« Mozcに辞書を追加した | トップページ | 続・UbuntuにHDD増設 »

2016年12月30日 (金)

UbuntuにHDD増設

 今回も余り物PCのUbuntu機ネタです。
 このPCのホームにある「ピクチャ」「ダウンロード」「ビデオ」「ミュージック」と新設した「Movie」のフォルダを、Windows機のFドライブにバックアップしています。Ubuntuを再インストールした時にファイルを戻すのですが、LANでのやり取りなので遅いです。特に容量が230GBの「Movie」はコピーするのに2時間以上かかります。
 そこで思い立ったのが「Linux Mint」を入れているWD5000AAKXをデータドライブにすることです。しかしWD5000AAKXはブートドライブなのでフォーマットする必要があります。

500gb_002

 余り物PCにWD5000AAKXを接続し、Live-DVDで起動して「Ubuntuを試す」を選択。「設定」の「ディスク」でパーティションの削除とフォーマットを実行します。

 で、
Ubuntu 16.04 LTSをインストールした直後に行う設定 & インストールするソフト様の
 HDDをフォーマットする - Ubuntu 16.04 LTS編
 の記事を参考にして、と言うかそっくりそのまま実行してHDDを追加、無事終了しました。
 再起動後ディスクを見ると、ちゃんとフォーマットされています。しかも何故か不良セクターが2つ減っています。

500_gb_devsdb_001

 で、WD5000AAKXにバックアップ用のフォルダを作成します。

Wd500_002

 ここに、めんどうなので「ホーム」をそっくりコピーしました。

Backup_004

Backup_003

 ところが……。
 再起動後は何事もなかったのですが、もう一度再起動したら「0ポートのデバイスが読み込めません」と表示されてBIOSがWD5000AAKXを認識してくれません。
 ま、ゾンビドライブだから仕方ないっすよね。その後も認識したりしなかったりで、安定性に欠けるのでWD5000AAKXをバックアップドライブにするのは諦めました。ブートドライブのWD10EZEXまでフリーズしてしまいますから。
 しかし、内蔵ドライブにバックアップするのは何かと便利です。で、メインドライブと同じWD10EZEXがAmazonで五千円台だったので思わず「ポチっ」と(29日に)しまして、31日に届く予定が、何と今日30日にヤマト運輸さんが届けてくれました。速い!
 って事で、今からWD10EZEXを増設してみます。


|

« Mozcに辞書を追加した | トップページ | 続・UbuntuにHDD増設 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507657/64683865

この記事へのトラックバック一覧です: UbuntuにHDD増設:

« Mozcに辞書を追加した | トップページ | 続・UbuntuにHDD増設 »