« ジョン・カーター | トップページ | パンク修理 »

2013年6月14日 (金)

ファイア アンド アイス

 ネタ切れなので、こんな記事でスミマセン。

 先日のジョン・カーターの記事がらみでネット検索をしていたら、こんな記事を見かけました。
 「Fire and Ice」を実写でリメイクするという内容です。記事が掲載されたのは2011年。二年経っても製作が始まったという話は聞きませんが、コンセプトアートが掲載されたサイトはまだ存在しています。
 Concept Art for Robert Rodriguez's Fire and Ice

 「Fire and Ice」は、ラルフ・バクシがロトスコープで製作したアニメーション映画で、公開当時はフラゼッタのアートが動く! と評判になりましたが、人物の動きだけが気持ち悪いほどリアルで、それ以外の例えば水しぶきや氷塊の動きは漫画チックな同じ動画を使い回しているのが見え見え。これで動くフラゼッタアートなんて言って欲しくないです。フラゼッタの絵はもっと綺麗だぞ! って、このアニメ、フラゼッタご本人も製作に参加していたのであんまり文句は言えませんが。
 ま、ラルフ・バクシには、その昔「指輪物語」で痛い目に遭ってますし。STARLOGの記事だか何だかに「ラルフ・バクシの指輪物語はロトスコープによる動きがが凄い!」と書かれていて、友人と観に行ったら確かに前半は凄かったけど後半、予算の関係からかモーションキャプチャーの映像に色を塗っただけのセコイ映像になり、さあこれからどうなる? という所で、「続編に乞うご期待」で終わってしまいました。しかし、何時まで経っても続編は公開されず、フラストレーションは溜まったまま。心の片隅で燻り続けたこのフラストレーションは、数十年後にピーター・ジャクソンが制作した(素晴らしい!)ロード・オブ・ザ・リングを観た時にやっと開放されました。

  って事でこれがその「Fire and Ice」です。

 と、 Fire and Ice official_trailer


 ついでにメイキングも追加。



 あの〜、アニメよりライブアクションの女優さんの方が可愛いんですが(^_^;)

 リアルな動きを追求すると、こういう作り方になるのでしょうが、だったらアニメにする必要はないもんね。アニメなんだからリアルでは表現出来ない誇張された人物の動きの方が私は好きだな-。

Tigrarotoscapelive

 役者さんによるライブアクションシーン。多分この辺りのシーンかな?

Tigrarotoscapeanimation1 Tigrarotoscapeanimation2 Tigrarotoscapeanimation3

 で、これを実写で撮るって? 
 実写でやると嘘っぽくならない? ま、役者さんと監督次第でしょうが。それよりフルCGの方がフラゼッタらしく出来ると思うのですが……。
 多分、リメイクしないでしょうけどね。

|

« ジョン・カーター | トップページ | パンク修理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファイア アンド アイス:

« ジョン・カーター | トップページ | パンク修理 »