(2) あいはらりょうこ
登場する人物、団体名は仮名です
同期生、後輩、嫌な先輩の敬称は略してあります

帰らざる日のために/いずみたくシンガーズ(1974)

 半年ほど前、大竹が所属している紡績科に国産と西ドイツ製(当時ドイツは東西に分かれていた)の新型紡績機を試験導入する事になり、その設置工事に行った。
 国産機の方は既にメーカーから担当者が来て設置工事が始まっていたが、輸入した西ドイツ機の組み立ては自分たちでやらなければならない。しかし説明書のドイツ語を解読出来る者が社内にいない。そこで、工作科に設置工事の依頼が来たのだ。
 勿論、日本語でさえ怪しい工作科の連中にドイツ語が理解出来る訳がない。工作科は設置工事の経験が豊富なので、説明書なしでも設置出来るだろうという安直な、と言うか無茶苦茶な理由からだ。幸いなことに説明書に同梱されていたパーツ表が、プラモデルの組立図にそっくりだったので、工作科ではパーツ名を参照しながらそれを見て組み立てることになった。当時は大企業でも割といい加減なところがあったから、こんな要請もスンナリと通った。
 その工事にどうしてオレが加えられたのか不思議に思って主任にきいてみた、何しろ他のメンバーは全員ベテランなのだ。すると分かりきった事を訊くなという顔で「力仕事要員に決まっとるじゃろうが」と即答された。更に驚いた事には、組み立て作業には紡績科の運転担当の女の子も加わると言う。
「機械の取り扱い説明書がまだ翻訳できとらんさけえの、ワシらにそっちの面倒も見ぃっちゅうこっちゃ」
 操作マニュアルの翻訳は組み立て作業に先行して進められていたが、当時はドイツ語を日本語に翻訳出来る者が周囲に居ず、一旦ドイツ語を英語に翻訳し、それを日本語にする回りくどい方法だったので、いつ完成するか分からない状態だった。そこで、運転担当の女の子も組み立て段階から作業に加わって機械に早く慣れて貰いあわよくば操作まで出来るようになって欲しいという目論見だ。勿論、やるのは作業の準備を手伝うといったところで、直接組み立て作業に加わる訳ではない。その運転担当者の一人が相原だった。女の子とは無縁のオレでも「紡績科の相原は可愛い」という噂だけは聞いていた。が、たとえ噂が嘘でも女の子と一緒に仕事が出来るのは素直に嬉しかった。それが力仕事要員であっても工作科にいたらこの先、女の子と一緒に仕事をする機会なんて二度とないだろう。相原と仕事をすると知った寮の皆からは、判で押したように「上手くやれよ」と背中を叩かれたが、大竹だけは違った。
「あいつ、外の男と付き合っとるんやけど、噂じゃあ相当派手に遊んどるらしいから、仲良くしたくても無理だぞ。どうせまともに相手にはしてくれんだろうけど、ま、精々からかわれんように気をつける事だな」と、淡い期待を見事に打ち砕いてくれた。
 その作業初日、紡績科内に一歩入って目を見張った。ガラス張りの天井から柔らかい自然光が降り注ぐ広い室内で、何十人という女の子達が忙しそうに動きまわっている。何処を見ても女の子、女の子、女の子! 女の子がいるというだけで周囲がこんなにも華やいで見えるものなのか。薄暗い工作科の作業場とはエライ違いだ。担当主任の引き合わせでA/B両番の女の子を紹介された時、名前を聞く前からB番の女の子が相原だと分かった。噂は本当だった。その上驚くほどスタイルが良かった。身長はA番の女の子と同じだが腰の位置が全然違っている。作業スラックスの裾上げなどとは無縁に思えた。
 しかし、一緒に仕事をしてみると、大竹から聞いて抱いたイメージとはまるで違い、作業を始める時は、事前に工具を準備してくれていたり、作業が途中から汚れ作業になっても嫌な顔もせずに付き合ってくれたりと、部外者のオレ達が支障なく仕事が出来るように色々と気を配ってくれた。その上、タメ口を利く他の女の子達と違って年上には敬語を使うので、気難しいオヤジ連中のウケも良かった。
「相ちゃんは美人で人柄もいいから、みんな放っておかないだろけどさ、ケツがプリッと上を向いて垂れてないから、まだ男を知らないだろう」と、いつも同じことでからかわれ、そのたびに顔を赤くするのも意外な気がした。オヤジ達と大竹、どっちの言ってることが当たっているのか分からない。どっちにしても、仕事以外の事で話しかけたりはしないので、オレなんか相手にしないという大竹の言葉だけは当たっている気がした。
 そうは思ったが、操作パネルの使い方を教える度に、ピッタリと肩を寄せられて襟元から胸が見えたり、後ろから強く身体を押し付けて肩越しに覗きこまれたりすると、そこにだけ意識が集中して説明するどころではなかった。ひょっとしてわざとやってるのかと「オレ、からかわれてるのかな?」と大竹に訊くと「それはお前、自意識過剰。あいつがわざとそんな事をするわけないだろう、お前なんか眼中にないんだから。胸を見られようが、腰でお前のケツに触ろうがそんな事は気にもしてないさ。空気と一緒だよ空気と」とアッサリ斬り捨てられた。
 ところがある日、いつものように肩越しに操作パネルを覗き込んでいた相原が、オレの肩に両手を載せた途端「アーッ!」と声を上げた。
「何だ、どうした?」何か不具合な所を見つけたか。
「肩の筋肉がすごーい。服着てるから今まで全然わからなかったよ」返ってきたのは意外な答えだった。
「筋肉?」
「うん。内緒だけどわたしね、筋肉質の男の人が好きなの。ウチの科の男の人ってモヤシみたいな人ばかりだから」
 そんな事はないだろう。紡績科にも、大竹とか竹中さんとかキン肉ムキムキが居るじゃないか。毎日ブルワーカーで筋トレやってる大竹の腹筋なんかオレよりすごいぞと言うと、相原は顔をしかめて首を横に振る。
「ううん、ダメ。あのねボディービルとかでつくったムキムキの筋肉はイヤ。そういうのは反対に嫌いなの。そうじゃなくてこんな風に」と肩から腕に手を滑らせて「自然についた筋肉がいいのよ。わ、わ、腕の筋肉もすごーい、柔らかくてイイ筋肉してるぅ。あーん、どうしよう、あなたってわたしの理想にピッタリ」
 そう言われても、理想なのは「あなた」ではなく正しくは「あなたの筋肉」だから、喜んでいいのか悪いか。その前に、服の上から触っただけで筋肉が分かるなんて、やっぱり大竹が言う通り相当男と遊んでるんだろうな、と考えはそっちに向いていた。
 まさか筋肉がキッカケで親しく話せるようになるとは思いもしなかったが、それからは仕事以外の話もするようになり、色々と話してみると好きな映画や読んだ本が同じだったり、食べ物の好き嫌いも一緒だったりと意外な共通点を知って話が弾むようになった。そんな様子を見た大竹が「何だよ、お前らどうなってんだ?」と不思議がるようになった頃に、組み立てが完了して試運転も終わり、同時に操作マニュアルと点検マニュアルが完成して紡績科でのオレ達の仕事は終わった。 
「これからは外で会ったら声をかけるから、ちゃんと顔を覚えていてね。挨拶しても、誰だコイツって顔をしないでよね。絶対だよ」
 紡績科での最終日、相原にそう言われて「うん」と返事はしたが、その後は一度も顔を会わせていない。

「いや、見た事ないなぁ」
「今まで見なくて幸運だったぞ、これからも見ん方がええ。見たら目がつぶれる」
 奥の小上がりに居る高木さんもそんな風に言うので、並木映子という女の子がだんだんと気の毒になってきた。
「あー、クソ! 気になる。おい、誰か今から女子寮まで走って相手が寮の男かどうか訊いて来る奴はおらんか?」
 この中では最年長の春川が冗談とも思えない顔をして言い出す。
 それを聞いて席を立とうとした新入社員の山内を川田さんが手で制した。
「あー、行かんでいい。女子寮がそんな事教えるわけねえだろう。考えんでも分かる事だ。お前もそんな馬鹿な事を一々真に受けるな」
 そう言って、「オヤジ、ビール早くしてくれや」と懲りずに厨房に向かって叫んだ。

「あー、ちくしょう、やったら気持ちいいんだろうなー。並木とは嫌だけど、オレも誰かとやりてー」
 と、これは新入社員の小久保。
「お前となんて向こうが断るわ、並木にも選ぶ権利があるからな」高木さんが茶々を入れる。
「えー、それひどかないっすかー」
「お前の相手してくれるのは志村のおばちゃんくらいだな」
 志村のおばちゃんというのは、寮の掃除に来る五十過ぎの小母さんだ。
「それ、オレの方でお断りっす。オレにも選ぶ権利ありますから」
「もてないヤツに選ぶ権利なんかねーよ」
 久しぶりの「何か面白いこと」に大騒ぎしている皆んなの馬鹿話を聞きながら会館を出ようとしたら、いつの間にか春川の姿が食堂から消えていた。なぜかそれが妙に気になった。

(1) 並木の妊娠←ウェブページに戻る(3) →再会

ブログTOPに戻る