日記・コラム・つぶやき

2018年12月11日 (火)

寒中、メガネを作りに行く

 二ヶ月ほど前に、メガネの右側のテンプル(つる)とリムを繋いでいるヒンジがポロッと取れたと言うか、折れてしまいました。
 視力は裸眼で0.8なので、夜間運転する時はメガネを使用しています。
 が、数年前にメガネをシートの上に落とした事に気付かず、そのまま座ってしまい、リムは無事でしたが、ブリッジもテンプルもグニャグニャに曲げてしまいました。幸い、購入店さんが何とか修正してくれたのですが、よく直ったと感心する位ひどい状態だったモノを直してもらったので、その時ヒンジとリムの接合部の強度が落ちたのだと思います。
 で、そのまま使っている内に、とうとう限界を超えたんですね。メガネをかけて運転中に何の前触れもなくイキナリ、右側のヒンジがポロッと外れてテンプルが落ちてしまいました。左側は無事だったのでメガネが外れる事はなかったけど、いや焦りました。
 取り敢えずは、夜間は左側のテンプルだけのメガネで運転をしていましたが、段々と陽が短くなるにつれ、メガネを使用する時間が長くなり、このままではマズイので、新しくメガネを作る事にしました。

 一週間前は気温二十三度だったのに、今日の気温は六度。寒い中、例によって自転車で眼鏡屋さんへ。前回と同じ眼鏡屋さんへ行ったので、前回の検眼データが有りますから、同じレンズでしたら検眼せずに即作成できますが、チョット右眼の視力が落ちている気もするのも含めて気になることが有ったので再度視力検査をしてもらいました。

 私の利き目は右目ですが、今回の検眼では視力も含めて右目より左目の方が性能が良い(笑)と言われました。例えば視点を移動させた時、左目は瞬時にピントが合いますが右目は一瞬遅れるのです。左右同じ視力に矯正しても、左目のほうがよりクッキリスッキリ見えます。同じ速度で走っても軽トラと排気量が大きな乗用車とでは、乗り心地や走りが違うのと同じです。それに、最近気付いたのですが、同じ対象物を見ても左右でその位置が違って見えるのです。これは上下斜位といって、プリズム矯正という方法で矯正出来るのだそうです。
 と言う事で、年齢的にガタが来ている目なので、無理しない程度に矯正してもらいました。ただし、プリズム矯正のレンズは特殊加工なので出来上がりは一週間後です。それまで左のテンプルを折らないように気をつけなくてはいけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

今年最後の検診

 自転車をこいで病院へ行くのも今年はこれが最後。
 途中で腕時計の電池が切れて、止まっているのに気づく、って着けた時に気づけよです。携帯も忘れてきたので、時間が分かりません。
 取りあえずは前回の同日診察&健康診断後に自転車屋さんへ直行した時同様チャルダッシュではなくチャリダッシュで予約時間前に到着しました。
 前回尿酸値が高かったので、血液検査の結果が気になったのですが、何と! 全ての値が基準値以下でした。これまでは、どこかしら値が「ま、これ位なら大丈夫でしょう」という程度にチョット高い項目が一つか二つは有ったけど、全く無いと言うのは多分初めてじゃないかな?
 検診は今年は終わりですが、一年ぶりのエコー検査が残っています。これで血栓が全部消えていたら、万々歳なのですが……検査は来週です。
 帰りに、近所のスーパーで腕時計用のボタン電池を買ってきて、早速取り替えました。今日はもう時計、使わないのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月26日 (金)

amazonの買い物

 正月休みでさえ二連休なのに、何と三連休。だからと言って何の関係もありませんが、amazonで色々買い物しました。
 まずは「サウンドカードが逝った」に書いたASUSのXonar DGを。生産終了品なので中古品で購入しました。実は昨日の夜に注文したのですが、驚いたことに今日の昼に届きました。ハヤッ! 早速取り付けて、現在使用中。 
 次はLOGICOOL イルミネートキーボード K740。Ubuntu機で使用していたUSB Keyboard with UltraNavが壊れてしまい、Windows機で使っていたエレコム TK-FCP080BKを取り外してUbuntu機で使っていました。が、キートップがフラットなアイソレーションキーボードなのでよくタイプミスをやらかします。これがレノボのThinkPad トラックポイント・キーボー ドのようにキートップが少し窪んでいたらそんな事はないのかもしれません。あるいは私の使い方が悪いのか? そんなこんなで、本当はUSB Keyboard with UltraNavがいいのですが、とっくの昔に生産終了しているので、中古品でも入手は困難です。私の場合テンキーは必須なので、以前から気になっていたK740を購入することにしました。これは、明日届きます。使用感はその時に。
 お次はハンコです。シャチハタ データーネームEX15。これは、同じものを仕事で使っていて、どこかで落としてしまい、必要に迫られての購入です。以前使っていたブラックは高いので、安価なアイボリーにしました。この製品はデータネームスタンプとしての完成度が高いです。
 もう一つ。先日購入した「突破口」が面白かったので、「ブラック・エース」のBlu-rayも買っちゃいました。ひまわり畑の銃撃戦とシシー・スペイセクが出ているシーンしか覚えていないので、もう一度見たかったからでもあります。
 どちらも明日・明後日に届く予定です。「ブラック・エース」の感想はその時に。
 さて、今日もそろそろ終わって、休日は残り二日。明日は何をしようかな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月18日 (木)

肩の荷が降りた日

 長い間肩にのしかかっていた最後の荷物が降りた。
 これでホッとするかと思ったら、長い間思い悩んでいた事があっけなく、しかも最善の形で解決して、少し戸惑い気味。
 いや、待てよ。もう一つ有った……。ホッとしないのはコレのせいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

むか〜しの映画

 アマゾンでDVDを購入しました。
「ベニー・グッドマン物語」「グレン・ミラー物語」「五つの銅貨」
 全部大昔に「日曜洋画劇場」で観た作品です。記憶では面白かった順は「五つの銅貨」「グレン・ミラー物語」「ベニー・グッドマン物語」でした。世間さまの評判もだいたい同じだと思います。「五つの銅貨」は「魔法の靴を履いたように〜クイック思わず踊りだしちゃう♪」という日本語の歌詞を、何と! 今でも全部覚えていますから。
 が、予想に反し今観ると意外なことに「ベニー・グッドマン物語」が面白いかった。と言うか、音楽が素晴らしい。
 どの作品も皆さん芸達者ですけど、「ベニー・グッドマン物語」はお母さん役のバータ・ガーステンがいい感じです。
 このシーン、思わずニンマリとしてしまいます。

Benny_1

Bg2

 相手役のドナ・リードも綺麗な女優さんです。昔の役者さんって、台詞ではなく眼や体の動きだけで感情を表現するのがうまいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

三連休中日

 昨日は大掃除。養父の一周忌から、全く部屋の掃除に手をつけていなかったので、大変でしたが、綺麗サッパリ。やはり綺麗な環境いると気持ちも軽くなります。
 そこで、書き滞っていた「男子寮の日々」の追加を書こうとしたら、近所の「大島」さんから仕込みの匂いが……。
 うわ! 「大島」さ〜ん、何時もの事ながら、お昼時にこの匂いは酷ですよ。めっちゃ味噌ラーメン食べたくなるじゃないですか! と言って下へ降りて「大島」さんの前に行っても、開店ン時間前なのにお客さんがすでに三十人位並んでいるんですよね。だからご近所なのに、今まで一度も食べたことがありません。美味しいんだろうなー、いつか食べてみたいなー。
 さて、今日は久しぶりに会社の同僚が、調子が悪くなったパソコンを見てほしいということで我が家に来てくれます。あー、昨日掃除してて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

チコと鮫のDVDが届いた

 発売日に届くかと思っていたら、届いたのは今日でした。
 アマゾンのレビューでどなたかが「片面一層のMPEG2なので画質は期待していないけど、作品としてはおすすめ」と書いていらっしゃいましたが、その通りで画質は悪いです。しかも、フルサイズかと期待していたら、左右がカットされたビスタサイズでした。
 しかし、色は綺麗です。Power-DVD 18で再生するとドギツイくらいに濃い発色です。彩度とコントラストを下げたほうが自然な色で見えるかもしれない。MPV Media Playerで再生した映像が、ノイズの少ない綺麗な発色で一番気に入っています。でも字幕の出し方がわからない(^_^;)
 同じ画面を比べてみます。上から順に、
アネックのDVD(Power-DVD 18で再生)ビデオの画質設定はデフォルト
アネックのDVD(VLC で再生)ビデオの画質設定はデフォルト
旧YouTube版
新Youtube版(Rai.TV 版チコと鮫その3に載せているビデオ)
SHOWBIZ.UA版です。

Pdvd_000

Vlc_1

おまけ この発色が一番気に入っています。
アネックのDVD(MPVで再生)ビデオの画質設定はデフォルト

Mpv_1

Ti_koyo_0001

Ti_koyo_0002

Ti_koyo_0003

Pdvd_002

Vlc_2

Ticoyo_1

Ti_koyo_e_il_suo_pescecane_yt2

Ti_koyo_0005

Pdvd_001

Vlc_3

Ticoyo2

Ti_koyo_e_il_suo_pescecane_yt3

Ti_koyo_0006

 左右がトリミングされているのが、実に残念です。
 DVDのキャプチャ画像にRai.TV 版のキャプチャ画像をレイヤーで重ねてみるとこうなります。びみょ~に位置が違いますが、DVD版は左右が、Rai.TV 版は上下がこれだけカットされているのです。

Tiko_size_2

 このDVDがいっぱい売れて、HDリマスター版が出てくれると嬉しいな。欲を言えばBlu-ray Discで。欲を言えばオリジナルサイズで。欲を言えば日本語吹き替え版付きで。

| | コメント (28) | トラックバック (0)

2018年8月23日 (木)

ほっ

 本日は会社の健康診断。受診必須なので、休憩時間中に食事もせずに受診しました。と言うか、健康診断当日は朝から飲食してはいけないのですよね。
 ツルが折れたメガネで視力検査も受けました。が、何と! この眼鏡は視力を1.0に矯正してあるのですが、左1.5右0.9でした。裸眼だと何か右目が変な感じでしたが、左右の視力が滅茶変わっているので、その所為だったのかも。左は多分眼鏡で矯正しなくても裸眼で0.8とか0.9とかかも知れない。取り敢えず今度の休みに、眼鏡を新調します。さて、裸眼での視力はいくつなのでしょうか?

 で、昨日折れた自転車のスタンドは、健康診断が終わった後の休憩時間残り15分で、近所に有る自転車屋さんへチャルダッシュ!

バイオリンを弾く猪八戒ことロビー・ラカトシュのチャルダッシュ


 違った。チャリダッシュ! チャチャッと3分で新品のスタンドに取り替えてもらって¥2000。高いんだか安いんだか分かりませんが、これで、一安心です。会社へ帰ってくると休憩時間残り5分。これじゃ昼食の時間はないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月22日 (水)

ふぅ

 自転車のスタンドが壊れた。部品を付け替えて貰おうと思ったら、水曜日の今日は自転車屋さんの定休日で近所の自転車屋さんはすべて休業。明日、仕事に行く途中の自転車屋さんに預けて、そこから徒歩で出勤。
 メガネのフレームが壊れた。レンズはアロンアルファでリムに接着したが、右側のつる(テンプル)は構造的に接着出来ない。明日、会社の健康診断で視力検査が有る。間に合わない。取り敢えず、右側のツル無しで検査を受けてみる事に。
 今日は赤口。大人しくしている事にしました。

 昨日、キーボードを購入しました。Ubuntu機で使っていた「エレコム TK-FCP080BK」で、タイプミスが止まらないので、このキーボードは見切ることにしました。近所のヤマダ電機にロジクールの「K-740」が置いて有れば買うつもりでお金も持って行きましたが、残念! 置いてありません。で、目についたELECOMのTK-FCM090SBKを買ってきました。Windows機で使っているマイクロソフトのWired Keyboard 600と似ていますが、打鍵感はコッチの方が気持ち、イイかも知れない、って安いキーボードで何を語るか(^_^;)「K-740」も価格が下がってきたので、購入時っちゃあ購入時かも知れんのですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月15日 (水)

トリフィド時代 新訳版

 言うまでもなく、ウィンダムの超・超・超・有名SFです。
 最初に読んだのは中学生の時。近所の本屋さんで購入したこのカバーの文庫本です。

Tri_1

 この本屋さん、役所を定年退職したご主人が空きガレージを借りて奥さんと始めた間口二間半の小さな小さな本屋さんなのですが、おそらくご主人はSFファンだったと思います。なにしろ大きな書店にも置いてなかったアシモフの「空想自然科学入門」が置いてあり、この時代の有名どころSFが殆ど揃っていたという、SF大好き少年だった私には夢のような本屋さんでした。ここで「渚にて」「タイムマシン」を始めとして、集英社から発売されたばかりの「ヴェルヌ全集」、そして「アシモフの空想科学入門」などなどを購入して読みました。
 さて、表題の「トリフィド時代」ですが、実は最初に読んた時はジョゼラと再会するところまでしか読んでいません。スーザンの「早くキスしちゃいなさいよ」だったかな? そんなセリフを読んだ時、『あ、これはジョゼラは死ぬかも知れない』と、いやーな予感がして、小心者ですからそんな展開になったら嫌だなと、再会してハッピーな所で読むのを止めて、ラストまでは未読のままでした。
 その後、映画化された「トリフィドの日 人類SOS」がTV放映されて、立葵がトリフィドに見えるというトラウマを植え付けられながらも、あちこち移り住んでいるうちに最初に購入した文庫本を無くし、再度購入したこの本も(結局これも紛失しました)同じくジョゼラとの再会シーンまで読んで、以降は未読(^_^;)

Tri_2

  その後、映像化された3つの作品
 1962/ トリフィドの日 人類SOS!
 1981/ BBS-TV Day Of The Triffids
 2009/ BBS-TV ラストデイズ・オブ・ザ・ワールド
 を観て、ジョゼラは死なないと分かったけれど、ここはちゃんと原作で確認したいから何時か最後まで読んでみたいと、ずっと思っていました。
 で、amazonで「チコと鮫」のDVDを予約したついでに、再度購入しようと検索して新訳が刊行されているのを知りました。

Tri_3

 以前「夏への扉」の新訳版を購入して読み、話は分かりやすくなったけど味が薄くなったような気がしたのを思い出し、チョット躊躇ったのですが、どうせならと新訳版を購入しました。井上 勇さん訳の旧版を最後に読んだのは二十年以上前なので、どこがどう違うのか分かりませんが、何となく全体的にソフトになっている気がします。新訳なので表現には何の違和感もなく、世界情勢が今とはチョット違うかな? と思う程度で、しかしそれで作品の面白さが減少する事など全く無く、あっという間に読み終わりました。
 ですが、ビミョーに分かりにくい所が何箇所かあって、例えば324ページ

シャーニング農場に着いたとき、わたしがいだいた感じ─これで苦労の大部分はもう終わったのだ、と教えてくれたもの─は、感じというものがどれほど的はずれになり得るかを示しているという点においてのみ興味深い。

 って、何?
 とか、348ページ

「いつも見てるわ。大嫌いだから」まるでそれで説明はそれで足りるというかのように、彼女はいった。

 これって「まるで、説明はそれで足りるというかのように」じゃダメなの? といった感じで、何だか回りくどい表現が多い気がします。

 以下ネタバレ。予想に反して、ジョゼラは死にませんでした。それどころか主人公のビルと結婚して子供が出来ます。(この子が、サイモン・クラークが書いた「トリフィドの日」の続編「トリフィドの夜」の主人公らしい)しかし、このままで幸せに終わるかと言えば、そうはいきません。そうなんです、このままだとトリフィドの脅威からは逃れられないのです。では、どうすれば良いのか? これは今読んでも、面白い! こうなると井上 勇さん訳の旧版も、もう一度読んでみたいです。

 ちなみに、1981年のBBS-TV版は、新訳版トリフィド時代を読み終わって改めて観ると、ほぼ原作通りです。でも、ジョゼラがイメージと全く違うので好きではない。金髪は合ってるけど、どう見ても飲み屋のオネーチャンみたいで、作家さんには見えない。 

Day_of_the_triffids_101102_couchtri

 その代わり、と言ってはなんですが、スーザンはイメージにピッタリで可愛いくて勇ましい!

Day_of_the_triffids_105106_couchtri

Day_of_the_triffids_105106_coucht_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧