« ウェブページ | トップページ | アクセスカウンターがオカシイ »

2014年8月 2日 (土)

メ〜モリィ〜♪

 って、「キャッツ」でしたっけ? 歌ったのは サラ・ブライトマン じゃなくて、あー忘れちゃったよー、誰だったかな? ってことではなくメ〜モリ〜はパソコンのメ〜モリ〜です。
 本格的に Ubuntu に移行したものの、時々システムエラーが発生して、原因はゾンビドライブだとばかり思っていたら、ドライブを交換してもやはりエラーが発生します。で、とうとう数日前には画面がブラックアウトして起動選択画面になりました。Windowsでは正常に終了しなかった時によく出てくるアレです。

Dvc00029

Dvc00030

 Ubuntu では「ubuntu」の下に「Memory test (memtest86+)」があります。これ、OSと一緒にインストールされてるんだ。やー、これいいですねー、USB や CD とかで起動ディスクを作らなくてもここから実行出来るんだ。ネットで検索して、システム起動時に「Shift」キーを押しっぱなしにしているとこの画面が出てくるのを初めて知りました。
 Ubuntu マシンは余り物メモリー2GBを2枚挿してあります。早速「memtest86+」を実行したら……その内の1枚にエラー出まくり。

 早速 Windows7 マシン用に4GBのメモリーを2枚購入して、取り替え。外したメモリを Ubuntu マシンに。「memtest86+」でエラーなしを確認。
 Windows7 マシンのメモリーはOS付属の「Windows メモリー診断」でチェック。

Mem

 こっちもエラーなし!
 今のところシステムエラーは出ていません。このままエラーが出なければ原因はメモリーだったと言う事ですね。頼むからエラー出ないでくれー。
 それと、メモリーが 8GB になった Windows7 マシンですが、 4GB とあまり変わらないだろうと思ったら、これが速い! ハッキリと違いが分かるほどキビキビと動きます。いやー、替えて良かったです。

 待てよォ、って事は又してもゾンビドライブ復活か?

|

« ウェブページ | トップページ | アクセスカウンターがオカシイ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507657/60083589

この記事へのトラックバック一覧です: メ〜モリィ〜♪:

« ウェブページ | トップページ | アクセスカウンターがオカシイ »