« 謹賀新年 | トップページ | マイナンバー »

2017年2月28日 (火)

meditのカラースキーム

 今やメイン機となってしまった余り物PC(ubuntu16.04.2)でテキストファイルを見る時は、関連付けしているLeafpadで開いています。それ以外の、例えばCSSやHTMLファイルは、meditで編集しています。が、先日ブログ記事のHTMLファイルを編集するのに、間違ってgeditで開いてしまいました。すると、こんなカラースキームで表示されたのです。

Tikoyo_htmlgedit_002_2

 きれいで読みやすいカラースキームです。カラースキーム名を確認してみると「solarized light」になっています。

Gedit_004

 これがgeditにデフォルトで入っていたのか、それとも自分で追加したのか全く記憶にありません。このカラースキームに設定したことすら忘れていました。でも、前回「Mozcに辞書を追加した」でgeditを使った時はエラー画面なので気づきませんでしたが、すでにこのカラースキームだったのですね。

Gedit1

 この「Solarized」はプログラマ向けに開発されたカラースキームだそうで、確かに長時間見ていても目が疲れません。そこで、コレをmeditでも使うことにしました。
 以下、ubuntu16.04.2での備忘録。

 まずgeditのカラースキムがおいてあるフォルダを開きます。

usr/share/gtksourceview-3.0/styles
Styles_009

 今回使いたいのは「solarized light」なので「solarized-light.xml」をコピーします。
 次に、 スーパーユーザー(root)権限でファイル・ブラウザ(Nautilus)を開くために端末を起動させ以下のコマンドを入力します。

$ sudo nautilus

 meditのカラースキームがおいてあるフォルダを開きます。

usr/share/medit/language-specs
Languagespecs_011

 ここへ先程コピーした「solarized-light.xml」を貼り付けて保存します。
 meditの設定でカラースキームを「solarized light」にして適用。

Medit_005

 meditで同じhtmlファイルを開いてみます。

Tikoyo_htmlmedit_003

 使っているフォントが違うので、geditとは少し感じが違うけど、見やすさは同じです。

|

« 謹賀新年 | トップページ | マイナンバー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507657/64954328

この記事へのトラックバック一覧です: meditのカラースキーム:

« 謹賀新年 | トップページ | マイナンバー »