音楽

2015年2月19日 (木)

オーケストラ!

 遙か昔に置いてきた記憶を蘇らせてくれた映画です。



  昔々、当時住んでいた●●市に市民会館が出来、その「杮落とし」が新東京フィルの演奏会でした。演奏曲はチャイコフスキーのバイオリン協奏曲。指揮は朝比奈隆さん、ソリストは佐藤陽子さん。その演奏会に、ひょんな事から会社をやめて一緒に仕事をするようになったSさんに誘われました。Sさんが普段口ずさんでいるのは、当時すでに昔の歌だった岡晴夫の「あこがれのハワイ航路」や、アーサーキットの「ショージョージ」と、まるでクラシックとは縁の無い人だと思っていたので一寸驚きました。私の方も音楽は好きでしたが生の演奏会、それもクラシックの演奏会など初めてです。
 その日はジュリアーノ・ジェンマ似のSさんと二人で普段着ないスーツでバッチリ決めてコンサートホールへと出かけました。
 佐藤陽子さんの長い黒髪が弦に絡みつかないかと気になったのは置いておいて、生まれて初めての、そしておそらく最後のコンサートは、そりゃあもう凄かったです。男子寮に住んでいた頃、みんなであのアンプはいいとか、このスピーカーはいい音が出るとか、ダイナミックレンジがどうたらこうたらとよく話していましたが、コンサートホールで聴く生演奏の圧倒的な迫力にはとうてい敵わないことを知りました。
 アンコールはラデツキー行進曲。曲の途中からSさんがイキナリ手拍子を打ち始めてビックリしました。 え? Sさんまだ終わってないから拍手は早いよ。ところがこれはコンサートでのお約束だったのですね。Sさんに続いて全員が手拍子で演奏に加わります。嬉しそうな演奏者と楽しそうな観客とが一体になって、堅いだけだと思っていたクラシックコンサートが実は楽しいことを知りました。

 さて、そのチャイコフスキーのバイオリン協奏曲がメインテーマの映画です。
 目指すのは究極のハーモニー。
 内容はこちらで→オーケストラ!
 製作は2009年ですから、もう6年前の映画です。でも、今まで知りませんでした(^_^;)
 ネットを検索したら、あちこちで絶賛されています。特に最後のコンサートシーンは号泣必至です。が、取りあえずこの映画はコメディーです。私が好きな「地上最大の脱出作戦」とか「アメリカ上陸作戦」といったハリウッドのコメディーとは一寸違いますが、でも面白いキャラクターがたくさん出てきて楽しいです。ま、コメディーだから「30年のブランクがある演奏者がリハーサルなしに本番で演奏する」「ボリショイ交響楽団なりすましてパリへ行く」といった無茶な設定も許してもらえるし。それに、ネタバレになっちゃいますけど、リハーサルをやったらアンヌ=マリー・ジャケが何者か分かってしまい、ラストの感動が無くなります。
 前に観た「太秦ライムライト」も余計な台詞を入れず、映像だけで見せて感動のラストシーンに持って行ってくれました。この映画のラストシーンも余計な台詞はありません。30年のブランクがある上にリハもやっていないので当然グダグダの演奏で始まったコンサート。呆れ顔のジャケと観客。しかし、ジャケがバイオリンを奏で始めた瞬間他のメンバーはその音色で彼女が誰なのかを知ります。最初、観客の方を向いてつまり他のメンバーに背を向けて演奏していたジャケは、自分のバイオリンに反応して演奏が変わったメンバーの方に徐々に向きを変え、やがて向かい合って演奏します。この時、ジャケもメンバーの演奏を聴いて自分が何者かを知るのです。そして全員が30年前に成しえなかった究極のハーモニーに向かって昇っていきます。このシーンは役者さんの表情と音だけで表現されています。素晴らしい。これぞ映画。だから映画のタイトルは邦題の「オーケストラ!」ではなく原題の「Le Concert(コンサート)」の方がピッタリだと思います。今更ながら、お薦めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月25日 (木)

春の川で -みんなのうた-

 以前にも書いたように、この歳になると昨日の事でさえよく覚えていないのに、何十年も前の事は昨日の事のように覚えているものです。「脱出」と一緒に覚えていたロイ・ジェームスのネスカフェのCMみたいに。あのCMには、たしかアイスコーヒー編も有った記憶があるのですが、これは記憶違いかな?
 さてさて、これも何十年も前の記憶です。小学生の時母方の伯母が手術することになり、看病に行く母と一緒に休校届けを出して熊本に有る母方の実家へ行きました。手術は無事に成功。その時、留守番の祖母と一緒にNHKみんなのうたで聴いて大好きになった曲のタイトルがズーーーーーッと分かりませんでした。曲と一緒に思い出すのは、笑顔の祖母と、やわらかな春の陽射し。そして縁側から見た美しい田園風景。

かわのそばを あるいたら
きこえてきた はるのこえが

 うろ覚えの歌詞で検索してもヒットしません。メロディーはハッキリと覚えているので聴いたら一発で分かるのですが、画像検索はあっても音楽検索はないし。
 と、ずっと諦めていたのですが、ハタと気づきました。そうなんです「みんなのうた」のデータベースで探せば見つかるかも知れない。

 ありました。多分コレです。歌っていたのは児童合唱団だったし、作曲がワルトトイフェル。うん、スケーターズワルツに似ていなくもない。

Minnanouta_1

 早速「春の川で」で検索。しかしヒットするのは「みんなのうた」のサイトだけ。だったらワルトトイフェルで検索。

ウィキペディア エミール・ワルトトイフェル


 記事を下へ辿ると、あったー。

Wiki_1

 これはもう間違いないでしょう。原曲のタイトル「Très jolie op.159」で検索。


 あ……。
 これだ。懐かしいー、何十年ぶりに聴いただろう。
 感激!

 もう少し検索してみましたが、どうやら西六郷少年少女合唱団が歌った「春の川で」の音源はないようです。

※2016/03/31追記
音声だけは見つかったそうなので、そのうち公開されるかも知れませんね。
NHKみんなのうた-春の川で-


 原曲をもう一つ。スクラッチノイズがすごいけどこっちの方が雰囲気は良いです。

Tres jolie - vals - E. Waldteufel - M. Weber y su orquesta

 何十年も分からなかった事が、たった数分の検索で、しかも自宅で分かってしまったという、それだけの事ですが、でもコレってスゴイ事なんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月18日 (金)

SONY MDR 1RMk2

 前々から欲しかったSONYのMDR 1RMK2

 価格が二万円以上していたので手を出せなかったのですが、一万九千円を切ったので、思い切って購入しました。Jhosin で\18800也をポチッと。

 しかし、これが大失敗!!

 欲しかったのはシルバー。公開されている写真はブラックの方が多いけど、絶対にシルバーの方が渋くてかっこいい! ところが、間違ってブラックをポチってしまいました。
 それに気付いたのは発送通知のメールが届いた時。うわぁぁぁー最悪ゥ。
 ブラックもかっこいいんだけど、いいんだけど、でも音楽を聴くのって雰囲気大事だからねー。ブラックだと堅くて軽い音のイメージで、シルバーの方はヘッドバンドとイヤーパッドのブラウンが革のようで、柔らかくて重厚な感じがするし、昔”男子寮な日々”の高木さんが使っていた PIONEER SE-25 を思い出させて、いいんだよなーこれが。

 コチラはシルバーを購入された”放置プレイ”様の記事。
 ね? いいでしょうシルバー。

 ま、装着したら自分では見えないからいいんだと、諦めるしかないです。

 さっきヤマトさんに届けて頂いて、ブラックなんだよな~と、気落ちしながら梱包を開くと、高級感がある箱に入っていて、少し感激。

Mdr1r_1

 実は大きいと思っていたのですが、以外とコンパクトです。比較で並べたのは、ビックカメラの子会社になる前のコジマ電気で買った SONY MDR-XD200 確か \2780 で購入したかと。価格差は外観にもはっきりと表れています。触った時の質感も全く違います。掛けた時も上質な感じで耳にぴったりとフィットするけど圧迫感は全くありません。 MDR-XD200 の方はこの上質感はありませんがハウジングが一回り大きいので耳に当たらず、ヘラヘラに軽いので圧迫感はおろか装着感さえない、これはこれである意味優れものです。

Mdr1r_2

 耳が当たらないようにユニットを斜めにセットしてあるのは、どちらも同じ。

Mdr1r_3

 しかし、造りは雲泥の差。むしろ価格を考えると MDR-XD200 は立派。
 イヤーパッドが、そろそろヤバイです。

Mdr1r_4

 では音は価格と同じくらい差があるの?

 あります。いやー、なかったら大変ですよ、大金叩いて買ったんですから。
 ネットではエージングが必要とありますが、使い始めでいきなりいい音がでます。今まで使っていた MDR-XD200 も価格以上のいい音をだしてくれてたのですが、MDR 1RMK2 は MDR-XD200 では聞こえなかった音が鮮明に聞こえるのです。音もはっきりと分かれて聞こえるので情報量が増え、曲によっては今まで聴いてたのと別の曲では? と思えるほどに違います。オーバー一万円のヘッドホンなんて要らないと思っていましたが、この歳になって認識を改めました。音楽が好きな方には是非お薦めします。それにしても MDR-XD200 は二千円台とは思えないほどいい音してます。安いという理由だけで購入したけど、MDR 1RMK2 と聞き比べてその良さを再認識。生産終了なのが惜しいです。

 ハイレゾ対応ヘッドホンですが、ハイレゾ音源なんて持ってません。聴くのはもっぱらYouTubeから落とした曲か、Amazonのオンラインで購入したMP3です。しかし、モノラルや古い曲でもい~音で聴かせてくれます。手持ちの曲の中で特にこれはピアノ低音部の、

Till - Ernesto Cortazar
(愛の誓い)



 これはバイオリン高音部の、

I Only Have Eyes For You - Percy Faith
(瞳は君ゆえに)



 MDR-XD200 では再生されなかった音が聞こえてきて「あ、こんなに綺麗な曲だったんだ」と感動してしまい、不覚にも涙が出そうになりました。

 明日は休みなので持ってる曲全部聴き直してみます。
 MDR 1RMK2 性能うんぬんの前に、音楽を聴くのが楽しくなる道具です。買って良かった。

※2014/09/29
 ソニーのサイトで生産終了になっていたので、あれ? と思っていたら新製品が発売になるんですね。MDR-1R の新機種だそうです。¥28000ですか。うーん、購入後半年で型落ちになっちゃいました。
 MDR-1RMK2 が 2013/10/25 発売ですから約一年前。急いでモデルチェンジしなければいけない理由でもあったんですかね? それともヘッドホンの製品サイクルってこんなものなのかな。

AVWatch
ソニー、MDR-1Rの解像度を高めたヘッドフォン「MDR-1A」。USB DAC内蔵「MDR-1ADAC」も

ソニー ヘッドホン公式ウェブサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)