« あっという間に葉桜 | トップページ | Ubuntu 16.04 後編 »

2016年4月24日 (日)

Ubuntu 16.04 前編

 (Ubuntuの長期サポート版16.04をインストールするまでの長い前振り)

 同僚にWindowsXPの調子悪いので見て欲しいと言われまして、ウチへ持ってきて貰い電源オンにすると最初に「NO SIGNAL」と表示された後は全くの真っ暗でBIOSの設定画面も表示されません。試しに手持ちのグラフィックボードと取り替えても同じです。
 以前から時々こうなっていたそうで、ハードディスクのアクセスランプも点かない。色々とやってみたけどダメ。これは多分マザーボードが逝っちゃっているのだろうという結論に。

 ゲートウェイの古いパソコン(Gateway GT5020j)だから同じマザーボードを手に入れるのは大変だろうし、XPのサポートは終わっちゃってるから諦めたら? と言うと、どうしてもこのXPを使いたいのだと。だったら、以前どこかから貰ってきて故障していた電源を取り替えてあげたKOUZIROのFRGB71にハードディスクを載せ替えてみようか? 「えっ? そんなことしていいんですか?」と驚く同僚にFRGB71を自宅から持って来て貰い、サッサと取り替えて起動。
 これでWindowsは立ち上がりましたが、ハードが変わったのでXPを使うにはマイクロソフトに再認証してもらわなければいけません。しかし当然ながらこのハードディスクにはFRGB71のLANドライバーが入っていないのでネットに接続できません。そこでマイクロソフトに電話して再認証のキーを教えて貰い、目出度くXPが使えるようになりました。で、ウチのパソコンで落としたリアルテックのLANドライバーを入れて(最初にこれをやるべきでした)全部のドライバーをネットから落として再インストール。
 FRGB71の衣を着たGateway GT5020jになったパソコンは無事起動するようになり、同僚にお持ち帰り頂きました。

 が……直ぐに同僚から電話。
「あのー、持って帰って今電源入れたら、XPの起動画面が出たらすぐに再起動するようになって、いつまで経ってもこの繰り返しなんですけど。どうしたら直りますか?」
 は?……。

 もう一度持ってきて貰いました。

 電源を入れるとXP起動画面のプログレスバーが動いている途中で再起動がかかります。それにハードディスクからは時々カリカリという異音が聞こえます。
「これはハードディスクがヤバそうだよね」
 と言っているとイキナリ画面がブラックアウトして「○○がないのでWindowsを起動することが出来ません。○○を再インストーして下さい」
 アチャー、原因はこれか。
 で、ウチのXPインストールディスクでPC起動。Windowsのインストールから「回復コンソール」で、C:¥WINDOWS>に「 fixboot 」 と「 fixmbr 」 を実行。
 再起動後、無事XPが立ち上がりました。

 それは良かったけれど、起動時にハードディスクからカリカリと大きな異音がするとBIOSでハードディスクを認識してくれない時がある。
「今のうちにハードディスクを取り替えたほうがいいかもね。買って持って来てくれたら今のハードディスクをコピーして入れ替えてあげるよ」
「あ、俺ハードディスクって何がいいか分からないので、いいの探して買って下さいよ。お金置いていきますから」
 え〜っ? XPってさ非AFTのハードディスクだから探すの面倒なんだよね〜。ウチのWD5000AAKXは非AFTだから売ってあげてもいいけどゾンビドライブだし。
「新品は目玉が飛び出すほどの値段だから中古を探すとして、どこのメーカーがいいの? 今のと同じSeagate?」
「お任せします」
 とネットで検索していると、WesternDigitalのWD1002FAEXが1GBで良さ気。購入価格はトータルで五千円弱。
「お任せしますから宜しくお願いします」
 同僚がお金とパソコンを置いて帰った数日後、WD1002FAEXが届きました。
 コレ、ウチのWD1003FZEXと比べると重い! 分厚い! 後で分かったけど振動と音もウルサイ。
 早速同僚のXPマシンに取り付けてフォーマット。これが矢鱈と時間がかかる。その後で同僚の希望によりオリジナル(Seagateの200GB)と同じく3つのパーティションに分割。
 ここへMacrium Reflect Free Editionというソフトを使ってクローンコピーを作る。

 ↓Macrium Reflect Free Editionの使い方はコチラが詳しくて解りやすいです。
 K本的に無料ソフトフリーソフト様

 ところがC.D.Eと分割されたオリジナルのドライブの内、Eドライブ内に破損したファイルがあってクローンコピーが出来ない。そこで画像ファイルとテキストファイルだけを選択してUSBメモリーにコピーして、後でパーティションを切っただけのクローンのEドライブへ移す事に。
 クローン作成が完了したらオリジナルを取り外してWD1002FAEXで再起動。

 しかし! プログレスバーが動いているXP起動画面から先へ進まない。ハードディスクから延々と何かを読み込み続けている。クローン作成失敗かも、と一旦フォーマットして再度作成。しかし結果は同じ。
 え〜っ? どうして〜? 中古品だからハードディスクがダメなのか?

 さて、どうしようかと思案した挙句、ubuntuとXPのデュアルブートにして余り物PCで使っていたゾンビドライブのWD5000AAKX(今はubuntu MATEを入れたWD10EZEXと取り替えてある)をフォーマットして、試しにこれにクローンコピーしてみる事に。
 すると何という事か、一発でXP起動。同僚のパソコンのデスクトップが表示されました。
 え〜っ? どうして〜? ですよ。あー畜生このままゾンビドライブを渡して、代わりにWD1002FAEXを貰っちゃおうかなとも思ったけれどそうもいかない。
 ここで待てよと、と言う事はこのWD5000AAKXからWD1002FAEXにクローンコピーを作ったら動くんじゃない?
 正解!
 不思議な事には、オリジナルのSeagateからWD1002FAEXにクローンコピーしたXPは動かないけど、オリジナルのSeagateからWD5000AAKXにクローンコピーしてさらにクローンコピーのWD5000AAKXからWD1002FAEXにクローンコピーしたXPはスンナリと何事もなく起動して動きます。
 ともあれ、クローンコピーは成功です。さすがWD1002FAEXはCaviarBlackだけあって振動と音はウルサイけど速いです。これで目出度く同僚にお持ち帰り頂きました。

 で、私の手元には同僚のXPクローンが入ったWD5000AAKXが残った訳です。
 個人情報満載のハードディスクを持っているというのは何となく落ち着かないもので、直ぐにフォーマットして自分のXPを入れ直すことにしました。
 ところがですよ、BIOSではチャンと認識しているのにXPのインストール画面は「ハードディスクが有りません」と言ってインストールさせてくれません。
 そんな馬鹿な。BIOSのBootMenuは(1)iHES208-27(2)WD5000AAKXになっているぞ。
 よーし、そんな事を言うのならubuntuがインストール出来るかやってみようじゃないか。
 丁度16.04LTSが公開された事だし、今回からUnityランチャーを画面の下部に配置できるようになったらしいのでチョット見てみようじゃないの。

 と、やっとココに辿り着きました。
 後編へ続く。

|

« あっという間に葉桜 | トップページ | Ubuntu 16.04 後編 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507657/63532384

この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntu 16.04 前編:

« あっという間に葉桜 | トップページ | Ubuntu 16.04 後編 »