« Ubuntu MATE覚書 | トップページ | FRGB71 その後1 »

2015年5月30日 (土)

wine Zorin Frontier

 いつもパソコンを持ち込んでくる同僚が、お得意先からパソコンを貰ってきたそうで「ベランダに投げてあったモノなので動くかどうか分からないので見てほしい」と休みの日にそのパソコンを持ってきました。

 中がどうなっているのかと早速カバーを外して、
 思わず絶句。
 ケースの中が……多分購入してから一度もカバーを外して掃除しなかったと思われるほどの埃の山で、埃が地層のように色違いでフェルト状に重なっているのを初めて見ました。取りあえず目に付くところの埃を掃除機で吸い取り中を見てみると、ハードディスク以外は全部取り付けたままです。スイッチオンにすると一瞬ファンが回りますが、直ぐに止まってしまします。「電源がダメかも」とDELLのDIMENTION4400から電源を外して取り付けスイッチオン。今度は起動します。あー、やっぱ電源ダメですねー。
 起動後はBIOSが立ち上がるので、先ずはCDドライブ起動にセットし直して[ubuntu LiveCD]を入れて再起動。
 インストール選択画面が表示され、[Ubuntuを試す]を選択。Ubuntuでパソコンを起動すると、チャンと動きます。
「大丈夫だね。電源換えてハードディスク入れたら使えるよ」
「それじゃあ電源とハードディスク買ったら持って来ますから取り付けて下さい」
 と、きったないパソコンを置いて帰ったのが先週。

 暇なのでチョット調べたら、貰ったパソコンは[Frontier FRGB71]というショップブランドのパソコンでした。KOUZIROってフロンティア神代の事だったのですね。初めて知りました。私や、ずっと[ふろんてぃあくましろ]だと思っていましたから。
 これでWindows7を動かすにはメモリーを増設しないとチョット厳しいかもしれない。同僚は予算がないのでWindows買うまでOSは入れないって言うけど、OS入れてないパソコンは只の邪魔な箱、この場合は只の汚い箱だと思いますが……。
 で、同僚に電話。
「あのさー。思うに、購入した1TBのハードディスクをWindows7機FMV D5340の80GBのハードディスクと取り替えて、外した80GBを貰ったパソコンに付けた方がいいんじゃない? で、無料の軽いOSを入れるとか。このパソコンにWindows買って入れるの勿体ないよ」
「あー、その辺の事は全く分からないのでお任せします」

 と言う事で、DELLのDIMENTION4400から外した電源とハードディスク(80GB)を取り付けて、Ubuntu系の軽いやつを幾つかインストールして試してみました。

 兎に角動けばいいのでこんな風にして動かしています。逆さまにぶら下げてあるのがハードディスク。

Frontier05

 軽く掃除しましたが、CPUクーラーがス・ゴ・イです。フィンの間に埃がギッシリとつまっていて、コレじゃ冷えないかも。掃除機をかけたグラボにもまだ汚れがこびりついている(^_^;)

Frontier06

 で、Linux Mintやら、Kona Linuxやら、いろいろ試してみましたが、同僚が使うんだったらZorin OSかな? と話してみると、
「何だか分からないけどそれで○○ってソフト使えるの?」
 ってそりゃあWindowsのソフトだからWindowsでなきゃ使えない……あ、待てよZorin OSに[wine]っていうWindowsソフトを動かすソフトが入ってるけど、それでイケるかな? と試しに[wine]でWindowsソフトをインストール。同僚が言ったソフトは持ってないので、ウチのWindows7機で使っている[Photofiltre]というソフトを入れてみました。[wine]を使うのは初めてなので試行錯誤でやってみます。

 先ずはPhotofiltreのサイトからインストールファイルをダウンロード。ついでにメニュー日本語化のアーカイブファイルも。

Wine_05

 ダブルクリックしても動かないので、インストールファイルを右クリックして、それっぽい[Wine Windowsプログラムローダー]で開いてみます。

Wine_04

 すると、普通ーにWindowsでインストールするようにインストーラーが立ち上がり、インストールが始まります。下のキャプチャ画像はubuntu MATEにインストールした時のものです。

Screenshotinstall_photofiltre_7_ver

 インストールが完了すると、こんな風にでっち上げのCドライブ内にフォルダを作ってインストールされている。

Wine_01 Wine_02

 ついでに、解凍した日本語ランゲージファイルをコピーして貼り付け、英語ランゲージファイルを削除します。この辺はウィンドウズと全く一緒です。て言うか擬似ウィンドウズだから当然か。

Wine_03

 さてスタートメニューから起動します。

Wine_06

 果たしてメニューはチャンと日本語化されているか?

Photofiltre_7_001

 おーっ、いいですねー。これがZorin OS上で起動しているとは思えません。機能の方はちゃんと使えるでしょうか? 壁紙の画像で気になっていたオネーサンのお腹の入れ墨をいつもやっている画像修正で消してみました。

Photofiltre_7_003

 コピースタンプツールを使って消していますが、圧力加減(って事は筆圧も使えますね)も出来てWindowsと全く変わりありません。うーん、これはいいかも知れない。と、本来の目的を忘れて[MassiGra]も入れてみました。これもチャンと使えます。ただし、画像ファイルと関連づけ出来ないのがチョット残念。コレを同僚が使いこなせるかは別問題で、私はすっかり気に入ったので早速自分のubuntu MATEにも入れてみました。

 これはubuntu MATEに入れた[MassiGra]で画像を開いてたところ。Windows7に設定したインターフェイスがWindows95にしか見えないのはご愛敬。

Massigra_003

 いや、これは嵌まりそう。

 Photofiltreについてはコチラが詳しいです。
MOMENT~写真加工と素材のサイト~」様

|

« Ubuntu MATE覚書 | トップページ | FRGB71 その後1 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507657/61668926

この記事へのトラックバック一覧です: wine Zorin Frontier:

« Ubuntu MATE覚書 | トップページ | FRGB71 その後1 »