« Windows10 不具合その1 | トップページ | Windows10 不具合その2 »

2015年8月28日 (金)

Windows10の起動時間

 不思議なことが一つ。
 昨日から何度も再起動させていたので気づいたのですが、Windows10を再起動するとPOST情報終了からデスクトップ表示まで約1分かかります。しかし、一旦電源を落として起動(コールドスタート)させると15秒でデスクトップが表示されます。爆速です。再起動のほうが速いと思っていたら逆です。この起動時間の違いはどこから来るのでしょうか?

 で、色々調べてみたらWindows8から搭載された高速スタートアップなるものの仕業らしいと判りました。コレですね、デフォルトでオンになっています。

Fstart1

 つまり、シャットダウンした後のコールドスタートだと思っていたらそうではなかったということですね。
 試しに高速スタートアップを無効にしてシャットダウンした後で起動させると今度はデスクトップ表示まで1分20秒かかりました。本来の起動時間はコレかぁ。

 最初にWindows7をUEFIモードでイスンストールしておけば、もっと起動が速くなったらしい。でも、今からWindows7を再インストールしてこの環境を構築してからWindows10にアップグレードするには気力が……。


|

« Windows10 不具合その1 | トップページ | Windows10 不具合その2 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507657/62171044

この記事へのトラックバック一覧です: Windows10の起動時間:

« Windows10 不具合その1 | トップページ | Windows10 不具合その2 »