« ENERMAX EPG500AWT の帰還 | トップページ | 幾たび目かの電源交換 »

2012年1月29日 (日)

11年ぶりの一太郎

 "一太郎6.3"から始まって、"一太郎11"まで毎年"ATOK"ほしさのため購入していましたが、2002年からは"ATOK"を単体購入するようになり、ワープロを使う機会が殆どなくなった事もあって一太郎とは無縁になりました。

 話変わって、自作テンプレが他の人のパソコンではどう見えるのか知りたくて知人のパソコンを見せてもらった時、そいつその人がMac使いとは知らなかったので、表示されたフォントの綺麗さにビックリ。いや、ゴシック体はWindowsもメイリオを使うようになったので然程驚きはしないのですが、明朝体が綺麗! "MS明朝"は大きなフォントサイズなら見られるのですが、サイズを小さくすると、(ビットマップフォントが入っているから?)とても綺麗とは言えない。自分のブログを見るのも忘れて"ヒラギノ明朝"に見入ってしまいました。勿論"ヒラギノ角ゴシック"も綺麗です。これ、欲しい。
 で、ネットで検索してみると、何と! 6書体でよ・ん・ま・ん・え・ん、4万円ですよ。これは買えないな、と諦めていたら先日ジャストシステムから一太郎2012案内のDMが来まして、プレミアム以上にはヒラギノフォント6書体を収録とある。
 更に、ポイントがたまったら買おうかと思っていた"明鏡国語辞典""ジーニアス英和/和英辞典 for ATOK"も付いてくるらしい。
 これらと"ATOK"をそれぞれ単体で購入すると6万円を超えますが、バージョンアップ版のプレミアムは1万5千円弱。これは買うしかないでしょう。オマケに最新の一太郎もついてくるし(^_^;)

 と言う事で、"一太郎2012 承 プレミアム"を予約しました。他にも縦書き用フォントの"AR祥南真筆行書連綿体"などが6書体付いてくるらしいので、11年ぶりの一太郎楽しみです。

 さて、これからパソコンをシャットダウンさせて周辺機器を全て取り外した後、マザーボードを外して電源を"ENERMAX EPG500AWT"に交換します。やれやれ。

|

« ENERMAX EPG500AWT の帰還 | トップページ | 幾たび目かの電源交換 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507657/53851396

この記事へのトラックバック一覧です: 11年ぶりの一太郎:

« ENERMAX EPG500AWT の帰還 | トップページ | 幾たび目かの電源交換 »