(2) あいはらりょうこ

登場する人物、団体名は仮名です
同期生、後輩、嫌な先輩の敬称は略してあります

帰らざる日のために/いずみたくシンガーズ(1974)

 半年ほど前、大竹の職場がある紡績科に国産と西ドイツ製の新型紡績機を2台ずつ試験導入する事になった。
 国産機の方はすでに紡績科の保全部で設置工事を始めていたが、西ドイツ機は組み立て説明書からマニュアル、果ては機械に張られた注意書きのシールに至るまで全てがドイツ語表記だったので、工作科に設置依頼が来た。勿論、工作科のオヤジ達がドイツ語を読めるからではない。それどころかオヤジ達は日本語でさえ怪しい。工作科は設置経験が豊富なベテラン揃いなので、何とか出来るだろうと言う安直な理由からだ。
 依頼を受けた工作科の主任も、同梱されていたパーツ表がプラモデルの組立図にそっくりだったので、それを見ながらだったらドイツ語は読めなくても「何とかイケるんでねえかい?」と、これまた安直に引き受けた。
 その工事に科内で一番若いオレもベテランメンバーの中に加えられた。その理由を主任に訊くと、
「そりゃあおめえ、力仕事要員にきまっとるでねえか」とアッサリ言われて『あー、それじゃあキツイ仕事は全部オレに回って来てイヤだなあ』というのが顔に出てしまったら、
「あっちでは女の子と一緒に仕事でけるさけ、そんな面しなくてもいいじゃねえか。オレ様にちったあ感謝して貰えれてえくらいだ」と言われて驚いた。
 新型機は運転操作が今までの機種とは全く違うので、運転担当者に構造から覚えて貰うために軽作業を手伝って貰うのだと言う。本音は設置完了まで遊ばせておけないからだろうが、開梱して包装を解いたり、機械の付いている錆止めを落としたりと、軽作業とは言えやる事は沢山あるので手伝ってもらえるのは助かる。そして、その担当者の1人が相原だと聞いて更に驚いた。女の子とは無縁の職場にいるオレでも「紡績の相原は滅茶キレイだ」という噂は耳にしていた。が、例え噂が間違っていたとしても、女の子と一緒に仕事が出来るのは嬉しかった。工作科に居たらこんな機会は二度と無い。
 作業初日、紡績科主任の引き合わせでA/B両番の女の子を紹介された時、名前を聞く前からどの子が相原か分かった。噂は本当だった。
「いい女だからお近づきになりたいと思っても無駄だぞ。あいつ、聞いた話じゃ社外に付き合っとる男がいて派手に遊んでいるそうだ。その男とは相当深い仲らしい。どういう事か言わんでも分かるだろう。それに、顔がイイからチョットお高くとまってるしな。だから相手にされんのは当然としてだ、ま、精々からかわれんように気をつけろや。ウチの女共は皆んな男をからかっちゃあ喜んでるヤツばっかりで、質悪くてイカン」と、大竹には長々と私情を挟んだ釘を刺された。
 ところが、一緒に仕事をしてみると相原は大竹から聞いて抱いていたイメージとはまるで違う女の子だった。無愛想で偏屈な工作科のオヤジ達の誰とでも笑顔で接し、部外者で勝手が分からないオレ達が支障なく仕事が出来るようにと紡績科の工具やウェスを事前に準備したり、休憩にはお茶を出してくれたりと色々と気を配ってくれるし、一緒に始めた作業が途中から汚れ作業になっても、相原だけは嫌な顔もせずに付き合ってくれた。それに、相原が話しているのを聞いていて気付いたのだが、相原がお高く止まっていると大竹が感じるのは、タメ口を利く他の女の子達と違って敬語を使うからで、逆にこれが昔気質なオヤジ連中にはウケがよかった。
 しかし、仕事以外の事で相原の方からオレに話しかけて来ることは無かったので、大竹が言った『相手にされんのは当然』だけは当たっていた。それに、仕事以外の話をしたくても、今まで女の子と話した経験が無かったから、何かキッカケがなければ何を話したらいいのか全然分からなかった。
 作業の方は大きな部品の組み立てがほぼ終わり、力仕事が減った代わりに今度は小さな部品の組み立てが増えた。オヤジ達は老眼で細かな作業が面倒になったからだ。特に操作パネルは細かな部品の集まりで後半はその作業に集中した。その操作パネルの使い方を相原に教える時、いつも後ろからピッタリと身体を押し付けて肩越しに覗きこまれるので、背中に感じる相原の胸や腰にだけ意識が集中して説明するどころではなかった。ひょっとして「オレ、からかわれてるのかな?」と大竹に訊くと「それは自意識過剰。あいつはお前なんか眼中にないんだから、胸が触れようが尻が触ろうがそんな事は気にもしてないさ。お前は空気と一緒だよ空気と」と片付けられた。
 しかしこれが、思いがけないキッカケになった。
 その日、いつものようにオレの肩越しに操作パネルを覗き込んでいた相原が「アッ!」と声を上げた。
 どうしたのかと振り返ると、いきなりオレの胸元に手を差し込んで、首から提げたペンダントを引っ張り出す。
「これ、私も持ってる」ボタンを外して襟元を広げ、胸を突き出して自分のペンダントを見せる。
 このペンダントは、某出版社が売り出し中の新人作家が書いたミステリーの数量限定特典で、作中に出てくる古代文字が彫られた石版を模ったミニチュアだ。書店で見た時、洒落たデザインが気に入って迷わず本を購入した。彫られた文字が違うものが数種類あったが、相原のはオレのと同じ文字だった。
「そうなんだあ、あなたもあの本買ったんだ。ね、読んでみてどうだった?」期待を込めた目をして訊いてくる。
 相原が何を期待しているのか分からないけど面白かったとか買ってよかったとか言えば期待に答えられるかも知れない。しかし、そのために嘘をつくのはイヤなので思った通りを正直に言った。
「面白かったのは謎解きだけで、後は全然ダメだった。ストーリーの方は辻褄が合わない場面がいっぱい有ったし、今までの積み重ねが台無しになってしまうラストを読んだ時は、だったら最初からそれをやれよって言いたくなった。やるとストーリーが成立しなくなるんだけどさ。ペンダントが付いていなかったら、買わなかったな」
 すると相原は我が意を得たりといった顔でうんうんと頷き「それ、私も同じだった。トリックが斬新なだけでお話には整合性がないし、都合のいい偶然が何度も続くのにはゴメンナサイだし、私もペンダントが欲しくて買ったんだけど、こんな内容じゃお金返してって思っちゃったもん」
「うん、でもペンダントを買ったオマケで本が付いていたと思えば惜しくはないけど」
 すると、相原がクスッと笑い「そうだね」と可笑しそうに言う。
「でも嬉しいな。これが欲しくて、あの本を買った奇特な人が男子寮にも居てくれて。女子寮じゃ私一人だけだったんだよ」指で摘んだペンダントを振って見せる。
「それって、褒めてくれてるのかな?」そう言うと、また可笑しそうにフフッと笑い「そうだよ」と言った。この時になって相原が敬語を使っていない事に気付いた。
 これがキッカケで本や映画の話をするようになり、好きな本と映画の傾向がお互い重なっていたり、食べ物の好き嫌いも一緒だったりと意外な共通点を知って話が弾んだ。そんな様子を見た大竹が「何だよ、お前らどうなってんだ?」と不思議がるようになった頃に、組み立てが完了して試運転も終わり、オレ達の仕事は終わった。実は、オヤジ達はパーツ表を見ながらアッサリと組み立てたが、完成後に数点の部品が残った。これがどこで使う部品か分からない。しかし「ちゃんと動いてるから気にしなくてもいいんじゃねえか?」という工作科主任の一言でそのままになった。
 紡績科での最終日、相原に「これからは外で会ったら声をかけるから、ちゃんと私の事覚えていてね。挨拶しても、誰だコイツって顔しないでよね。絶対だよ」と言われて「うん」と返事はしたが、その後は一度も顔を会わせていない。

「いや、見た事ないなぁ」
「今まで見なくて幸運だったぞ、これからも見ん方がええ。見たら目がつぶれる」
 奥の小上がりに居る高木さんまでそんな事を言うので、並木という女の子がだんだんと気の毒になってきた。
「あー、クソ! 気になる。女子寮じゃあ相手が誰か分かってるんだろう。おい、誰か今から女子寮まで走って相手が寮の男かどうか訊いて来る奴はおらんか?」
 この中では最年長の春川が冗談とも思えない顔をして言い出す。
 それを聞いて席を立とうとした新入社員の山内を川田さんが手で制した。
「あー、行かんでいい。女子寮がそんな事教えるわけねえだろう。考えんでも分かる事だ。お前もそんな馬鹿な事は一々真に受けなくてもいいんだぞ」
 そう言って、「オヤジ、ビール早くしてくれや」と懲りずに厨房に向かって叫んだ。
「あー、ちくしょう、女とヤッたら気持ちいいんだろうなー。並木とは嫌だけど、オレも誰かとヤリてー」
 と、これは山内と同期の小久保。
「お前となんて向こうが断るわ、並木にも選ぶ権利があるからな」高木さんが茶々を入れる。
「えー、それひどかないっすかー」
「お前の相手してくれるのは志村のおばちゃんくらいだな」
 志村のおばちゃんというのは、寮の掃除に来る五十過ぎの小母さんだ。
「それ、オレの方でお断りっす。オレにも選ぶ権利ありますから」
「もてないヤツに選ぶ権利なんかねーよ」と、これは川田さん。
 久しぶりの「何か面白いこと」に大騒ぎしている皆んなの馬鹿話を聞きながら会館を出ようとしたら、いつの間にか春川の姿が食堂から消えていた。

(1) 並木の妊娠←ウェブページに戻る(3) →再会

ブログTOPに戻る