« 猫ちぐらとドラゴン | トップページ | 蝶が眠る場所(ところ) »

2019年7月30日 (火)

SHURE SRH440用交換ケーブル

 以前購入したSHURE ヘッドホン SRH440は、主にUbuntu機で使用していますが、ネットでも悪評の付属カールコードが重くて下に垂れ下がってしまい、PCのヘッドホン差し込み口に縦に差してあるジャックが引っ張られて接触が悪くなり、音が途切れるようになりました。で、コレは拙いぞとストレートケーブルに交換する事にしました。
 しかし、正規品のケーブルは少し高くて、しかも長さが2.5Mもあります。そんなに長いのはいらないのでGotorの交換ケーブルにしました。これだと長さが1.2Mで、SONY MDR 1RMK2のケーブルと同じ長さです。しかもこっちの方が高級感があります。

Srh440_01
Srh440_03

 取り替えての使用感は最高、音はカールコードと変わらないけど、常に下に引っ張られるストレスから解放されるのがこんなに楽だなんて、こんな事なら最初からコレを買っておけば良かったと少し後悔しています。だけどケーブルを買ったら予算の1万円をオーバーするから止めたのですが、ヘッドホン差し込み口を痛めてしまったのでは何にもなりません。

 と言う事でUbuntu機のヘッドホンは一件落着。で、Windows機で使っているSONYのMDR 1RMK2が、購入したのが2014年なのでさすがに経年劣化でヘッドバンドやイヤーカップが傷み始めました。こうなったら加速度的に傷みがひどくなるので、そろそろ買い換えかなと思っています。購入候補としては、SRH440が音漏れしない密閉型なので、Windows機はオープンエアー型にするつもりです。以前と言うか大昔に、YAMAHA HP-1と言うヘッドホンを使っていて、すごく気に入っていたので、同じYAMAHAのHPH-200辺りが狙い目かな? でもデザインは今見てもHP-1の方が絶対カッコイイ。黒いヘッドバンドに白く画かれたYAMAHAのロゴとマリオ・ベリーニのサインがゾクゾクするほど素敵でした。無理だろうけど、同じデザインで再販してくれないかなー、ドライバーユニット違ってもイイから。

|

« 猫ちぐらとドラゴン | トップページ | 蝶が眠る場所(ところ) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猫ちぐらとドラゴン | トップページ | 蝶が眠る場所(ところ) »