パソコン・インターネット

2019年2月16日 (土)

PCラックのその後

 購入して1カ月が過ぎたサンワサプライ製PCラックのその後です。

 購入時の記事に書いたように、スライド式キー-ボード棚のスライド幅が少なくて不便でした。サンワサプライの製品案内にはスライド幅は22.5cmとあります。

Sx300_

 しかし、実際には18cmしか引き出せません。

Np_01

Np_02

K1

 これではファンクションキーが打ちづらいし、マウスのスクロール操作をする度に人差し指が上の棚に当たってしまいます。このまま使い続けるとイライラが募るばかりです。
 そこで、スライドレールのストッパーを外してみる事にしました。キーボード用の棚を外し、スライドレールを取り外します。後ろ側のストッパーを折り曲げて真っ直ぐにし、内側のレール(キーボードの棚を取り付けているレール)を引き抜こうとしましたが、どうやっても抜けません。なので、今度は前に抜いてみる事にしました。しかし、これも堅くて抜けません。が、内側のレールは前より伸びています。ん? 何だコレ。もう一つのスライドレールも内側のレールを思い切り引っ張ったら同じように伸びました(^_^;)
 とりあえずこのまま組み立てます。

Nc_01

Nc_02

K2

 オッ! コレなら大丈夫でしょう。スライド幅を計ってみると、製品案内通り22.5cm引き出せました。
 滅茶苦茶使い易くなったぞ~!

 つまり、こう言う事なのです。
 スライドレールの外レールと内レールの間に挟まっている黒いプラスチックの部品がストッパー兼ステーホルダーで、コレはキーボード棚を引き出すと一緒に動いてこの位置で止まります。

Sr_01

 しかし以前は内レールと一緒に動くはずのストッパーが堅くてこの位置で止まってしまい、全部引き出せなかったのです。

Sr_02

 よく見ると、微かにグリスが塗ってあります。要するに、私が購入した製品は異様にレールが堅くて全部引き出せなかっただけなのでした。

 菊正宗のCM

 ではありませんが、この製品を購入してスライド幅が製品案内より少ない! と、お嘆きの貴兄に、堅いスライドレールは強引に引けば延びてくる。
 お役に立てたら幸いです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月11日 (月)

7年振りの一太郎

 と言うより、7年ぶりのATOKが正しいですね。一太郎2012 承 プレミアムを購入したのは、コチラの記事に書いている通りで、バージョンと同じ2012年。この時はATOKと同梱フォントのヒラギノフォントが欲しいという不純な動機で購入したのですが、あれから7年、再び一太郎の購入です。ATOK単体での販売はATOK 2017までなので、最新版のATOK2019が欲しくての購入です。ATOK 2017はAAA優待版のダウンロード購入価格が¥4860。常に最新版が使えるけど使用料月払いのATOK PASSPORTは、仮に三年使うとしてベーシック版で¥286×36ヶ月で¥10296。そして最新版のATOK2019が同梱されている一太郎2019は、バージョンアップ版のダウンロード購入で¥6480。一太郎を使う事は滅多にないけど、ハガキの宛名印刷には拡張機能の「楽々はがきセレクト」を使っているので、一太郎がオマケで付いていると思えば妥当な金額かと。これで三年使えば安いものです。

 早速ダウンロード版を購入してインストール。
 Windows7用ですからWindows10で使うと少し浮いていたATOKのアイコンもこんな風にスッキリしました。
 コチラはWindows7で使っていたATOK2011のインジケーターアイコン。

A_n

A_f

 で、コッチがWindows10のATOK2019アイコン。

Atok20192

Atok2019

 他のアイコンに合わせたフラットなモノトーンのアイコンです。

 で、ATOK2019ですが、第一候補に必ず英語が出て、日本語を選択するには「0」キーを押さなければいけなかったり(設定で英語辞書を外してもダメでした)、少し馬鹿になってとんでもない変換候補を出すようになったATOK2012の設定と辞書を引き継いだけど、心配した第一候補は英語ではありませんでした。これだけでもATOK2019にした甲斐があります。ATOK2019でウリの「もりおうがいのおう」で「鴎」を出せるかやってみたけど、「もりおうがいのおう」と入力するだけで推測変換の第一候補で出てきます。

Henkan_0

 難しい文字でなくても「あおもりのあお」で「青」「とうきょうのとう」で「東」が出ます。

Henkan_2

 更に「東」を打ち直そうとして間違ってキーを「HIGADI」→「ひがぢ」と入力してしまったら、何と推測候補に「東」と出て驚きました。再現するとこうなります。

Henkan_1

 便利だけど、これで益々漢字を忘れてしまいそうです。

 さてさて、今日は同僚が「調子が悪くなったパソコンをみて欲しい」と、パソコンを抱えて遊びに来ました。
「調子が悪いって何が?」
「うん、ログインパスワードが分からなくて」
「は? それはオレにもどうしようもないよ」
 あやふやな記憶を頼りに、何度かパスワードを入力してもらいましたが、すべてアウト。
 こうなったら、数年前の記事「ログインパスワードを忘れた!」でやったように、パスワードを消去するしかないかな? と思いまして、実行する前にもう一度思い付くパスワードを入力してもらったら、何と、今度はログイン出来ました。
 どーして、どーして? って言われても、思い付く事は、自宅とココへ来たときのどちらでも誤入力していたって事しかないんですけど。
「今日からパスワードを紙に書いてパソコンに貼っておくかな」
 って、アンタは「レディ・プレイヤー1」のノーラン・ソレントか? それじゃパスワードの意味がないでしょうが。

※この記事内で「角川類語新辞典 for ATOK」と「共同通信社 記者ハンドブック辞書」が使えないと書きましたが、環境設定を初期値に戻したら「角川新類語辞典 for ATOK」は使えるようになりました。「共同通信社 記者ハンドブック辞書」は「共同通信社 記者ハンドブック辞書 for ATOK17」だったので、「ATOK17」でしか使えません。購入価格の¥5040はドブに捨てたことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

PCラックとファンヒーター

 余り物PCのUbuntu機で使っているパソコンラックのネジ部は錆び、棚板も表面がめくれたりと経年劣化がひどくなって、新しく購入する事にしました。出来れば¥10000以下で。
 使用中のラックは数十年前のものなので、同じものは販売されていません。
 サイズと形状が近いのはサンワサプライのコレで、ただしフレームは黒です。

Sanwacopy

 検索してみると、この型番RAC-EC12は¥15000〜¥20000位で売られているので、チョット手が出ません。予算は¥10000以下ですから。
 そこで、Amazonでギリギリ¥10000以下で販売している型番100-002を購入しました。と言うか、単にデザインが気に入ったからですが。

100002

 設置するとこんな感じで、黒のフレームと木目調の棚板がいい感じです。

Rack_01

 が……一番下の金属製の棚にはPCを縦に置けないので横にしています。
 更にもう一つ、キーボード用の引き出し式の棚が、20cmしか引き出せません。
 目一杯引き出してもファンクションキーが辛うじて見える程度です。

Key_02

 しかも、今まで使っていたエレコムのマウスパッド"COMFY" ハードを使うと、マウスの位置が高くなって人差し指が上の棚板に当たります。

Key_01

 少なくともあと5cm引き出せると完璧なんですがね。

 さて、今日は娘が遊びに来るので、急遽ガスファンヒーターを購入しました。ここ数日、寒い日が続きしかも我が家には暖房器具がないときているので、この際にと思い切って購入。
 購入したのは大阪ガスの型番140−5862という製品です。
 これはノーリツのGFH-2404SのOEMですから、大阪ガスではなく東京ガスの地域でも使用OKです。ガスファンヒーターなるものは初めて使いましたが、こんなにコンパクトながら、スイッチを入れるとアッという間に暖かくなります。しかもエコスイッチを入れていると、設定温度になったら徐々に温度を下げるセーブ運転になり、一旦スイッチが切れます。その後設定温度以下になったら再度自動的に運転スイッチが入ります。¥10000チョイの製品にこんな機能が付いているなんて驚きです。ガスが燃焼する時に水分が発生するので、加湿の必要が無いとかで、実際夜中にガスファンヒーターを使っていると窓ガラスが結露します。ただし、換気は必要だそうですが。

Fan_9

Fan_04

 と、購入して大満足のファンヒーターですが、購入後は晴天続きで、しかもこの部屋は南向きの全面ガラス窓ですから、いや暖かいのなんのって……今日もポカポカ陽気で暖房要らなかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月27日 (土)

Illuminated Keyboard K740

 本日届きました。早速使ってこの記事を書いています。
 箱を開封して驚いたのが、薄いのに重い事です。重量約1Kg。しかし重いので使用中にキーボードが不用意に動くことがありません。この安定感はいいですね、キー入力に集中出来ます。
 だけど、キーボード本体の上部と左右に付いているクリアプラスチックの縁取り? がなんのために付いているのかよくわかりません。
 使ってみた感想は、メチャクチャ入力しやすいです。そして、笑っちゃうくらい質感がいいです。キーに指を載せた瞬間に「あ、これは違う」と感じます。手触りが、1000円2000円のキーボードと比べると雲泥の差です。2000円のキーボードを3つ買って「あー、失敗した」と思う前に最初からこのキーボードを買うことをお勧めします。と言うのは、自分の事ですが(^_^;)
 キートップに「平仮名」の刻印がなくて、見た目がスッキリしている事と、「Backspace」キーの右に有る「Delete」キーが縦長で大きいのも「Delete」キー多用派の私には嬉しいです。だから、タッチ・タイピングが今まで以上に楽に出来ます。
 「FN」キーとの併用ではなく、単独のスピーカーの音量調節キー(ミュートキーも)が付いているのも気に入っています。
 謳い文句の「イルミネーション」は、なくてもいいと思ってましたが、キートップの文字は白い文字で刻印されていないので、発光させないとグレーに見えます。発光させると白く見えるので、これはこれで良いのかも知れない。キートップがすり減って文字が見えなくなる事もないでしょうから。
 とにかく、軽いキータッチで使いやすいです。逆に言えば重いキータッチが好みの方には向いていません。
 細かな事は、下の動画サイトさんを見て頂くとよくわかります。皆さんべた褒めですね。



 ロジクールのロゴが変わったからでしょうか、私が購入したK740は外箱の写真がCZ-900の使い回しではなく新しいものになっていました。パームレストのロゴも「logi」になっています。このロゴの方がスッキリしている。

Logi_02

K740
 あと3センチパームレストが大きければ言うことないんだけどなー。多分経年劣化でラバーコーティングがベチャベチャになると思うけど、その時は買い替えかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

突破口とDVDドライブ

 17日に3枚のDVDを購入した翌日に、何と! Ubuntu機(余り物PC)に積載していたDVDドライブがオシャカになりました。オシャカになったドライブはLITEONのiHES208-27 (BD読込/DVD書込対応)です。購入後に知ったのですが、神ドライブと呼ばれていたそうです。当然ながら、今では生産終了品です。購入したのが2010年11月15日ですから、8年弱は正常に作動してので、購入価格¥6,940の元はしっかりと取ったと思います。
 で、代わりのドライブは何を購入しようかと思案の末、ディスクを焼く時はWindows機のBDR-208JBKで焼くので、Ubuntu機(余り物PC)のドライブはDVDの再生ができれば御の字って事で、またしても安価なLITEONのiHAS324-17/Aにしました。届いて使ってみましたが、¥ 1,817ですから安かろう悪かろうと思っていたら、DVDビデオの再生時も作動音は静かで、可もなく不可もないフツーのドライブでした。これで1年もってくれたら、言うことはありません。
 アマゾンでこのドライブを購入する時に、偶然、昔から欲しかったドン・シーゲルの「突破口」がBlu-ray Discで発売されているのを知り(ほしい物リストに入れていたのは、DVDのしかも中古品で、オマケに高かった)迷わず一緒に購入しました。
 この映画は、昔々のそのまた昔、映画好きの兄貴に誘われて、二番館落ちだか三番館落ちだかの名古屋の映画館で観ました。併映はリー・マーヴィンの「ブラック・エース」。2本ともあまり期待していなかったけど、どちらもメチャクチャ面白かった。さすが映画好きの兄貴のおすすめです。「ブラック・エース」の、ひまわり畑での銃撃戦のシーンで兄貴が「何かSFっぽくないか?」と言ったのを今でも覚えています。「突破口」が面白かったので、未見だった「ダーティハリー」が再映された時に、即観に行ったのも懐かしい思い出です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月22日 (土)

MATEのVLC

 パソコンを知らない人が見たら、訳がわからないタイトルですが、インストールしたMATE18.04にはデフォルトでVLCメディアプレーヤーが入っています。ところが、動画ファイルを開いても、一瞬起動してすぐに終了してしまいます。ま、こういう時の常套手段としてはソフトの再インストールですね。Software boutiqueから削除後、再起動して再インストールしました。しかし症状は変わりません。Synaptic パッケージマネージャからインストールても同じです。
 そこで、VLCの公式サイトへ行き、サイト上からインストールしました。さすが公式サイト、今度は正常に起動して動画ファイルもDVDも再生できます。

Vlc_02

 しかし不思議な事に、スタートメニューには登録されていますが、

Vlc_04

 Synaptic パッケージマネージャで見てみると、プレイヤー本体はインストールされていない事になっています。

Vlc_01

 Synaptic パッケージマネージャからインストールした時も同じ症状だったから、インストールされていない事になってるほうがイイっちゃーいいんですけど。
 さて、これで全てが上手くいくかといったら、そうは問屋が卸さない。
 増設ドライブのWD10にある動画ファイルを開こうとすると、

Vlc_03

 再生出来ません。同じファイルを起動ドライブにコピーしてそれを開くと再生出来るので、WD10かVLCメディアプレーヤーのどちらかで設定すればいいと思いますが、方法が分かりません。以前MATE16.04をインストールした時も同じ状態で、その時どうやって解決したか忘れてしまいました。
 これも例の「イキナリUbuntu化」が原因でしょうか? そうだとしたらMATEの再再インストールが良策かな?







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

MintからMATEへ……あれ?

 少し前からLinux Mint(以下Mint)のシステムがおかしくなって、インプットメソッドから日本語が消えたり、いきなり再起動したりするようになりました。こうなったら、あちこちをいじり回すより再インストールした方が手っ取り早いので、再インストールにあたって今回はUbuntu MATE(以下MATE)をインストールする事にしました。
 今まで使っていたMintは、自分好みにカスタマイズして使いやすかったから惜しい気もしますが、AMDGPU-Pro Driver for Ubuntuのインストールで対象OSではないと弾かれたり、他にもインストール出来ないソフトがいくつかあったので、MATEで再チャレンジと言う事で。

 世間さまが連休の時は、しっかりお仕事でした。連休明けに二連休を頂きまして、早速インストール開始です。
 HDDをフォーマットしてMATEをインストール。とりあえずフツーにインストールが完了して、MATEを起動させます。まずはアップデートを促されてるのでアップデートファイルをインストールして再起動。
 Mintと比べてMATEは通知領域のアイコン間隔が間延びしています。さらにMOZCを起動させると、アイコンがはみ出します。その解決方は後で探すとして、MOZCの左にあるアイコンが何のアイコンか分かりません(^_^;)

1_001

 Mintに慣れてしまったので、チョット違うMATEのファイル操作法に戸惑いながら、バックアップしていた画像や映像のファイルをコピーし、Mintで使っていたソフトをインストールしたりで数時間。あ、画像はMATEの方が綺麗に表示される気がする。最後にazpainterb-1.1.0をビルドしてインストールし、スタートメニューに反映させるために再起動します。
 で、起動した画面は……。

Screenshot_from_20180918_212549_res

 は? 何これ、ひょっとして……GNOMEのUbuntu?。アクティビティをクリックすると、トップバーの色が青から黒に変わります。と言うか、背景色がUbuntuのエンジ系ではなく青ですが、

Screenshot_from_20180918_213030_res

 これは間違いなく普通のUbuntuです。しかし、MATEにインストールしたazpainterやゲームのアイコンが表示されてます。
 確認してみると、MATEが入っていません。

Screenshot_from_20180918_214937_res

 訳が分かりません。電源アイコンの横の▼をクリックするとMATEのグリーンの壁紙になってMATEで起動するかUbuntuで起動するか選択してパスワードを入力する画面が出てきます。あ、ひょっとしてフレーバーの違いって、UbuntuにCinnamonを入れた時と同じで、裏で普通にGNOMEのUbuntuをインストールして見た目だけを変えているって事なの? とりあえずパスワードを入れMATEを選択します。しかし起動時にMATEのアイコンが表示された後、再びUbuntuのデスクトップに戻ってしまいます。
 Ubuntu18.04って使い辛いので、気が重いけど再インストールする事にしました。MATEをインストールしてまたこうなったらイヤなので、今度はMintのインストールDVDをセットして再起動。最初からMintにしておけばよかった……アッ! BIOSをDVD起動にしていない。これじゃ、またUbuntuで起動してしまう。
 と、思ったら……ありゃ?

1_005

 何と! MATEで立ち上がりました。
 確認してみるとキッチリMATEが入っています。

_007

 更に確認してみると、「Ubuntu-MATE 18.04.1」のメディアを使ってインストールされたことが記録されています。

Mate_001

 じゃあ、あのUbuntuは誰がインストールしたんだよー。
 その後、数回再起動を繰り返しましたが、MATEで起動します。
 ではUbuntuはどこにいったのでしょう? と言うか、そもそもどこから来たのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

Mint19にWine

 7月3日にLinux Mint19を入れた時、一緒にWineもインストールしました。しかし、これが上手く起動してくれません。Wineのインストールは完了されているのに、SetupのEXEファイルを右クリックしても「Wine Windowsインストールローダーで開く」が表示されないのです。これではソフトをインストールする事は出来ません。で、Mint19での利用を諦めて(Ubunt MATE18.04でも同じでした)いたら、Ubuntu日本語フォーラムでこんな質問を発見。

Wineがバージョン1.8以上までアップデートできない

 早速回答者さんの書き込み通りに実行したところ、見事! Setup用EXEファイルの右クリックメニューに「Wine Windowsインストールローダーで開く」が表示されました。

Ws1_004

 初回実行時に、不足している2つのファイルを追加インストールするようにと表示されるので、表示されたインストールをクリックして追加インストール(geckoとMonoだったかな?)が完了すると、インストールローダーが立ち上がり無事ソフトがインストールされました。スタートメニューにも登録されています。ついでにパネルにも登録しました(ゴミ箱の隣のアイコンです)。

Ws1_003

 以下備忘録 Wine 3.0.2をインストールするコマンド

sudo dpkg --add-architecture i386
wget -nc https://dl.winehq.org/wine-builds/Release.key
sudo apt-key add Release.key
sudo apt-add-repository https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/
rm Release.key
sudo apt update
sudo apt install winehq-stable

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月29日 (水)

Windows10 1803

 最近はUbuntu機(以前はMATE、今はLinux Mint)をメインで使うので滅多にWindows機を触らないのですが、Windows Updateをチェックするために毎日起動はしています。
 で、そのWindows Updateです。開いてみるとこんな画面になります。

2_1

 しかし、Windows10 version 1803のインストールは延々とエラーを出し続けます。

1

 これはWindows10 version 1709の時と全く同じです。インストールの準備が始まって数十分でこのエラーが出ます。なので1709は更新アシスタントを使って手動でインストールしました。1803も同じ方法で手動インストールします。

Assistant

やり方はこちらのサイト様が参考になります。
パソブル
Windows 10 April 2018 Update ダウンロード 手動アップデート

クラウドワーク合同会社
Windows 10 1803に勝手にアップデートされてしまう前に、手動で確実にアップデートする。

 今回もディスクを使わず、更新アシスタントを使ってインストールしました。更新には2時間位かかり、再起動を数回繰り返します。これがWindows Updateでは数分後に一回の再起動でエラーになるのがそもそもオカシイ。

 そんなこんなで、無事version 1803にUpdateされました。

Ver1

 しかし……その度にWindowsの起動時間が長くなっていくのは如何なものかと……。スイッチオンでWindowsを起動させ、スタートアップに登録しているソフトが全て立ち上がって、デスクトップ画面が正常に表示されるまでに4分……。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月28日 (火)

サウンドカード逝った

 Windows機のマザーボード(Sabertooth 990FX)にはオンボードでRealtek ALC892と言うサウンドチップが載っていますが、ドライバー付属のRealtek HD オーディオマネージャーが使い難いのでASUSのXonar DGを増設して使っていました。

 Xonar DG
Asua_dg

 購入価格は2880円でしたが、ユーティリティのXonar DG Audio Centerが使いやすく、効果の程が如何わしいと思っていたドルビーヘッドホンは、ONにすると360度から音が聞こえてくる劇的な効果で、すっかりハマっていました。
 しかし、PowerDVD18を入れてBlu-ray Discを再生しても、音が出ません。最初はPowerDVDを疑ったのですが、再起動すると、Xonar DGを認識しません。以前に一度動かなくなって、その時はPCIのスロットを変えたら奇跡的に復活しましたが、今回は駄目でした。ま、2880円で6年チョイもってくれたから、良しとします。
 同じものを購入しようと思ったら、この型番はすでに廃番で、同じタイプで残っているのはXonar DGXのみ。

 Xonar DGX
Asus_dgx

 価格もamazonではXonar DGの倍以上です。どうしようかな〜と思案中。
 取り敢えずはRealtek ALC892で我慢、我慢です。にしても、Realtek HD オーディオマネージャーがカス。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧