« Opera | トップページ | メモリー増設 »

2011年11月23日 (水)

Opera のメイリオ対策

 一昨日は見るも無惨な表示だった"Opera"
 取りあえず、こんな感じで表示できるようになりました。

"Opera 11.52"

Op

 やはり  CSS に"Meiryo"をフォント指定して Opera で表示させたい時は、先頭に全角カタカナで"メイリオ"と記入しなければダメなようです。

font-family: "メイリオ", Meiryo, "MS Pゴシック", "MS PGothic", "ヒラギノ角ゴ Pro W3", "Hiragino Kaku Gothic Pro W3", Osaka, sans-serif;

 おかげで、CSS のフォント指定を上記の指定に全部書き換える羽目になりました。
 "メイリオ"がパソコンに入っていない人には"MS P ゴシック"で表示されるようになっているので、三点リーダーが下に表示される事もないはずです。

 ちなみに、各ブログのテンプレで"font-family"の先頭に指定されている事が多い"Verdana"ではどんな表示になるか、ブラウザオプションの規定のフォントを変更して試してみました。
 firefox ならオプションでフォントを指定して、詳細設定で"web ページが指定したフォントを優先する"のチェックを外します。終わったら元に戻すのを忘れずに。

F_set_1

F_set_2

"Verdana"
 欧文フォントです。日本語の部分(どの和文フォントを代用するかは OS で違う)は"MS PGothic"で表示されていますが、綺麗な半角英数字で、全体的に見やすい。でも、欧文フォントなので三点リーダーはしっかりと下部に表示されます。

Fo_va

"MS PGothic"
 あらためて見ると、スッキリしていて悪くはないですね。和文フォントですから、三点リーダーは中央に表示されています。

Fo_msp

"Meiryo"
 PCに"メイリオ"が入っていれば、このブログはこんな風に見えてるはずです。一度"メイリオ"を使うと、もう"MS P ゴシック"には戻れません、よね。これも和文フォントですから、三点リーダーは中央に表示されます。

Fo_or

 記事の日付には"Georgia"というフォント(数字を見間違えないように、数字の大きさや位置を上下にずらしてある)を指定していたのですが、Operaで見ると日本語部分が明朝体になって、表示される"MS P 明朝"が見づらいのでここも"メイリオ"に変えました。
 "Georgia"は髭付きフォント(serif)なので、日本語部分が明朝体になるのは正解です。明朝体で表示されるのは Opera だけですから、 CSS を一番正確に読み込んでいるのは Opera かもしれない。

 各フォントでの英数表示は以下の通りです。ワードパッドでは"Verdana"の三点リーダーも中央に表示されるのですけどねー。

Font_sample

 

 と、これで私のPC環境では、どのブラウザでも正しく表示されるようになりました。
 欲を言えば、バナーと記事部分の間隔が "5"pixel なので "10"pixel くらいに広げたいのですが、そうすると他の部分も変えなくてはいけないので、しばらくはこれでいってみます。

"Google Chrome 15.0.874.121"

Gc

"Firefox 9_beta"

Ff

"InternetExplorer 9.0.8112.16421 64-bit Edition"

Ie

 しかし……ロゴがなければ、どれも同じに見えてしまうのも、何だかネ。

|

« Opera | トップページ | メモリー増設 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507657/53315036

この記事へのトラックバック一覧です: Opera のメイリオ対策:

« Opera | トップページ | メモリー増設 »