« HDD グラボ | トップページ | 相変わらずのスタートアップ修復 »

2011年12月15日 (木)

Western DigitalとSeagate

 と言うわけで、13日の続きです。再度HDDを購入しました。以前の相場と比べれば、とんでもないバカ高値ですが、フルバックアップをとっていないので、負担をかけっぱなしのCドライブが逝っちゃってからでは遅いし、ま、エラい出費ですわ(^_^;)

 今度は"Western Digital Caviar Black WD1002FAEX"にしようかとも考えたのですが、悔しいので、壊した(BIOSで認識しなくなった)のと同じモノを購入。って、ホントは "Seagate Barracuda ST1000DM003"の方が安かったからですが……。いつものパターンです。はい。
 どちらも 3.5inch SATA 6Gb/s 1TB 7200rpm 64MB ですが、"Barracuda"は 1プラッター"Caviar Black"は 2プラッター らしい……です。確かに"Barracuda"は厚さが薄くてノートパソコンのHDDみたい。

 購入先は前回と違い、一番安かった"amazon"さんです。



 が、何と! 驚いた事には、前回付いていなかった正規代理店保証が付いていました。しかも、前回のは"MADE IN CHINA"でしたが、今回のは"MADE IN THAILAND"です。
 うーん、最初からこっちで買えばよかったなー。もう遅いけど。

 さて、取り付けてはみたものの、パーテイションを切って (E) (F) ドライブとして増設しましたから、速いのか遅いのか分かりません。ベンチマークとやらをやってみると。

 Western Digital Caviar Blue WD5000AAKX (Cドライブ)Wd_50_2Wd_1t_2

  Seagate Barracuda ST1000DM003 (E.Fドライブ)
Sg_50Sg_1t

 数字だけ見ると、増設した"Barracuda"の方が速いですね。起動ドライブではないので、実感はありませんが。
 シーク音は"Caviar Blue"の方がやや大きい。対して振動は"Barracuda"の方が微妙に大きい。ま、どちらも気にならない程度です。

 増設してすぐに、Windows7のバックアップツールを使いCドライブのフルバックアップをFドライブにとりました。

 と、まあ、これで問題は一つ解決。後はメモリーかぁ……。

|

« HDD グラボ | トップページ | 相変わらずのスタートアップ修復 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507657/53490879

この記事へのトラックバック一覧です: Western DigitalとSeagate:

« HDD グラボ | トップページ | 相変わらずのスタートアップ修復 »