« 再びの雪 | トップページ | 大根 »

2019年2月16日 (土)

PCラックのその後

 購入して1カ月が過ぎた[サンワサプライ PCラック型番100-002]のその後です。

 購入時の記事に書いたように、スライド式キーボード棚のスライド幅が少なくて不便を通り越して使いづらいです。サンワサプライの製品案内にはスライド幅は22.5cmとありますが、

Sx300_

 実際には18cmしか引き出せません。

Np_01

Np_02

K1

 これではファンクションキーが打ちづらいし、マウスのスクロール操作をする度に人差し指が上の棚に当たってしまいます。このまま使い続けるとイライラが募るばかりです。
 そこで、スライドレールのストッパーが何処にあるのか調べて、可能であれば位置を変えてみる事にしました。
 キーボード用の棚を外し、スライドレールを取り外します。後ろ側のストッパーを折り曲げて真っ直ぐにし、内側のレール(キーボードの棚を取り付けているレール)を後ろに引き抜こうとしましたが、どうやっても抜けません。なので、今度は前に抜いてみる事にしました。しかし、これも堅くて抜けません。無理やり引き抜こうとしたら、内側のレールが、取り外す前に比べて伸びています。ん? 何だコレは? 本来はここまで伸びるって事? 
 それならば、もう一つのスライドレールはどうなのか? 内側のレールをカチンと音がして止まっても構わず思い切り前の方に引っ張ったら、同じように伸びました(^_^;)ハア? ナンデスカこれは。
 訳が分からない内にレールが伸びるようになったので、とりあえずこのまま元通りに組み立てます。
 すると、どうでしょう、上の写真と比べると一目瞭然です。

Nc_01

Nc_02

K2

 オッ! コレなら大丈夫でしょう。スライド幅を計ってみると、製品案内通り22.5cm引き出せました。
 滅茶苦茶使い易くなったぞ~!

 つまり、こう言う事なのです。
 スライドレールの外レール(本体に取り付けてある方)と内レール(キーボード棚に取り付けてある方)の間に挟まっている黒い色のスペーサー(? ボールベアリングを平らにしたような感じなので、スライダーと言った方がいいのかも)はストッパー兼ステーホルダーで、コレはキーボード棚を引き出すと一緒に動いて、写真で見ると右側が外レールのストッパーに当たり、下の写真の位置で止まります。この時、内レールもストッパーがスペーサーの左側に当たってこれ以上引き出せなくなります。

Sr_01

 しかし以前は、キーボード棚を引き出すと、内レールが下の写真の位置に来た時にスペーサーの動きがメッチャきつくなって止まってしまい、全部引き出せなかったのです。

Sr_02

 要するに、私が購入した製品はスペーサーと内レールの動きが異様に堅くて全部引き出せなかっただけなのでした。外レールと内レールだけの構造ならシンプルなのでそんな事はないのでしょうが、態々間にベアリング状のスペーサーをかませて動きを滑らかにしてあります。価格が安い割には、この辺は手抜きせずにコストをかけてあります。私の場合はそれが逆に災いしたって事ですね。

 菊正宗のCMではありませんが、

 この製品を購入してスライド幅が製品案内より少ない! と、お嘆きの貴兄に、お教えします。堅いスライドレールは強引に引けば22.5㎝まで延びます。amazonのレビューにある「数ヶ月使用したらスライド幅が少なくなる」というのも、原因はこの辺でしょうか。

※2019/03/07追記
 その後、何度かキーボード棚の格納引き出しを繰り返していると、いつの間にか又スライド幅が短くなってしまいました。
 そんな時は、右手を上棚右側の手前に、左手をキーボード棚右側の奥に当て(手の左右はお好みで(笑))グッとキーボード棚を手前に引っ張るとスライド幅が伸びます。次いで左側も同じ様に引っ張ります。これで元通りに。
 これはスライドレールの構造的欠陥かな? 次製品ではこの辺を改良してください。次いでに、キーボード棚を手前に一杯引っ張った時、カチッと軽くストッパーがかかると有り難いのですが、コスト的に無理ですかね。

|

« 再びの雪 | トップページ | 大根 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PCラックのその後:

« 再びの雪 | トップページ | 大根 »