデルを買ってきて撃ちまくっていたのを思い出します。あ、関係ありませんね(^^;)  素が金髪のシエンナ・ギロリーをジル役にキャスティングしたティナ・ゲルッシさん、あんたはエライ!

JillSienna

 そう言えば、ミニ・スカートでアクションシーンを演じるので墓地のシーンとか

Js01

 ラストあたりで

Js02

Js03

 ジルの下着が見えると評判になりましたが、これは撮影用の一種のアンダースコートで下着ではないでしょう。下着でこんな激しい動きをしたら脱げてしまいます(^^;)

 この映画でのシエンナ・ギロリーはキツイ表情で演技していますが、時々可愛い顔を見せることがあります。

 アンジェラを発見した時の笑顔とか。

Jill00

 で、唐突にこれを壁紙にすることにしました。DVDPlayerから画像をキャプチャしてトリミングするだけですから簡単です。
 でも、これでは何か物足りない気がして、数フレーム前の銃を構えたシーンにこの顔を合成してみます。

 合成に使ったソフトはフォトレタッチソフトではなく、最近インストールしたフリーのペイントソフト「AzPainter2」です。

Az08

 実は随分前に同じ作者さんの「AzPainter」をインストールして使っていました。

Az11

 でも、これはタブレットの筆圧対応ではありませんでした。作者さんのサイトでも対応の予定なしと明記されていたので、使い勝手が好くて気に入っていたのですが、絵を描く時は重いけど筆圧対応の「PhotoShop」をつかっていました。
 が、いつの間にかバージョンが2になって、タブレットの筆圧にも対応しています。これは嬉しい。

Az06

Az09

 しかも、これまた筆圧対応で線画に特化した「AzDrawing」というソフトもあって、この二つは実に使いやすくて描きやすい激お薦めのペイントソフトです。アンチエイリアスをかけても、思った通りの気持ちいい位綺麗な線がひけます。
 しかし、今回はお絵描きではなく、画像合成にこれを使います。
 ナゼかと言うと、「AzPainter」のレイヤー機能がとても使いやすいからです。

 こんな風にして作ってみました。まず元になる銃を構えた画像を開きます。

Jill_wp01

 新規レイヤーに微笑んだ顔の画像を貼り付けます。たいして変わらないじゃん、と言われたらそれまでですが、唇の形が微妙に……(^^;)

Jill_wp02

Jill_wp03

Jill_wp04

Jill_wp05

 ホントはこんな事をしなくてもレイヤーウィンドウから直接画像を貼り付けたレイヤーを作成することが出来ます。これ超便利。

Az10

 顔の位置を合わせるために新規レイヤーの不透明度を50にします。
 ここは「AzPainter2」より「AzPainter」の方がパーツが大きいので使いやすい。

 ↓「AzPainter」
Az02

 ↓「AzPainter2」
Az04

Jill_wp06

 右上赤丸、ツールウィンドウの「選択範囲」を選択すると、画像中央赤丸のようにポインタが変わります。このままドラッグして目の位置を合わせます。

Jill_wp07

 顔以外を消しゴムで消します。ここでは鉛筆の消しゴムを選択していますが、この場合は適度を下げたブラシの消しゴムの方が綺麗に消せます。

Jill_wp08

 拡大画面にして消し残しをチェックしたら下のレイヤーと結合させます。

Jill_wp10

 後は名前を付けて保存したらオシマイ。

Jill01

 調子に乗って幾つか作ってみました。

Jill02

と上までは良かったのですが、下はライトのハレーションで全体が白っぽくなっているので、合成した顔だけが明らかに浮いて見えます。

Jill03

 「AzPainter2」はペイントソフトですが、そこは抜かりなくフィルタ機能が搭載されているので、ライトのハレーションに合わせて、顔の色相と明度を変えてみました。

Jill_wp11

Jill03a

 あ、この記事のタイトルですが、正確に言うとシエンナ・ギロリーの壁紙ですね。

※ 2011/01/27 追記

 いやー、「ジル・バレンタインの壁紙」検索でこられた方が多くてビックリです。壁紙を作った記事なので、期待はずれで申し訳ありません(_ _)
 私自身、シエンナ・ギロリーのジルを使った壁紙を検索して、いい壁紙を見つけられなかったので自作したわけですが、せっかくお越し頂いたので、いいのは持っていませんが下に掲載しておきます。

 コレが目当ての方はいないでしょうが、とりあえずはコレとか

Bh3_jill01 Bh3_jill02

 後は、こんなモノですがお気に召したらお持ち帰り下さい。

Bh2_jill01 Bh2_jill33 Bh2_jill30

Bh2_jill31 Bh2_jill02

Bh2_jill03 Bh2_jill28 Bh2_jill08 Bh2_jill32

Bh2_jill24 Bh2_jill19 Bh2_jill17

Bh2_jill07 Bh2_jill09 Bh2_jill10 Bh2_jill16

Bh2_jill11 Bh2_jill29 Bh2_jill27_2 Bh2_jill13

Bh2_jill25 Bh2_jill14 Bh2_jill15 Bh2_jill31_2

Bh2_jill23 Bh2_jill22 Bh2_jill20 Bh2_jill21

おまけ

Bh2_jill05 Bh2_jill06 Pdvd_001_1 Pdvd_008

|

« マウス購入 | トップページ | Team ICO の新作 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507657/45848801

この記事へのトラックバック一覧です: 何を今更ジル・バレンタインの壁紙:

« マウス購入 | トップページ | Team ICO の新作 »