« 背景画像一覧の試作 | トップページ | 雪の夜はRAID »

2012年1月18日 (水)

ST1000DM003の帰還

 BIOSで認識しなくなったので販売店に検証を依頼していたBarracudaが、初期不良交換で戻ってきました。
 最初の製品はビニール袋に入っただけのMADE IN CHINA でしたが、交換品は袋に正規代理店保証のシールが貼られたMADE IN THAILAND です。と言う事は最初のは中国製のバルク品だったってこと? このブログにも時々"ST1000DM003" "BIOS" "認識しない"などで検索してくる方がおられますが、その方の製品もひょっとして中国製なのでしょうか? でしたら早めに初期不良で検証してもらって交換される事をお薦めします。

 と言っても、まだ取り付けていないので、これからBIOSで認識してくれるかどうかやってみます。結果は帰宅後に あ、地震だ。

 追記
 帰宅後に"ST1000DM003"を取り付けて起動。スンナリとBIOSで認識されました。
 管理ツールの「ディスクの管理」画面にもちゃんと表示されています。

Disc_adm

 

 そう言えば、最初の(made in chinaの)"ST1000DM003"の時は、こんなに簡単に「ディスクの管理」画面に表示されなかった気がする(ナントカ№が同じなのでナニナニ出来ませんとか、詳しくは忘れちゃったけど)

 取りあえずはマトモに動いているので WD の Caviar Blue WD5000AAKX は取り外しました。電源が修理されて戻ってきたら DIMENSION 4400 のブートドライブに使おうかと思っています。
 あー、これでメモリ四枚差しのエラーが出なければ万々歳なんだけどなー。
 それより、明日になったらBIOSで認識しなくなった……て事はないよね(^_^;)

|

« 背景画像一覧の試作 | トップページ | 雪の夜はRAID »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507657/53764467

この記事へのトラックバック一覧です: ST1000DM003の帰還:

« 背景画像一覧の試作 | トップページ | 雪の夜はRAID »