« T-fal の電気ケトル | トップページ | ATOK 2011 »

2011年2月 3日 (木)

IE9 BETA 64bit

 64bit版のWindows7には32bit版と64bit版二つのIE8が入っていて、通常は32bit版のIE8が起動します。という事を、少し前、スタートメニューにInternet ExplorerとInternet Explorer(64ビット)が有るのを見て初めて気づきました。普段はArtTipsからエクスプローラの展開やプログラムの起動を行っているので、すべてのプログラムを表示させる事は滅多になかったからです。

 で、64bit版IEがあるのにどうして32bit版IEがメインで起動するのか不思議で検索したら、どうやらAdobe Flash Player を始めとして64bit対応のplug-inが出揃っていないので、表示できないサイトが有るから、らしい。
 更に調べたら、Adobe Flash Player は64bit対応のベータ版が

 Adobe Flash Player "Square"

 としてリリースされていたので、速攻インストール。

 これで、64bit版IE8 で You Tube を見る事が出来ます。
 IE8 には他のアドオンを入れてないので、アドオンだらけのFirefox よりは遙かに起動が速くて、このブログも一瞬で表示します。その代わりサイト閲覧には不便なので、Windows Update 専用で使用していますから、64bitでも32bitでも、起動時間やサイト表示時間に変わりはないので、無理に64bit版を使う必要もないのですが……。
 と、思っていたら、IE9Betaがリリースされていました(この~と苦笑いです、はい)

 試しに入れてみました。
 Windows Vista 7専用だとかで、32bit か 64bit かを自動で判断してインストールするらしいのですが、32bit版もしっかりインストールされていて、メインで起動するのはこちらというのは前述した理由からですね。
 起動させてみると、何だか角張ったGoogle Chromeみたいで、新鮮味に欠けます。
 IE9特集記事などに書かれている 「Aeroスナップ」機能は同じような機能がすでに Google Chrome に備わっていたし、 W3CのWWW関連規格への対応度合が 95 だと今更言われてもねえ、これまた Google Chrome や Opera はとっくに 100 だし。
 これなら Google Chrome を使った方がいい。ま、メインブラウザにする気はありませんが、ベータ版とはいえ起動も表示も速くサクサクと動き、今のところは不都合な事はないので、このまま(Windows Update用で)使ってみます。

|

« T-fal の電気ケトル | トップページ | ATOK 2011 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507657/50824030

この記事へのトラックバック一覧です: IE9 BETA 64bit:

« T-fal の電気ケトル | トップページ | ATOK 2011 »