« 中国語版Windows7の日本語化 | トップページ | パンク! »

2015年10月24日 (土)

中国語版Windows7その後

「すいませーん、この前日本語にしてもらったノートパソコン、また中国語に戻っちゃったんですけど、持ってきますから直して下さい」
「は? どうして戻ったの?」
 先日、同僚が貰ってきたFRONTIER FRNW504にインストールされていたWindows7中国語版を日本語化してあげて二週間。
 日本語化と言っても、ようこそ画面は中国語のままで、Windows Update後のシャットダウン時「パソコンの電源を切らないで下さいWindowsの設定をしています」といったメッセージも中国語のままでした。インストールされているソフトも中国語なので、表示されるポップアップメッセージや警告も当然中国語です。
 中国語に戻った時の状況を聞いてみると、何かのアップデートが始まったが表示が中国語なのでそれがWindows Updateなのか他のアップデートなのか何も分からず、止める事もできないのでそのまま終了まで待って再起動したら中国語に戻っていた様子。

 持ってきてもらったパソコンを立ち上げると、見事に中国語。しかも不思議な事にダウンロードフォルダに保存した日本語ランゲージパックがどこにも無い。更に不思議なのは、前回持ってきて貰った時にコンピューターのプロパティを見たら「Windows7 Ultimate 64bit」と英語表示されていたものまで中国語表記に変わっている。最初は何かの理由でシステムの復元が行われて元に戻ったのかとも考えたけど、コレを見ると違うようだ。
 そして前回と同じようにWindows Updateが実行出来ないようになっている。更新プログラムの確認(と中国語で書かれている箇所)をクリックすると中国語のポップアップメッセージが出て、これは前回見たので覚えているけど「サービスが停止されているのでアップデートを実行出来ません」というものです。LANの設定がされていない状態なのも前回と同じ。中国語なのでよく分からないが、アイコンや画像を見ながら見当をつけて設定。
 アップデートから日本語ランゲージパックをインストールする事が出来ないので、前回と同じ方法でとりあえず日本語化。あの時はこのままの状態(ようこそ画面やシステムアカウントは中国語)で同僚に渡したので、今回は徹底的に日本語化。と言っても大したことはしていませんが。
 コントロールパネルから「日付と時刻」でタイムゾーンを日本に。「地域と言語」で形式と場所を日本語、日本に。「キーボードと言語」も日本語、Microsoft IMEに変更。「管理」でシステムロケールを日本語選択。「ようこそ画面と新しいユーザーアカウント」で「設定のコピー」をクリック。全部日本語、日本に変更して「ようこそ画面とシステムアカウント」にコピー。画像はウチのWindows7 Home Premiumで表示させたものなので言語を選択出来ませんがUltimateはドロップダウンリストからインストールした言語を選択出来ます。

Tp_1 Tp_2

 これで全部が日本語表示されるので、今度は同僚も何が実行されているのか分かるでしょう……多分。
 と、ここでハッと気付く。インストールされているソフトは全部中国語版なので、とりあえずセキュリティソフトの360安全卫士、360杀毒软件、360手机助手だけ削除して、Windows Firewallを有効化後、フリーの日本語版アンチウイルスソフトをインストールしておきました。更にWindows Updateが出来るようにしてSP1にアップデート。
 こんなもんでどうでしょう? 今度戻ったら自分で日本語化してね。

|

« 中国語版Windows7の日本語化 | トップページ | パンク! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507657/62537848

この記事へのトラックバック一覧です: 中国語版Windows7その後:

« 中国語版Windows7の日本語化 | トップページ | パンク! »