« MATEを16.04にアップしました | トップページ | MATEで共有 その後 »

2016年5月18日 (水)

MATEで共有を簡単に設定する

 さてさて、インストールしたUbuntu MATEとWindows7とのファイル共有です。
 結論から先に書くと、実は滅茶簡単に設定出来ます。但し、それに気付くまでに少し遠回りしましたが。
 やった事を順に書くと、先ずは共有用のフォルダ「lan」をホームに作成しました。で、インストールしたSAMBAではこれをGUIで共有設定出来ないので、端末からコマンドで設定します。
 ネットで「ubuntu samba」と検索。たくさんヒットした中で、

 ムーファとデーヴァの私生活様の
 Ubuntuにsambaを導入してWindowsとファイル共有してみました。
 と
 hirooka.pro様の
 Ubuntu 14.04 で Samba
 それと
 Server World様の
 フルアクセスの共有フォルダ作成

 の記事を参考にして設定しました。
 と言っても、専門的な事はよく分からないので最後の行に追加するところだけをフォルダの名前とパスを変えてそっくりそのままコピペしただけですけど。
 (その後の追加設定でも記事に助けて頂きました。お三方にはこの場を借りてお礼申し上げます)

 これでフォルダの共有は出来ましたが、ついでに「ピクチャ」や「ダウンロード」も共有させようとして、フォルダ名が日本語名(2バイト文字)だから後々不都合が出るかもしれないと思い、それは断念しました。
 で、それとは関係無く探したいソフトがあったので"Software Boutique"を開いて見ていると……。
 何やら気になるソフトがあります。
 ソフト名「Caja Share」
 名前からして共有関係っぽいです。画像はインストール後のものですが、これです。

Software_boutique_001

 詳細を見てみるとソフトのウェブサイトがあのsamba。

Software_boutique_003

 サンプル画像を表示させてみると……あれ?

Software_boutique_002

 これって、もしかしてMATEにはないけどUbuntuのフォルダプロパティにあるローカルネットワーク共有と同じじゃない? 
 ↓コレですけど。

Azpainte_001

 そこで物は試しと、インストールしてみました。インストールするとフォルダの右クリックメニューに「共有オプション」というのが追加されています。

Caja_share1

 コレをクリックすると。あ、日本語化されていませんが、Ubuntuのフォルダプロパティにあるローカルネットワーク共有と同じですね。

Caja_share2

 チェックを入れてみます。

Caja_share3

 共有を作成。

Caja_share4

 クリックしたら出てくるメッセージもUbuntuと同じです。 "アクセス権を自動で追加"をクリックします。Ubuntuだと、SAMBAをインストールしていないとここで自動でインストールしてくれましたが、MATEだとどうなんだろう? すでにSAMBAはインストールしてあったので分かりません。
※追記
SAMBAがインストールされていない状態でCaja Shareをインストールすると追加インストールでSAMBAが自動的にインストルされます(MATEの再インストール時に確認しました)

Caja_share5

フォルダを見ると共有マークが付いています。

Caja_share6

 これで共有設定は完了です。
 え〜っ! Ubuntuと同じで滅茶簡単じゃんコレ。こんな簡単に共有化出来るのに、どうしてどこかで紹介してないのだろう。「Caja Share」で検索しても英語のサイトしかヒットしないし。あ、「Caja Share」を使うのは周知の事実で私だけが知らなかったとか?
 って事で、ついでだから日本語名の他のフォルダも共有化しました。

 Windows7から見たUbuntu MATEの共有フォルダです。

Share1

 端末から設定した「lan」もCaja Shareから設定した他のフォルダも同じに見えますが、でもチョット違います。
 試しにファイルをコピーします。
 コレは「lan」へのコピー。

Share2

 こっちがCaja Shareの右クリックから設定した「ダウンロード」へのコピー。

Share3

 これをUbuntu MATEから見ると

Mate_lan_004

Mate__003

 ダウンロードの方にはアイコンに鍵マークがついています。このファイルを例えばShotwellで画像加工して上書き保存しようとするとこうなります。

Share1jpg_shotwell_238

 "別名で保存"や、一旦コピーしたファイルの加工保存はOKなので一手間増えるのを気にしなければ(大量のファイルの時は困る)関係ないのかも知れませんが。「lan」の方のファイルは加工、上書き保存が出来ます。SAMBAへユーザーの登録とかしてないので、その影響でしょうか? その辺の事は今度の休みに、又又上記のブログ記事を参考にさせて頂き試してみます。

|

« MATEを16.04にアップしました | トップページ | MATEで共有 その後 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございました。Caja Share を install するだけで、こんなに簡単 ubuntu, Windows7, android 間でファイルの共有ができるようになるなんて。

なまじ一度だけ Caja Share 無しでも Win7 とつながったことがあったために、何かあるはずだと試行錯誤してしまいました。

投稿: 小林憲次 | 2016年10月26日 (水) 22:47

>小林様
 こんばんは。コメント、ありがとうございます。
 私も、気が抜けるほど簡単にファイル共有が設定が出来て、今までの苦労は何だったのだろうと思ってしまいました。
 多少なりともお役に立てて、嬉しいです。記事を書いた甲斐がありました。

投稿: Tosi | 2016年10月30日 (日) 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507657/63642358

この記事へのトラックバック一覧です: MATEで共有を簡単に設定する:

« MATEを16.04にアップしました | トップページ | MATEで共有 その後 »