書籍・雑誌

2018年12月 4日 (火)

書籍購入その3 米の島

 集英社刊 宮本徳蔵 「米の島」

 一年ほど前、ネットで「慶長遣欧使節」を検索中に、1996年度ミス・スペインのマリア・ホセ・スアレスさんが「慶長遣欧使節」の一人の十数代目の子孫と知った作者が、彼女をモデルとして書いた小説が紹介されている記事を見つけAmazonの「ほしい物リスト」に入れていました。それが「米の島」です。
 ただ、小説の紹介文には

日本人を先祖にもつ美人女子大生マリアが、憧れの日本で、四百年前の若者と一瞬の恋に落ちる。時を超え、海を超えて、スペインと日本を結ぶ不思議な糸。男女の愛を通して描く悠大な歴史幻想小説。

自分の遠い祖先は、日本からやって来たのだと、祖父のフアンから聞かされて育ったマリア。花も盛りの十九歳。ミス・スペインに選ばれたことがきっかけで、日本へ。サムライに会いたい!というのが彼女の夢であった。憧れの国・ニッポンで、マリアは、南欧風美貌の青年・天笠軽之介に出会う。そして、…新境地を拓く歴史幻想小説。

 と書いてあったので、この題材を使うなら冒険小説にすればいいのに、と購入を躊躇していました。その後、ネットで「天の女王」のレビューを発見しまして、ハモンド・イネスをはじめとした冒険小説大好きの私としては、こっちを先に読みたくて「米の島」購入はその後になりました。
 「米の島」は、読んでみると、幻想小説と言うか何と言うか、ヒロインのマリア・ハポン・スアレスが出てくるのは最初と最後だけで、メインはマリアが出会った「南欧風美貌の青年・天笠軽之介」のお話なのですよ。「天笠軽之介」という、いかにも怪しげな名前で分かる通り、彼は400年前の人物です。紹介文にも書かれているので読む前からバレてますが、彼はスペインから来た船乗り兼船大工の「ゴンザレス・エレラ(天竺権三郎)」と日本人「波女」との間に生まれた子供なのです。しかし、その400年前の人物である「天笠軽之介」との出会いと別れが、読んでいてちっとも幻想的ではない。私は冒険小説大好きですが幻想小説も好きです。特に、作者もタイトルも忘れましたが、路地裏の奥に有る潜戸を見つけた主人公が、その向こうで出会った女性に心惹かれ、もう一度逢いたくて潜戸のあった路地裏に行ってみると、そこに潜戸は無く彼はずっと潜戸を探し続けている話が大好きでした、ってコレ小説じゃなくて「笑うセールスマン」だったかな? ま、いいや、とにかく幻想小説は雰囲気が大事なんですよ。マリアが「スペイン村」に着いてからの描写が日常的で、「天笠軽之介」と出会うシチュエーションも日常的過ぎて、そこから幻想の世界に入る事が出来ません。現在の人間ではないとネタバレしているんですから、これはマリアが夢をみているのか、空想しているのかのどちらかだと思ってしまいます。だったら、変に夢オチみたいな幻想小説にせず、マリアが日本で出会ったのは、「カルロス・エレラ(天竺軽之介)」の400年後の子孫で、二人でお互いのルーツを探す、という方がシロートの戯言ですが面白いと思うのですが……って、あ! その設定で舞台をスペインにした冒険活劇が「天の女王」だ! そう言えば出てくるモチーフは似ている。まさか鳴神響一さんがコレをお読みになって「オレならこう書く」って思われたって事はないですよね。
 表題の「米の島」は日本の事かと思っていましたが、違っていました。
 優しい文体なので、アッという間に読み終えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

書籍購入その2 雨あがる

 で、お次は「雨あがる」です。
 作者は山本周五郎さん。藤沢周平さんと並んで大好きな作家さんです。一時期ハマって、古本屋の文庫本棚で「扇野」とか「四日のあやめ」とか、山本周五郎さんの著作を片っ端から買い漁って読みまくりました。
 久々に購入した文庫本には表題の「雨あがる」の他に「深川安楽亭」「よじょう」「義理なさけ」「雪の上の霜」の計五編が収録されています。
 全て有名な作品ですが、全て未読です。ただし、「深川安楽亭」は、フジテレビが金曜日に放送していた「時代劇スペシャル」という番組で見ました。たしか、仲代達矢主演で、これは面白かった。(同じ番組で藤沢周平の「消えた女」を見た時はテレビを殴りたくなった。伊之助が中村梅之助って、おいコラ、梅之助の「遠山の金さん」は大好きだけど、伊之助はもっとシャープなイメージの男だよ。涙が出るほど素晴らしい原作のラストが……あ、余計な話でした)「よじょう」は、TBSの「仇討ち」という仇討ちがテーマの時代劇ドラマで(コチラの主演は田中邦衛さん。これも面白かったです)そして、「雨あがる」は小泉堯史監督の映画で見ています。見たのはずっと昔だけど、どれも面白かったのでいつかは原作を読んでみたいと思っていました。
 読んでみて分かったのは、小泉堯史監督の「雨あがる」は、ほぼ原作通りだったことです。原作は映画よりも飄々として軽いので、これを映画として見ごたえの有るものにしたのは脚本かな?。とにかく、映画を先に見ていたので「三沢伊兵衛」は「寺尾聰」、「おたよ」は「宮崎美子」を連想して読みました。ちなみに、この映画で「宮崎美子」さんがさりげなく指ぬきを外す所作を見た時に、あ、この人こんなに上手い女優さんだったんだ、と見直してしまいました。
 でも、私は続編の「雪の上の霜」の方が面白かったです。「雪の上の霜」の「たよ」さんは、茶目っ気があってすごく可愛いです。
 「雨あがる」は映画化されていますが「雪の上の霜」はされていないだろうなー、と思っていたら何と! 小泉堯史監督の作品は二度目の映画化(テレビドラマ化は沢山ある)で、最初は内川清一郎監督で、1964年に松竹から「道場破り」というタイトルで映画化されていて、「雨あがる」と「雪の上の霜」が原作らしい。ネットで検索してみると「雪の上の霜」に出てくる「千草」役で「倍賞千恵子」さんの名前がクレジットされている。これはチョット見てみたい。しかし……「三沢伊兵衛」が「長門勇」で「たえ」=「妙」は「岩下志麻」……うーん、チョット違うかも。
 取り敢えず「道場破り」のDVDを、購入〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

書籍購入その1 天の女王

 秋の夜長、と申しますか日暮れが早くなったので夜が長く感じるだけ、と申しますか、いずれにしろ暑くもなく寒くもない秋は、本を読むには良い季節で有ることに間違いありません。春? あ、春は眠くなっちゃいますから。
 と言う事で、以前から気になっていた(Amazonのほしい物リストに入れていた)本を購入しました。

 H&I刊 鳴神響一 「天の女王」と、ハルキ文庫刊 山本周五郎 「雨あがる」です。
 どちらも、読めればいいから程度は気にしないって事で、中古品で一番安いものを注文しました。
「天の女王」は(株)バリューブックスさんで、程度は「良」
「雨あがる」は ブックセンターいとう札幌店さんで、程度は「可」
 ところが、届いた商品をそれぞれ開封して驚きました。
「これって……新品じゃないの?」
 と思ったほどで、程度は「ほぼ新品」でも良いのではないかと思える状態でした。(株)バリューブックスさんとブックセンターいとう札幌店さん、機会が有れば次回もお願いします。
 さて、一冊目「天の女王」です。
 カバーイラストは「大和田いずみ」さんという方の作品だそうですが、私の場合カバーイラストで内容のイメージが決まってしまうので、う〜ん、これは微妙。
 読み始めると、何となく謎めいた始まりで面白そうなのですが、余計なことに引っかかっている感じがして、読んでいてワクワクしません。
 序章を読み始め、本文22ページ終わりから23ページ最初のこの部分を読んだ時、

 タブレットからカーオーディオに飛ばしているBGMは、アレハンドロ・サンスの"Camino De Rosas"(薔薇の舗道)だった。スペイン全土で人気が高い男性シンガーである。
 実を言うと、この曲のPVに出演しているアナ・モヤというセクシーな女性モデルが、顔もスタイルもリディアにそっくりなこともあって気に入っている。黒い下着姿のシーンも悩ましい。むろん本人には内緒である。

 このPV、観てみたくなりますよね。で、Youtubeで検索しました。
 多分、コレ。

 うわ、これも微妙。いえ、これがそうだとしたら、確かにアナ・モヤさんは綺麗な方ですけど、ですけど、鳴神響一さんのリディアのイメージはこれかも知れないけど、私のイメージはチョット違うんですよねー。

 この後は、本編の17世紀スペイン編なので、気にせず読み進めていきます。
 さて、本編はどうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月15日 (水)

トリフィド時代 新訳版

 言うまでもなく、ウィンダムの超・超・超・有名SFです。
 最初に読んだのは中学生の時。近所の本屋さんで購入したこのカバーの文庫本です。

Tri_1

 この本屋さん、役所を定年退職したご主人が空きガレージを借りて奥さんと始めた間口二間半の小さな小さな本屋さんなのですが、おそらくご主人はSFファンだったと思います。なにしろ大きな書店にも置いてなかったアシモフの「空想自然科学入門」が置いてあり、この時代の有名どころSFが殆ど揃っていたという、SF大好き少年だった私には夢のような本屋さんでした。ここで「渚にて」「タイムマシン」を始めとして、集英社から発売されたばかりの「ヴェルヌ全集」、そして「アシモフの空想科学入門」などなどを購入して読みました。
 さて、表題の「トリフィド時代」ですが、実は最初に読んた時はジョゼラと再会するところまでしか読んでいません。スーザンの「早くキスしちゃいなさいよ」だったかな? そんなセリフを読んだ時、『あ、これはジョゼラは死ぬかも知れない』と、いやーな予感がして、小心者ですからそんな展開になったら嫌だなと、再会してハッピーな所で読むのを止めて、ラストまでは未読のままでした。
 その後、映画化された「トリフィドの日 人類SOS」がTV放映されて、立葵がトリフィドに見えるというトラウマを植え付けられながらも、あちこち移り住んでいるうちに最初に購入した文庫本を無くし、再度購入したこの本も(結局これも紛失しました)同じくジョゼラとの再会シーンまで読んで、以降は未読(^_^;)

Tri_2

  その後、映像化された3つの作品
 1962/ トリフィドの日 人類SOS!
 1981/ BBS-TV Day Of The Triffids
 2009/ BBS-TV ラストデイズ・オブ・ザ・ワールド
 を観て、ジョゼラは死なないと分かったけれど、ここはちゃんと原作で確認したいから何時か最後まで読んでみたいと、ずっと思っていました。
 で、amazonで「チコと鮫」のDVDを予約したついでに、再度購入しようと検索して新訳が刊行されているのを知りました。

Tri_3

 以前「夏への扉」の新訳版を購入して読み、話は分かりやすくなったけど味が薄くなったような気がしたのを思い出し、チョット躊躇ったのですが、どうせならと新訳版を購入しました。井上 勇さん訳の旧版を最後に読んだのは二十年以上前なので、どこがどう違うのか分かりませんが、何となく全体的にソフトになっている気がします。新訳なので表現には何の違和感もなく、世界情勢が今とはチョット違うかな? と思う程度で、しかしそれで作品の面白さが減少する事など全く無く、あっという間に読み終わりました。
 ですが、ビミョーに分かりにくい所が何箇所かあって、例えば324ページ

シャーニング農場に着いたとき、わたしがいだいた感じ─これで苦労の大部分はもう終わったのだ、と教えてくれたもの─は、感じというものがどれほど的はずれになり得るかを示しているという点においてのみ興味深い。

 って、何?
 とか、348ページ

「いつも見てるわ。大嫌いだから」まるでそれで説明はそれで足りるというかのように、彼女はいった。

 これって「まるで、説明はそれで足りるというかのように」じゃダメなの? といった感じで、何だか回りくどい表現が多い気がします。

 以下ネタバレ。予想に反して、ジョゼラは死にませんでした。それどころか主人公のビルと結婚して子供が出来ます。(この子が、サイモン・クラークが書いた「トリフィドの日」の続編「トリフィドの夜」の主人公らしい)しかし、このままで幸せに終わるかと言えば、そうはいきません。そうなんです、このままだとトリフィドの脅威からは逃れられないのです。では、どうすれば良いのか? これは今読んでも、面白い! こうなると井上 勇さん訳の旧版も、もう一度読んでみたいです。

 ちなみに、1981年のBBS-TV版は、新訳版トリフィド時代を読み終わって改めて観ると、ほぼ原作通りです。でも、ジョゼラがイメージと全く違うので好きではない。金髪は合ってるけど、どう見ても飲み屋のオネーチャンみたいで、作家さんには見えない。 

Day_of_the_triffids_101102_couchtri

 その代わり、と言ってはなんですが、スーザンはイメージにピッタリで可愛いくて勇ましい!

Day_of_the_triffids_105106_couchtri

Day_of_the_triffids_105106_coucht_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月31日 (水)

十二国記

 心臓血管外科の病院へ、今年最初の検診に行ってきました。
 昨年受けた超音波検査の結果は、右足に出来た血栓は慢性化していて消えていないとの事です。検査の時に技師さんが「あー、これは慢性化している……と」などとブツブツ言っていたのが聞こえていたのでその時に分かってはいましたが。取り敢えずもう少し様子見って事です。爆発しそうにないけど爆弾を抱えている事に変わりはないかと。
 さて、採血後に診察を受けるまで二時間ほど待つので、いつも待合室で読む本を持って行きます。今回は未読の棚に有る「十二国記」の「月の影 影の海 上巻」を持って行きました。
「オトーサン、これ面白いから読んでみたら」と、当時高校生だった娘がくれた本です。オジサンが持つには恥ずかしいカバーイラストですが、カバーイラストも挿絵も上手いので持っていたものです。
 しかし、持っていったものの、普通の女子高生が異世界の女王になる、なんて話はあまり読む気がしなかったのですよ。していたらとっくに読んでいるし。ところがですね、読み始めたらこれが面白くてあっという間に読み終わりました。主人公は女子高生なのだけど、すごく共感を覚えるのです。そうそう、そういう時はそうなるよねって。こんなに面白いのだったら下巻も持ってくればよかったと少し悔やみました。講談社X文庫ホワイトハートという女の子向けのレーベルですがこれはオジサンが読んでも充分に面白い。奥付を見ると初版発行は1992年! こんな面白い本があったのを知らなかったなんて30年近く損をしていたって事か。この歳になっても知らないことが沢山有ることを今更ながらに痛感。
 帰宅して直ぐに下巻を読んだのは言うまでもありません。下巻は上巻にも増して面白かった。いや、これはハマるかもしれない。上橋菜穂子といい小野不由美といい、ファンタジーは女性作家の方が面白い。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月25日 (水)

月香の森

月香の森

澤見彰 著 PHP研究所 刊

01_2

千疋もの狼が農村に襲来!? と千疋狼伝説に沸く帝都・東京。女学校に通う本多佐与子は、あまり意に添わない縁談の話を、家族から勝手に進められてしまう。沈んだ気持ちを明るくしてくれるのは、地方民俗の調査に出かけている兄からの手紙と、一緒に送られてくる『動物画報』という冊子を読んでいるひと時。兄から久しぶりに届いた手紙と一緒に入っていたのは、スケッチの切れ端のようだった。ふと差し出し場所を確認すると、狼があらわれたという場所と同じ三峯村。兄の身を案じた佐与子は、家を相棒・栗鼠の風太郎とともに抜け出し、兄と交友の深かった『動物画報』の編集長・葉山一美らの助けを借りて三峯村へと向かう。捜索中に滑落した佐与子たちを救ってくれたのは、狼と暮らす人びとだった――。
 「定め」に抗いながらも懸命に生きるものたち、そして「変わりゆくものの哀しさ」「変わらざるものの愛おしさ」を秀でた構想力で描ききった長篇ファンタジー。

PHP 解説より

 ネットでの書評や解説にはファンタジーと書いてありますが、う~んファンタジーではないような……。月香の森(げっこうのもり)というタイトルや千疋狼(せんびきろう)といったネーミングは雰囲気あります。装画もいい雰囲気ですけど、やっぱりチョット違うかな。
 匂いで相手の感情が分かるというヒロインの特技(?)が上手く活かされていないのがもったいない。山の事も少ししか書かれていないのでどんな場所なのか分かりづらい。藤沢周平の「春秋山伏記」の攫われた娘を探しに蓑つくりの山に入っていく場面のように、チョット近寄りがたい所という感じが出ていれば良かったのに。しかし作者さんが書きたかったのは誰も知らない秘密の場所ではなく、そこに住んでいる人たちだから、これは無い物ねだりですね。
 読んでいて気になった所が二三あって、最初に目黒村へ行った日の夜、二人はどこに泊まったのでしょうか? 佐与子は家出しているのだから自宅に帰るはずはないし、翌日いきなり秩父に居るのが不思議です。それに、途中で着替えますが佐与子はワンピースに革靴、葉山は浴衣って、コレで山登りは無謀でしょう。土砂降りの雨で番小屋へ逃げ込んだ後も、濡れた服を着たまま囲炉裏の火で乾かしますが、その程度じゃ絶対に乾きませんって。経験があるので分かるのですか、まず濡れた服を脱いで乾いた服に着替えないと体温が奪われて寒くてたまりません。そのまま布団に入って寝たら風邪ひいちゃいますよ。と、言いつつこの手の話は好きなので、五〜六時間で読んでしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月14日 (日)

地獄島の要塞

 連休三日目。怠惰に過ごしています。

 先日購入したDVDの「脱出」を見終わりました。
 「脱出」の記事は→コチラ
 最初にこの映画を見たのは大昔、それもテレビの日曜洋画劇場(「日曜洋画劇場」放送作品全リスト様のデータによると放映日は1968年12月15日)で見たので、釣り船が出港するシーンとロイ・ジェームスのネスカフェCM以外、ストーリーはすっかり忘れていました。



 観たのはこれではなく、アイスでも美味しいという夏バージョンでした(飲んじゃう飲んじゃうネスカフェ〜)
 で、今見るとローレン・バコールが魅力的なのですが当時は子供だったから出演していた事すら覚えてなくて(^_^;)、おそらくは、海や船が大好きだったのでそれ以外のシーンは興味なかったんですね。ハンフリー・ボガートも吹き替えの久米明さんの声が好きだったから見ていた気もします。改めて見直してみると、この映画は、ローレン・バコールが出演していなかったら、面白さは半減していた気がします。彼女が出てこないシーンはツマラナイですから。
 銃撃シーンで床に伏せた時の

Vlcsnap1Vlcsnap2

 この台詞にはヤラれました。

 で、内容を忘れていたから新鮮な気持ちで見たかというとチョット違って、途中からアレ? コレって……と、話がこの本の内容と重なってしまいました。

Sinos

 何度読んだか覚えていない程の愛読書なのでボロボロになっています。生頼範義さんのカバーイラストも色あせてしまいました。この本の主人公と相棒、ヒロインの関係が似ているのです。
 地獄島の要塞の主人公ジャックは四十二歳の元英国海兵隊員で、今はサルベージ船の船長。その相棒モーガンは、昔は優秀な潜水夫、そしてある事情で今は酒浸り。で、ヒロインのサラは十九歳、ファッション雑誌から抜け出してきたような美人でしかも気丈。「脱出」のキャラクター設定と似てますよね。ローレン・バコールもこの映画に出る前はヴォーグ誌のモデルさんでしたから。サラは酒浸りのモーガンに優しい。スリムもハリーの飲んだくれ相棒エディーには優しく接する。
 この本は最初読んだ時に、年齢差が釣合わない気がしてサラが十九歳以上の年齢イメージしか浮かばなくて、己の想像力が貧困なのを嘆きましたが、「脱出」撮影時のボカート四十四歳、バコールは何と十九歳! 何の違和感もありませんから、自分が抱いていたイメージで良かったんですね。
 映画の方はこれからクライマックスか? というところで唐突に終わりますが、いいんです、これはローレン・バコールの映画ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

ジョン・カーター

 そうです、バローズの「火星のプリンセス」をウォルト・ディズニー生誕110周年記念作品として、2億5000万ドルという巨費をかけてウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作した、あのジョン・カーターです。
 バローズファンとしては大いに期待していたのですが、予告編を見て愕然とした、あのジョン・カーターです。
 ヒーロー、ヒロインがフラゼッタ調でも武部本一郎調でもボリス調でも構いません、それなりの雰囲気さえ出していてくれたら……。あのペルシダーシリーズを映画化したB級映画の「地底王国」でさえ、SFXはスカでしたが、ヒロインのダイアナを演じたキャロライン・マンローは、彼女を見るだけで他の粗は全て許せるくらいに素敵でした。同じくキャスパックシリーズ映画化第二弾「続・恐竜の島」のチャーリーアジョーも私好みでした。

J

 でも、これは違う。ジョン・カーターとデジャー・ソリスではない。二人とももう少しシェイプアップしてよ。デジャー・ソリスはオバサンだし、これじゃあ同じ原作を元にしたアバター・オブ・マーズでデジャ・ソーリスを演ったあのトレイシー・ローズと変わらないじゃん(若い時のトレイシー・ローズだったら良かったけど)と言う事で、映画館で観る気は失せてしまい、DVDになってから見ればいいやと、すっかり忘れていた、あのジョン・カーターです。
 で、たまたま立ち寄った近所のレンタル・ビデオ店で旧作7泊8日100円でレンタルしているのを見かけ、借りてみました。アメリカでは評判が悪くて赤字になったらしいのですが、観てみるとそれほど悪くはなかったです。「火星のプリンセス」として見なければそこそこ面白いヒロイックファンタジーでした。あ、でも「火星のプリンセス」じゃなかったら観る意味がないか。
 ま、ジョン・カーターが地球ではイイ雰囲気出しているのに火星では衣装デザインがイマイチで似合わないとか、ヘリウムとゾダンガの区別がつかないとか、サーク族がみんな同じ顔に見えるとか、アレとかコレとかはありますが、大金をかけたビジュアルは見ても惜しくは無いかな。劇場で見たらガッカリして腹が立ったかもしれないけれど……コレは100円だから。

 続編の、「火星の女神イサス」は製作しないんだろうなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

パンナム・クリッパー

 壁紙サイトを閲覧していて面白い壁紙? を見つけました。
 多分、サンフランシスコ上空だと思うのですが、建物が少なくかなり昔の写真のようです。

Pan_american_airways_a_12027

 あれ? この飛行艇、本の表紙で見た記憶があるけどなんだったっけ?
 最初に思いついたのはコレ。

Ia_109

 リチャード・ドイル 著/小菅正夫 訳
  サンリオ社刊
「インペリアル航空109便」

 ずいぶんと昔に読んだので、イスパノ・スイザと言う車がでてくるのと、乗客がワニに襲われるのと、たしか女性クルーが搭乗していたこと位しか覚えていません。
 しかし、飛行艇が違っていますね。パンナム・クリッパーで検索したら、こっちでした。

Clipper_1 Clipper_2

 ケン・フォレット 著/田中融二 訳
 新潮文庫
「飛行艇クリッパーの客」

 これもずいぶんと昔に読んだと思っていたら、平成五年(1993)発行なのでそんなに昔でもないか……と言っても約二十年前ですが。「インペリアル航空109便」の方は昭和五十六年(1981)。大昔です(^_^;)覚えていないのも当然。
 これってケン・フォレットの小説だったのか。チョット読み直してみようとガラクタ置き場と化した押し入れを引っかき回して本を発見。
 うーん、数組のカップルが登場しますが、その中でも貴族令嬢のマーガレットと宝石泥棒のハリーしか覚えてなかったです。この二人、「マッケンナの黄金」みたいなハッピーエンドで良かったです。

「インペリアル航空109便」は探しても見つからないので、多分手放しちゃったんですね。無いと知ったら無性に読みたくなってしまいました。困ったモンです。
 Amazonで検索したら売っていました(もち古本です)どうしようかなー、買おうかな-。

 ちなみに、壁紙の飛行艇は「カリフォルニア・クリッパー」と呼ばれていた機体で、小説の舞台である大西洋航路でなく太平洋航路に就航していた飛行艇だそうです。

 飛行艇がらみでもう一艇壁紙を。これ第二次大戦時に生産された機体らしいですが、好きなんですよねーこのデザイン。

Canadian_vickers_pbv1a_canso_a_28_5

Consolidated_pby_catalina

by Airliners.net

CGですが綺麗です。

Pan_am

| | コメント (0) | トラックバック (0)