« マテ茶とシナモンティー | トップページ | Dropbox 2 »

2016年6月 8日 (水)

Dropbox

 ココログのウェブページに置いてある記事は、Windows7機と余り物PCのどちらからでもアップロード出来るようにと、両方にファイルを置いていて、どちらか片方を更新する度にもう片方をネットワークから更新するという面倒なことをやっていました。
 ところが時々更新を忘れて古い方のファイルをアップしたり、挙句はどっちが新しいファイル化わからなくなったりして、コレはチョット拙いかなと遅まきながらDropboxを使うことにしました。
 まずはSoftware BoutiqueからCaja Dropboxをインストール。コレ、Ubuntu Software centerではバージョン名がnautilus dropboxですが、多分同じものですよね。

Software_boutique_020

 これまでOneDriveやgoogleドライブで共有しても、ネットに接続してブラウザからファイルを書き換えるのは面倒だし、OneDriveはLinux未対応なのでUbuntu MATEでは使えないし、とイマイチ使い勝手が悪かったのですがその点Dropboxではどちらか片方のファイルを書き換えて保存したら自動的に更新されてもう片方に更新通知がポップアップ表示されて便利です。何よりも一々ブラウザを立ち上げなくてもオフラインで使える(後で勝手に同期してくれる)のが有り難いです。
 ところが……パソコンを再起動させるとWindowsの方は通知領域にアイコンが表示されますが、Ubuntu MATEの方には表示されません。システム起動時にDropboxを開始にチェックを入れてもPCを再起動するとこのチェックが外れていて、自動で開始されないのです。
 これは困ったじゃん。
 そこで、コントロールセンターから「自動起動するアプリ」を起こして「Dropbox」で登録してみましたが、これだけでは起動しません。多分コマンドが違う。
 今度はファイルシステム内を「Dropbox」で検索。
 表示されたリスト内でコレが怪しい感じ。

Search

 親フォルダに移動。

Desktop_004

 プロパティを見てみます。

Dropbox__005

 多分間違いないと思うので、コマンドを「自動起動するアプリ」に登録します。

_002_2

 今度は再起動後に通知領域にアイコンが表示されます。何度再起動させても自動起動します。が、でも相変わらずチェックは外れています(^_^;)

Dropbox__001

 ま、自動起動してくれているからいいか。

|

« マテ茶とシナモンティー | トップページ | Dropbox 2 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507657/63738348

この記事へのトラックバック一覧です: Dropbox:

« マテ茶とシナモンティー | トップページ | Dropbox 2 »