« 痛いメモリー交換 | トップページ | 読書の盆休み »

2015年8月 4日 (火)

ubuntu MATE 覚書3

bluefishに"Google Chromeで確認"を追加する

 ウェブページを作る時、今まではubuntuの時はgedit、MATEにしてからはmeditでHTMLを書いていました。MOZCの辞書には、「ば」と入力して変換したら、候補に<br />と出るようにとか色々登録していたのでそれほど不便は感じていませんでした。
 しかし、エディタで入力中にサッとブラウザで確認したい時は、その度にフォルダにあるHTMLファイルをブラウザで開くのでチョット面倒と言うか二手間になります。
 そこで、餅屋は餅屋、ブラウザでプレビュー出来るHTMLエディタを入れてみることにしました。
 検索してみると、bluefishというエディタの評判がいいので、ソフトウェアセンターからインストール。

 ファイルを開いてみます。

Open

 デフォルトのプレビュー用ブラウザはFirefoxです。

Fire_fox

 これに、インストールしているGoogle Chromeを追加したくて、環境設定の外部コマンドに他のソフトのコマンドを参考にして追加してみましたが、さっぱり起動しません。検索してみるとChromiumなら起動するそうなので入れてみると、こちらはチャンと起動してプレビュー出来ます。しかし、同じようなソフトは2つも要らないし、やはりGoogle Chromeでプレビューさせたい。
 で、ふとアプリケーション名だけでなくパスを入れてみたらどうだろう? と思いつきコマンドを書き換えてみました。

Command

 すると、

Google_chrome

 おっ、今度はGoogle Chromeでプレビュー出来ます。

Preview

 と言う事で、bluefishのプレビュー用ブラウザにGoogle Chromeを追加する時はコマンドに

/usr/bin/google-chrome-stable %p

 と記入します。

|

« 痛いメモリー交換 | トップページ | 読書の盆休み »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507657/62014689

この記事へのトラックバック一覧です: ubuntu MATE 覚書3:

« 痛いメモリー交換 | トップページ | 読書の盆休み »