« 道場破り | トップページ | 暖中、メガネを取りに行く »

2018年12月11日 (火)

寒中、メガネを作りに行く

 今年の八月に、メガネの右側のテンプル(つる)とリムを繋いでいるヒンジがポロッと取れたと言うか、折れてしまいました。
 視力は裸眼で0.7なので、安全のため夜間運転する時だけメガネを使用しています。左眼が乱視だし。
 が、数年前にメガネをシートの上に落とした事に気付かず、そのまま座ってしまい、リムは無事でしたが、ブリッジもテンプルもグニャグニャに曲げてしまいました。幸い、購入店さんが何とか修正してくれたのですが、よく直ったと感心する位ひどい状態だったモノを直してもらったので、その時ヒンジとリムの接合部の強度が落ちたのだと思います。
 で、そのまま使っている内に、とうとう限界を超えたんですね。メガネをかけて運転中に何の前触れもなくイキナリ、右側のヒンジがポロッと外れてテンプルが落ちてしまいました。左側は無事だったのでメガネが外れる事はなかったけど、いや焦りました。
 とりあえずは、夜間は左側のテンプルだけのメガネで運転をしていましたが、段々と陽が短くなるにつれ、メガネを使用する時間が長くなり、このままではマズイので、新しくメガネを作る事にしました。

 一週間前は気温二十三度だったのに、今日の気温は六度。寒い中、例によって自転車で眼鏡屋さんへ。前回と同じ眼鏡屋さんへ行ったので、前回の検眼データが有りますから、同じレンズでしたら検眼せずに即作成できますが、チョット右眼の視力が落ちている気もするのも含めて気になることが有ったので再度視力検査をしてもらいました。

 私の利き目は右目ですが、今回の検眼では視力も含めて右目より左目の方が性能が良い(笑)と言われました。例えば視点を移動させた時、左目は瞬時にピントが合いますが右目は一瞬遅れるのです。左右同じ視力に矯正しても、左目のほうがよりクッキリスッキリ見えます。同じ速度で走っても軽トラと排気量が大きな乗用車とでは、乗り心地や走りが違うのと同じです。それに、最近気付いたのですが、同じ対象物を見ても左右でその位置が違って見えるのです。これは上下斜位といって、プリズム矯正という方法で矯正出来るのだそうです。
 と言う事で、年齢的にガタが来ている目なので、無理しない程度に矯正してもらいました。ただし、プリズム矯正のレンズは特殊加工なので出来上がりは一週間後です。それまで左のテンプルを折らないように気をつけなくてはいけませんね。

|

« 道場破り | トップページ | 暖中、メガネを取りに行く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507657/67474182

この記事へのトラックバック一覧です: 寒中、メガネを作りに行く:

« 道場破り | トップページ | 暖中、メガネを取りに行く »