« 幾度目かの自転車購入 | トップページ | 雪 »

2019年1月29日 (火)

リアップのオマケ万年筆

去年の夏、一昨年前に亡くなった養父の形見(殆どがカメラ)が入った箱の中に「リアップX5のオマケの万年筆」が入っているのに気づきました。
 養父はリアップの必要はないほど髪がフサフサだったので、多分誰かから貰ったのだと思います。この万年筆、色・デザイン・書き心地が、オマケにしてはよく出来ています。以前使っていたプラチナ プレピーは、一日使わないだけでインクが固まってしまい、使いにくかったので、こっちをハガキの宛名書き用に愛用していました。が、パッケージ内にはスペアのインクカートリッジは二本しか入っていません。だから、すぐに使い切ってしまいました。
 さて困った。購入しようにも、このインクカートリッジの型番が分かりません。そもそも同じカートリッジって別売されているのでしょうか?
 で、ネット検索。
 有力な情報が書かれた二つのブログさんに行き当たりました。

 ゆったりとした時間様
 リアップx5のオマケについてきた万年筆

 kasumi   <音楽な日々の、あれこれ>。。様
 リアップX5万年筆の、交換インクカートリッジはどれ?
 
 結論から言うと、ヨーロッパ規格の交換用インクカートリッジならOKと言う事ですね。
 なので、「kasumi   <音楽な日々の、あれこれ>。。」様の記事にある「オート/万年筆カートリッジブルーブラック」を購入することにして、ついでに「ゆったりとした時間」様の記事にあるペリカンのコンバーターも購入する事にしました。が、あれ? ペリカンのコンバーターが使えるって事は、ペリカンの交換用インクカートリッジも使えるって事です。
 と言う事で急遽「ペリカンの交換用インクカートリッジ」の「ブルーグラック」と「ロイヤルブルー」に購入変更しました。「kasumi   <音楽な日々の、あれこれ>。。」様ゴメンナサイ。でも、おかげでヨーロッパ規格ならどれでもOKと分かり助かりました。
 さて、届いた商品はこちらです。

Am_1

 左側手前からペリカン・インクカートリッジ「ロイヤルブルー」「ブルーブラック
 右側手前からペリカン・インクコンバーター。立ててあるカートリッジは左がペリカン・インクカートリッジ、右が万年筆に付いていたスペアカートリッジ。

Am_2

 全長はペリカンの方が微妙に長く、形状も少しが違っていますが、差込口の径が同じなのでグッと押し込めば、パチっと音がして装填完了! Noproblemの没问题で問題なく使えます。
 ついでにプラチナの「ブルーブラックインク」も同時購入しました。
 その内に
 パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-SNK シンカイ
 も使ってみたいです。
 あー、イカンイカンいい万年筆が欲しくなってきた。

|

« 幾度目かの自転車購入 | トップページ | 雪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リアップのオマケ万年筆:

« 幾度目かの自転車購入 | トップページ | 雪 »