« 紅葉? | トップページ | Windows10の起動時間 »

2015年8月27日 (木)

Windows10 不具合その1

ドライバー編

 Windows10にアップグレードして約一週間、少しずつWindows7との違いが判ってきました。
 その一つがこの音量調節。

Taskbar

 Windows7ではスライダーが縦でしたが横向きに変わっています。サウンドデバイスの名前も表示されています。スライダーは縦の方がイメージ的に使い易い気がしないでもないけど、スピーカーアイコンの上にマウスポインタを置いてホイールを廻すとちゃんと音量が変わるので、ま、これは別に問題ありません。

 問題なのはこれです。

Audiocenter

 Windows7の時にインストールしたサウンドカードXonar DGのAudio Centerですが、コレ、右のボリュームダイアルを廻しても音量が上がりません。出力選択や、DolbyHeadphoneは機能しているのでボリュームだけが作動していないようです。
 こういう時はドライバーを再インストールすれば直る場合が多いので、どうせならとASUSから最新版を持って来てインストールすることにしました。

Xonar DG ドライバー&ツール

 Windows10用はまだ置いてなく、Windows8.1のベータ版が在りましたので持って来ました。念のためWindows8用も。
 Windows7
 バージョン 7.0.8.1821
 Windows8
 バージョン 8.0.8.1821
 Windows8.1
 ベータバージョン 8.1.8.1822
 Windows7用とWindows8用は同じものではないでしょうか?

File_8_1_beta File_8_0_64bit

 解凍して早速インストールします。どうやら先に古いドライバーをアンインストールするようです。

Setup_1

Setup_2

Setup_3

 再起動後にもう一度セットアップ開始。

Setup_1

 ところが……。

Setup_4

 エッ!? 何だってぇぇぇええええ!

 んなモンはアンインストールする前に表示してくれよぉ!

 気を取り直して今度はWindows8用でトライ。

Setup_1

Setup_10

 ヤッターマン。今度はイケマス。

 と言う事で、無事インストール完了。

 今度はAudio Centerのボリュームダイアルでも音量が変わります。しかも、タスクバーのスライダーで音量0にすると連動してMUTEがONになり、ボタンとダイアルのポッチが赤く変わります。Windows7の時は全く気づかなかったので、或いはWindows8用からの機能でしょうか、だとしたらWindows7用より少し進化してますね。

Mute_1

Mute_2

 あー、やれやれ。と思ったら!

 電源がイキナリ落ちました。
 スイッチを入れても反応なし。動きません。
 一旦コンセントを抜いて、もう一度刺すと今度は起動します。
 これって
電源か? マザーか?
 の記事に書いた状態と同じです。って事は又してもENERMAX EPG500AWTの故障か? 取りあえず今のところは落ちる事なく動いています。
 しかし、そのお陰で記事が全部消えてしまって、もう一度書き直ししました。
 ENERMAX EPG500AWTの保証期間は残り三ヶ月を切りました。暫く様子見です、ね。

※2015/09/02 追記
その後電源は一度も落ちていません。あれは何だったのでしょう。
 あ、それから再インストールしたXonar DGのAudio Centerですが、Windows7の時はアナログ出力を「2スピーカー」に設定しても次に起動した時は「FR ヘッドフォン」に戻っているというバグがありました。再インストール後は終了時の設定で起動します。これがドライバーで修正されたものかOSがWindows10になったからなのかは不明です。但し、フロント端子にヘッドフォンが刺してあってもスピーカーから音は出ます。自動切り替えは作動していません。

|

« 紅葉? | トップページ | Windows10の起動時間 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507657/62168242

この記事へのトラックバック一覧です: Windows10 不具合その1:

« 紅葉? | トップページ | Windows10の起動時間 »