« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月17日 (月)

再び世界が輝いて見える

 と言う訳で、前回の検診時に、症状が進行しているかどうか一ヶ月後診せに来て下さいと言われ、予約していた眼科検診へ行ってきました。心臓血管外科と同じ病院なので、担当医の当番曜日が合えば1日で済んじゃうんですけどね。方や月曜、方や水曜ですから。
 今回も、眼圧、視力を測定後、散瞳する目薬を注された後で診察を受けました。
 で、喜んで好いのか悪いのか、結果は前回よりも良くなってはいないけど、悪くもなっていませんでした。
 飛蚊症が網膜剥離に直接つながる因子にはなっていないという事で一安心なのですが、但し左右共に網膜が一部薄くなって上に引っ張られている箇所があるそうで、この先そこが網膜剥離になるかどうかは不明なのだそうです。私の場合は偶々診察を受けたので分かったけれど、本人が気づかないだけで同じ症状の人は結構いるらしいです。なので、分かったからには症状が進行しているかどうか二・三ヶ月置きに診察してもらう事になりました。んで、行く時には、病院近くの親水公園がすっかり初夏の景色になっていたので、しばらく眺めていたけれど、

Dvc00024

Dvc00023

 帰る時には、散瞳する目薬がまだ効いていたので、こんな風に世界が輝いて見えました。眩しい。

Dvc00020

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

Sage++の代替えアドオン

 今更ではありますが……って、その前に、今日は「父の日」だったのですね。娘からのメールで初めて知りました。態々メールを呉れるなんてありがたい事です。で、話しは戻ってその今更ですが、以前はWindows機、Ubuntu機共にメインで使うブラウザはFirefoxでした。が、FirefoxがQuantumになって重宝していたアドオンが使えなくなり、その内の幾つかは代替えが見つかったけれど、フィードリーダーSage++ (Higmmer's Edition)の代替えは見つからなかったのでブラウザを「Waterfox」に変更したのは2017年11月18日の記事に書いた通りです。
 ま、Waterfoxを使い続けていれば不自由はないのですが、使ってみたいと思った新しいアドオンがWaterfoxでは使えない(Firefoxとしては古いバージョンなので)と言う事が有って、やっぱFirefox用のSage++風代替えアドオン、欲しいよね。って事で見つけたSage++の代替えアドオンです。Sage++の代替えを探しておられる方の参考になれば幸いです。

 先ずは本家の(本家はSageなんですけどね)Sage++ (Higmmer's Edition)

Sage

 私にとってはこれに勝るフィードリーダーは有りません。Higmmerさ~ん、Quantum版出して下さいよ~。

Brief
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/brief/

Brief

Drop Feeds
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/drop-feeds/

Drop-feeds

Sage-Like
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/sage-like/

Sage-like

 色々使ってみたけど、使い勝手がSage++に近いのはSage-Likeです。但し日本語化されていないので、チョット戸惑います。Drop Feedsは日本語化されていて、インターフェイスもSage++に似ていますが、左ペイン下のブログ内コンテンツをクリックしても右ペインに表示されないのはマイナス要素です。Briefは見た感じはSage++と違いますが、私が使いこなしていないだけで、ひょっとしたらこっちの方が高機能かも知れない。
 と、以上です。Sage-Like、誰か日本語化してくれないかな。

続きを読む "Sage++の代替えアドオン"

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

嬉しい知らせは本当だった

 と、訳の分からない記事を書いていますが、いいんです。嬉しい知らせを受け取ったのが今日だという覚書ですから。
 虎のプロレスラーは縞々パンツですよ。

| | コメント (0)

2019年6月14日 (金)

嬉しい知らせ

 かどうかは、明日にならないとハッキリしません。
 何の事だか分からないでしょう? でも、いいのです。明日が待ち遠しい。

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

皮膚科検診

「一週間経っても赤みが消えなかったら、必ず再診に来て下さい」
 と言われてから、二週間経ってしまいました。
 実は、痛くも痒くもないので、薬を塗るのをつい忘れてしまうのです。しかし、何となく色が薄くなった気がします。取り敢えずは現状を診てもらおうかとネットで予約して(ネット予約受付はAM8:00からなのですが、毎回AM8:00ジャストに送信しても、受付順番が十番目以降になっている)行ってきました。
「あ、これはもう大丈夫ですね、赤いのはその内徐々に消えていくと思います。副腎皮質ホルモンのお薬は、もう塗らなくてもいいですが、保湿クリームはもう少し続けて塗っていた方がイイと思います」
 え? 保湿クリームは全然使っていなかったのですけど……。そうか、だから四本も出してくれていたのか。「結果良ければ全てよし」って事でま、いっか。

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

三大怪獣 地球最大の決戦

 えー、先日「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を観てきて、CGで表現される怪獣と音楽には圧倒されましたが、ワクワクドキドキはしなかったって記事を書きましたよね。
 で、たまたま「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」の元ネタのひとつになっている「三大怪獣 地球最大の決戦」がアマゾンプライムビデオで公開されていたので再見しました。
 この映画を初めて観たのは遥か昔で、学校指定の映画だったので、冬休みに近所の友達連中と一緒に観に行きました。今観ると稚拙な特撮ですが、当時の私はワクワクドキドキして観ていました。何がって「キングギドラ」ですよ。霞沢辺りに落下した大隕石の調査隊が遭遇する不思議な現象。これは「キングギドラ」が出現する前触れに違いない、イヤが上でも期待をそそられます。しかし、ココでは「キングギドラ」は出現しません。三大怪獣が出現してもまだ姿を見せません。「ジョーズ」と同じで引張に引っ張ります。その間、新藤刑事とその妹や、セルジア国のサルノ王女に乗り移った金星人といったエピソードが続いて飽きさせませんが、ついに「キングギドラ」が隕石の中から現れる。これがもう、格好いいのです。やっぱり見せ方が上手い! 当時はガキんちょだった私達でさえ感じていた劣化した「ゴジラ」「モスラ」「ラドン」とは比べ物にならないくらいの圧倒的な格好良さ! 今でも「キングギドラ」が松本? を襲った時に、商店街の人が店のシャッターを慌てて下ろすシーンをハッキリと覚えていて、「三大怪獣 地球最大の決戦」を再見して、記憶に間違いがなかった事を確認しました。
 初代の「ゴジラ」「モスラ」「ラドン」はもっと格好良くてこんな体たらくではなかった。こんなモン「ゴジラ」でも「モスラ」でも「ラドン」でもない! と、言いながら観ていた私達の不満は「キングギドラ」の出現で綺麗サッパリと吹き飛ばされました。

 そして、実は私が一番気に入ったシーンはコレなのです。
 サルノ王女の護衛を命じられた新藤刑事が拳銃にマガジンを装填してホルスターにしまいます。

1_004

1_005

1_006

 コレを観て、思わず「あ!」と声が出ました。ここで貧弱な訳の分からないリボルバーなんか出されたら一気に興ざめですが、何とコレは「FN ブローニングM1910」(の、よく出来たステージガン)なのですよ。実は当時の友人のお父さんが刑事で、そのお父さんが持っていた拳銃が「FN ブローニングM1910」だったのです。だから日本の刑事さんは全てブローニングを携帯していると思い込んでいたので、コレを観た瞬間、私の頭の中では「新藤刑事」=「本物の刑事」に変換されました。圧倒的な強さのキングギドラとブローニングを持っている新藤刑事。これだけで充分満足して映画を観ていました。
 東宝さ~ん、レジェゴジでのリメイクも素晴らしいのですが、ここは一つ本家東宝特撮映画として「三大怪獣 地球最大の決戦」をリメイクして下さいよ。

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

あ〜、もう六月だよ

 と言う事で、何もしない内に(仕事はしてるけどね)6月になってしまいました。これで一年の半分が無為に(だから仕事はしてるけどさ)過ぎてしまった訳です。
 本日は心臓血管外科での検診日でした。今回は尿酸値が少し高くなっていました。これから夏に向けてビール、ヤバイな。
  それと、ざっくばらんで感じが良かった今までの担当医が退職されるので次回から新しい担当医になります。そんだけ長く通ってんだね。
 
 さて、ココログの方は、3月のリニューアル失敗以来、ほとんどの不具合に対し何の改善もなく、もはやこれがココログの仕様と化しています。
 改善されていない不具合の中でも最高なのがコレ。
 リッチテキスト画面で記事を書く時に右クリックでカット・アンド・ペーストとかを使おうとしたら、こんなモノが表示されます。

Coco_nifty_001

 画面には「お使いのブラウザ」と書かれていますが、テストしたらFirefox、Chrom、等々入手可能な全てのブラウザでこの表示が出ます。唯一Internet Explorerでは「貼り付け」が出来ますが、貼り付けたテキストの後に勝手に「<br />」が入って強制的に改行されるので全く使い物になりません。同じブラウザでGoogle検索をする時には、検索文字入力でカット・アンド・ペーストとコピー・アンド・ペーストは、フツーに出来るので、これは「お使いのブラウザ」ではなく「ココログでは」と表示を変更すべきです。そう、ココログのリッチテキストエディタだけがクリップボードを利用出来ないのですよ。しかし……もはやMicrosoftからも切り捨てられようとしているInternet Explorerが、ココログにとっては相変わらずのメインブラウザなのですね。
 でも凄いでしょう? 今の時代にコンテキストメニューから選択箇所のコピーも切り取りも出来なくて、その上貼付も出来ないのでキーボード・ショートカットを使うエディタが有るなんて信じられますか? こんな事を直せないココログは、ヤバイな。って、あ、コレはココログの仕様なので直さないのでしたね。リッチテキストエディタを使わず、通常エディタで入力する時はコンテキストメニューからのカット・アンド・ペーストもコピー・アンド・ペーストも出来るので、「お使いのブラウザでは」ってのは納得出来ませんけど。

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »