« Windows10の起動時間 | トップページ | 晴れたらいいね »

2015年8月31日 (月)

Windows10 不具合その2

 Lenovo ThinkPlus USBキ-ボ-ド ウルトラナビ付
 と言う長ったらしい名前のキーボードをWindowsXPの時から使っています。
 こちらの→記事参照

 ドライバーはThinkPadT40のUltranav用のモノを入れていました。バージョンは忘れてしまいましたが、2014年8月のドライバーでした。
 ところがWindows10にアップグレードしたらトラックポイント、タッチパッド共にマウスポインタがピクリともしません。全く動かないのです。その上、ポインタやパッドを触る度にコンテキストメニューが出てしまったり、開いているアプリがフリーズしたりします。「あー、これはデバイスマネージャで無効にするしかないな」と思ってデバイスマネージャを開いて、無効にする前に一旦削除してみることにしました。
 削除後に再起動すると「変更を有効にするには再起動して下さい」と、何やら説明不足な表示が出てきました。ひょっとしたらWindows10が自動でドライバーを入れたのかも、と言われるがままに再起動。
 すぐにデバイスマネージャを開くとSynaptics製トラックポイントとタッチパッドのドライバーが入っており、何と! どちらも正常に動くではありませんか。

Device

「USBキ-ボ-ド ウルトラナビ付」や「USB Keyboard with Ultranav」などでドライバーを検索しなくても、Windows10にドライバーがあるんですね。でも、せっかくWindows10で自動的に入れてくれたのにWindows7に入れていたドライバーより日付が古いドライバーです。

Touchpad Touchstyk

 動くようになったから、文句言いませんけど。いいですけど。
 ちなみにLenovo ThinkPlus USBキ-ボ-ド ウルトラナビ付はWindows10ではIBM USB Keyboard with Ultranavとして登録されています。中身は同じって事ですね(^_^;)

Ibm_u

 先日のXonar DG Audio CenterやNEC MultiWriter 5600Cと同様に7の時に入れたドライバーで動かなかったり不具合が出た時は、入れ直すか削除してWindows10のドライバーを入れれば大丈夫なので、今後はそれで対処します。

※その後、ドライバーのエラーが再発したので対処法が見つかるまでWindows7に戻すことにしました。

|

« Windows10の起動時間 | トップページ | 晴れたらいいね »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507657/62194392

この記事へのトラックバック一覧です: Windows10 不具合その2:

« Windows10の起動時間 | トップページ | 晴れたらいいね »