« あ〜、もう六月だよ | トップページ | 皮膚科検診 »

2019年6月 8日 (土)

三大怪獣 地球最大の決戦

 えー、先日「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を観てきて、CGで表現される怪獣と音楽には圧倒されましたが、ワクワクドキドキはしなかったって記事を書きましたよね。
 で、たまたま「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」の元ネタのひとつになっている「三大怪獣 地球最大の決戦」がアマゾンプライムビデオで公開されていたので再見しました。
 この映画を初めて観たのは遥か昔で、学校指定の映画だったので、冬休みに近所の友達連中と一緒に観に行きました。今観ると稚拙な特撮ですが、当時の私はワクワクドキドキして観ていました。何がって「キングギドラ」ですよ。霞沢辺りに落下した大隕石の調査隊が遭遇する不思議な現象。これは「キングギドラ」が出現する前触れに違いない、イヤが上でも期待をそそられます。しかし、ココでは「キングギドラ」は出現しません。三大怪獣が出現してもまだ姿を見せません。「ジョーズ」と同じで引張に引っ張ります。その間、新藤刑事とその妹や、セルジア国のサルノ王女に乗り移った金星人といったエピソードが続いて飽きさせませんが、ついに「キングギドラ」が隕石の中から現れる。これがもう、格好いいのです。やっぱり見せ方が上手い! 当時はガキんちょだった私達でさえ感じていた劣化した「ゴジラ」「モスラ」「ラドン」とは比べ物にならないくらいの圧倒的な格好良さ! 今でも「キングギドラ」が松本? を襲った時に、商店街の人が店のシャッターを慌てて下ろすシーンをハッキリと覚えていて、「三大怪獣 地球最大の決戦」を再見して、記憶に間違いがなかった事を確認しました。
 初代の「ゴジラ」「モスラ」「ラドン」はもっと格好良くてこんな体たらくではなかった。こんなモン「ゴジラ」でも「モスラ」でも「ラドン」でもない! と、言いながら観ていた私達の不満は「キングギドラ」の出現で綺麗サッパリと吹き飛ばされました。

 そして、実は私が一番気に入ったシーンはコレなのです。
 サルノ王女の護衛を命じられた新藤刑事が拳銃にマガジンを装填してホルスターにしまいます。

1_004

1_005

1_006

 コレを観て、思わず「あ!」と声が出ました。ここで貧弱な訳の分からないリボルバーなんか出されたら一気に興ざめですが、何とコレは「FN ブローニングM1910」(の、よく出来たステージガン)なのですよ。実は当時の友人のお父さんが刑事で、そのお父さんが持っていた拳銃が「FN ブローニングM1910」だったのです。だから日本の刑事さんは全てブローニングを携帯していると思い込んでいたので、コレを観た瞬間、私の頭の中では「新藤刑事」=「本物の刑事」に変換されました。圧倒的な強さのキングギドラとブローニングを持っている新藤刑事。これだけで充分満足して映画を観ていました。
 東宝さ~ん、レジェゴジでのリメイクも素晴らしいのですが、ここは一つ本家東宝特撮映画として「三大怪獣 地球最大の決戦」をリメイクして下さいよ。

|

« あ〜、もう六月だよ | トップページ | 皮膚科検診 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あ〜、もう六月だよ | トップページ | 皮膚科検診 »