« 書籍購入その3 米の島 | トップページ | 寒中、メガネを作りに行く »

2018年12月 8日 (土)

道場破り

 と言う事で、山本周五郎さんの「雨あがる」と続編の「雪の上の霜」を元にした時代劇映画「道場破り」のDVDです。

1964年 松竹映画
原作:山本周五郎「雨あがる」
監督:内川清一郎
脚本:小国英雄
撮影:太田喜晴
美術:大角純一
音楽:佐藤勝
三沢伊兵衛:長門勇
大庭軍十郎:丹波哲郎
妙:岩下志麻
小室千草:倍賞千恵子
小室帯刀:宮口精二

 2000年の小泉堯史監督の「雨あがる」が、原作に沿ってつくられた本格時代劇だったのに対し、こちらは原作のおいしい設定だけを抜き出してつくられた、「原作とはチョット違うかな感満載」の娯楽時代劇です。長門勇と丹波哲郎とくれば「三匹の侍」なので、三沢伊兵衛が桜京十郎に見えてしまうのは私だけではないと思います。制作側もそれをねらってのキャスティングかも知れないけど、原作の三沢伊兵衛とはイメージが違う。とは言え今ではもう、こういう時代劇は作れないから、古き良き時代の映画としては見ていて楽しいです。
 原作の「おたよ」は小泉堯史版では「たよ」そして「道場破り」では「妙」と変わっています。名前はどうでもいいんですけど、予告編にあった、妙さんの「あなたもわたしも、このままでいのです」というセリフが、本編でカットされているのは解せない。このセリフの有る無しで二人の先行きが決まってしまう一番大事なシーンでしょう。小泉堯史版では、たよさんがモノローグで「わたくし、このままでもようございます」というシーンが、永井和泉守が馬で後を追ってくるシーンの間に入っています。士官出来なくてもあなたといるだけで幸せだというたよさんの気持ちですね。そしてもう一つ、原作にも小泉堯史版の「雨あがる」にもあったラストの、伊兵衛の口癖を真似てたよさんが言う「わたくしは元気ですよ。と言ってもいいと思います」のセリフも入れて欲しかったなー。これ、たよさんの可愛らしい茶目っ気を表現したいいシーンだと思うのですが。
 とは言え、チョット違うのではないかと思っていた「妙」と「千草」のキャスティングは、演じた岩下志麻さんの楚々とした美しさと、倍賞千恵子さんの凛とした美しさを見ることが出来、いい意味で期待を裏切られてめっけもんでした。宮崎美子さんが演じた、元気いっぱいの「たよ」も良かったけど、チョット儚い感じがする(まだ可愛らしさが残っている頃の)岩下志麻さんの「妙」も良かったです。昔の女優さんって、ヤッパいいなー。

|

« 書籍購入その3 米の島 | トップページ | 寒中、メガネを作りに行く »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道場破り:

« 書籍購入その3 米の島 | トップページ | 寒中、メガネを作りに行く »