« デフラグ | トップページ | UltraNav ドライバー »

2011年5月12日 (木)

ubuntuとShotwell

Ubuntu_underwear

 少し前の事ですが、職場で休憩時間に同僚と雑談中、同僚のパソコンが壊れた話が出ました。

 詳しく聞いてみると、シャットダウンしようとして間違ってコンセントを抜いてしまい、翌朝電源を入れると、Windowsの選択画面(前回正常起動時の構成、セーフモード、通常起動とかが黒地に白文字で表示されるアレです)になり、セーフモードを選択しても起動しないという。今までに何度かコンセントを抜いたことはあるけど起動しなくなったのは初めてとか。
 うーん、それは今まで運が良かったのだよ。私の友人で、立てておいたハードディスクをパタンと倒しただけでハードディスクが逝っちゃった事があるくらいなんだから。

 でも、モード選択画面は表示されるので、多分ハードが壊れたのではなく、そのときアクセス中だったWindowsのファイルが壊れたのだろうから、
「一番手っ取り早いのは、後でWindows Updateをやり直すのにやたらと時間がかかるのさえ気にしなければ、XPのインストールディスクから起動させて修復インストールする事だけど、これならお気に入りやマイドキュメントとか今のままでWindowsだけ新しくなるよ」
 と修復インストールのやり方を説明しようとしたら、使っているパソコンは知人から貰ったもので、インストールディスクがあるかどうか判らないとの事。
 で、私の拙い知識を総動員して緊急起動ディスクなどを使い色々やって貰ったけれど、やはり起動しない。更にネットで同僚のパソコン機種(IBMのネットビスタとしか判らないが)を調べてみると、

Disk to Disk機能が採用されているため、リカバリーCDは同梱されていません。ハードディスク内のDisk to Disk領域を使用して以下の手順でリカバリーを行ないます。

 と言う記事を見つけた。リカバリーでは修復インストールは出来ない。

 そこで思い出したのが、以前自分のパソコン・レスキュー用に作ったLinux系OS「ubuntu」のインストールCD。これは「ubuntu」をインストールせずにCDから起動させる事が出来るので、起動させた「ubuntu」でハードディスク内のファイルをUSBメモリーにコピーしておき、Disk to Diskでリカバリー後にコピーしておいたお気に入りやマイドキュメントを上書きすればいい。

 早速「ubuntu」の日本語サイト Ubuntu Japanese Team から最新版のDesktop 日本語 Remix CD(この時点では10.10)をダウンロードして焼いたCDを渡すとき
「CDから起動させてインストール画面が立ち上がったら、右側の[ubuntuをインストールする]ではなく、左側の[ubuntuを試す]をクリックするように」と何度も注意して、マイドキュメントとお気に入りの場所を教えた翌日。

「あー、なんかインストールしてしまったみたいなんっすよね」
「え、試すをクリックしなかったの?」
「それが、BIOSの設定画面が出せなくて、どうやらCDから起動しなかったみたいで」
「まさか、フォーマットしてインストールとかしてないよね」
「したかもしれない。電源入れるとubuntuしか立ち上がらないから」
「……」

 スマホを使っている今時のイケメンサーファーなので、大丈夫だと思ったのですが、CDを渡すときに、ちゃんと手順をメモ書きして渡すべきだったと後悔。
「あ、でも俺どうせパソコンはネットを見るくらいしか使わないし、画像とかはネットからまた拾ってくればいいんだから。それにubuntuは使いやすいし、画面が新鮮でカッコいいのでこのまま使いますよ。いやー、いいもの貰ってありがたいです」
 そう言って貰えると嬉しいのですが……。

 さて、その新鮮でカッコ良くて使いやすいubuntuが11.04になっていたので、もう一度CDに焼きました。ついでに自分用にも。

「これ、ubuntuの新しいバージョン。そっちで焼けないから焼いておいた」
「あ、今朝パソコン起動したらね、何か新しいバージョンが出ていますって言う画面が出たからダウンロードしました」
「へー、ubuntuってUpdate機能が付いているんだ。それは知らなかったなー」

 ubuntuはWindowsと同じくキーボードの「PrtSc」や「Alt+PrtSc」で画面キャプチャー出来るので、以下の画像はCDから起動したubuntuでキャプチャーし、Cドライブに作ったフォルダに保存した画像です。

 デスクトップ画面です。10.10では右上「↓↑」横に有ったIMEの切り替えアイコンが11.04ではなくなったのだけど何処に?

T_screenshot

 ハードディスク内を見る事が出来ます。コピーアンドペーストもOK。

T_screenshot4aa4b408a4b3f493

 デスクトップ上の右クリックでテーマを変更できます。デフォルトはチョット暗い気が。

T_screenshot_2

T_screenshot1

T_screenshot2

 同梱のブラウザは10.10でのFirefox3から4に変更されていました。

T_screenshotmozilla_firefox

 私が気に入ったのは画像ビューワ。

T_screenshotthe_girl_in_the_summer_

 画像の編集をクリックすると、新たに「ShotWell」が立ち上がるのですが、簡単な編集しか出来ないけれど、これが使いやすくて効果抜群。パスをみればおわかりのように、CDで動かしているubuntuからCドライブのマイドキュメント内に保存してある画像を開いています。ここで編集した画像をCドライブに保存出来ます。

T_screenshot1_2

 Windows用を出してくれないかな~。

|

« デフラグ | トップページ | UltraNav ドライバー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507657/51649817

この記事へのトラックバック一覧です: ubuntuとShotwell:

« デフラグ | トップページ | UltraNav ドライバー »