« チコと鮫 その2 | トップページ | 墓参り »

2013年7月29日 (月)

CPUをFX6300に交換

 CPUをAthlon×3 450(3.2Ghz)からFX6300(3.5Ghz)に交換しました。

 パソコンを組んだ時は予算が無くてAthlon×3をチョイス。余裕が出来たらそのうちPhenomにするつもりでしたが、いつの間にかPhenomは消えて、評判の悪いFXになってしまいました(^_^;)
 3coreから6coreへcore数は倍になったので性能も倍、という訳にはいきませんね、残念ながら。
 しかし、Windowsがキビキビと動くようになったのが実感出来ます。大容量の画像や動画もサクサク開いて、確実に速くなりました。せっかく交換したのですから、なってもらわないと困りますけど。

 コチラはAthlonの時のエクスペリエンス インデックス。

3

 コチラがFX6300のエクスペリエンス インデックスです。

Fx6300

 相変わらずHDDが足を引っ張っていますが、プロセッサは少しだけ上がっていますね。何故かメモリのサブスコアまで上がっています。

 実は、メモリを四枚差しにするとブルーエラーになっていました。メモリーに異常は無く、二枚差しならどのメモリーを使っても問題ないので、あるいはCPUを交換したら大丈夫なのでは? と淡い期待を抱いていまいたが、見事に裏切られました。しっかりとブルーエラーになります。
 これはもう、相性と諦めるしかないですね。
 余ったメモリは余った同士、ASRock 880GとAthlon×3それにリタイアした初号機のWindowsXPを使い、もう一台組んでみます。DELL DIMENSION4400がメチャ遅く感じるようになったので。

|

« チコと鮫 その2 | トップページ | 墓参り »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507657/57889833

この記事へのトラックバック一覧です: CPUをFX6300に交換:

« チコと鮫 その2 | トップページ | 墓参り »